2016年03月19日

『ザ・ブリザード』をトーホーシネマズ六本木5で観て、あの解決方法はないんでないかふじき★★

五つ星評価で【★★「生存者32人。救助艇の定員12人。」これを宣伝コピーとして打ち出すのは一般常識として良くないと思う(見れば分かる)】
上記の宣伝コピーに関する解決方法に唖然としてしまった。

救助艇の内湾から外海に出る際のスリル&サスペンス
タンカーでの生き残りのドラマなどなど見せ場はいっぱいあるのに
全体的に、無理に付けなくてもいい恋愛ドラマの型枠に嵌めたりして、
とってもディズニーらしく
「どや、これがお金の取れるコンテンツや」
とでも言ってるかのように隙がない。隙がないけど今一燃えるところもない。

定石的な話で言うと、これは救助に行く者と救助を待つ者双方のリーダーの復権の物語である。救助に行く者は過去の失敗から周囲にその手腕を信用されていない。救助を待つ者は船の事を一番周知しているにもかかわらず、その内向気質から船員全員の信用を得ていない。
彼等の頑張りと復権を描く物語なのであるが、ちょっと手違いがあったのか、復権前の「何でそうなったのか。どれほど信用がないのか」と言う事がパッと分かるように整理して描かれていない。だから、その落差に対してカタルシスを感じられないのだ。
特に、救助に行く者に関しては、この落差を明確に出さないと、運が良かったから技量は普通だけど何となく救助出来ちゃったみたいに見えなくもない。

って事でディズニーさんが
「どや、これがお金の取れるコンテンツや」
と胸を張りそうな、この映画はデリケートな部分でちーとばかしあかんかったのでした。

というか、そういや、救助で助かる根拠が薄弱だよな。
というか、あの自己中女も俺はタイプとして嫌いだな
(間違えられるもう一人の女の子の方が好き)。

多分、あっという間にシネコンの興行回数が減って、やっとの思いで時間に都合付けて見に行っての体たらくだったので、更に鬱憤たまった目になってしまっているのかもしれない。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ザ・ブリザード@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ザ・ブリザード@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ザ・ブリザード@ここなつ映画レビュー

PS 題名を『ザ・ブリトニースピアーズ』にしたらどうだろう。
 風速40m超の吹雪と20m超の高浪を伴うブリトニースピアーズ
 なんか面白そうだ。
 そのブリトニースピアーズに挑む救助隊はわずか4名。
 巨大なブリトニースピアーズに対抗する救助艇は小さな木製ボート。
 本当に見たくなってきた。
PS2 『オデッセイ』がヒットしたのにあやかって、主人公を前向きバカにして
 水難救助ダッシュ村にしたらヒットしたかも。
PS3 ここなつ映画レビューさんによると
 『ザ・ブリザード』『白鯨との闘い』の舞台は
 同じマサチューセッツ州なんだそうです。
 救助が成功したかと思ったら、あの白鯨が襲って来たら、とても怖いぞ。
 いや、陸地が見つからずに漂流して、
 人としてのタブーを犯す展開になる方が怖いか。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

7. 「ザ・ブリザード」  [ 或る日の出来事 ]   2017年02月19日 10:45
彼氏の上司に堂々と意見する彼女が気に入った!
6. ザ・ブリザード  [ 銀幕大帝α ]   2016年07月23日 15:06
THE FINEST HOURS 2016年 アメリカ 118分 ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2016/02/27) 監督: クレイグ・ギレスピー 『フライトナイト/恐怖の夜』 出演: クリス・パイン:バーニー・ウェバー エリック・バナ:ダニエル・クラフ司令官 ケイシー・アフレック.
5. ザ・ブリザード  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年03月25日 07:05
ザ・ブリザード@よみうりホール
4. ザ・ブリザード  [ 象のロケット ]   2016年03月23日 16:11
1952年、アメリカ。 冬の大西洋でブリザード(暴風雪)が発生し大型タンカーが遭難。 一等機関士シーバートら船員たちは、救助が来るまで何とか時間を稼ごうと、懸命の作業を続けていた。 若き沿岸警備隊隊員バーニーと3人の仲間たちは、木製の小型救助艇で救助に向かうが
3. 「ザ・ブリザード」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年03月23日 12:40
今年は初っ端からYear of the Commonwealth of Massachusettsだ。「ブラック・スキャンダル」「白鯨との闘い」に続いてこの「ブリザード」である。この三作だけから言うと、私の中でのマサチューセッツのイメージは、ギャングが跋扈して海に出たら遭難する怖い都市。なんのこ
2. ザ・ブリザード3D ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年03月20日 20:08
アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、SSペンドルトン号の救出劇を映画化。冬の寒さが厳しい北大西洋上で悪天候により遭難した巨大タンカーに残された生存者32人の救助に、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑む。監督は、『ラースと、その彼女』...
1. ザ・ブリザード  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年03月20日 00:19
ザ・ブリザード オリジナル・サウンドトラック [MP3 ダウンロード]1952年、アメリカ、マサチューセッツ州ケープコッド沖。史上最大級のブリザードに遭遇した巨大タンカーが、船体が真 ...

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2016年03月23日 12:40
こんにちは。
>復権前の「何でそうなったのか。どれほど信用がないのか」と言う事がパッと分かるように整理して描かれていない。
ああ、そうだったんですね!このやっつけ感の原因はそれだったんだ!その通りだと思います。
私なんかはてっきり、自分でプロポーズもできないような自分のことを自分で決められないヘタレが、初めて決断をしたストーリー…的な解釈をしてしまい、「何だか無茶…」としか思えませんでした。
過去の技量の裏打ちをちゃんと描いて欲しかったです。
2. Posted by ふじき78   2016年03月24日 00:08
こんちは、ここなつさん。
そうそう観客は主人公の親戚でも友達でもないんだから、そこはちゃんと説明してくれんとね。主人公になる人間だから、無能とは思えないけど事前に説明するのがやっぱりテクだよ。

プロポーズの件は上司はともかく、男子も内気かもしれないが女子が肉食すぎる。更に時代性加味すると、あの押しの強さは異常。
3. Posted by まっつぁんこ   2016年03月25日 07:07
「信用」はだいじ。
ディズニーの信用がどんどん落ちる(笑)
ダメ映画でした。
4. Posted by ふじき78   2016年03月25日 08:12
こんちは、まっつあんこさん。
すんげーつまんない映画ではないんですけどね。大見得切って持ちだしてきた割には面白くないな、と。
信用は積み重ねだから、同じような事をやってるとヤバイ。
5. Posted by ヒロ之   2016年07月23日 15:08
こんにちは!
確かに無理強いしてまで恋愛要素を入れてくる辺りはディズニーらしいですよね。
私もヒロインにはちっとも惹かれませんでした。
6. Posted by ふじき78   2016年07月23日 22:39
こんちは、ヒロ之さん。
ディズニーさんの映画だから、最悪、アベンシャーズが助けに行けば全員救助は確実なんですよ(それは言っちゃダメ)。
7. Posted by ボー   2017年02月20日 09:40
デズニーの女性たちは、いま反抗期なんです。デズニーの。

大幅に定員オーバーでも大丈夫って、ちょっと、どういうことよ!と聞きたい。100人乗っても大丈夫!と同じなのか。
8. Posted by ふじき78   2017年02月21日 23:50
こんちは、ボーさん。
女性の話の後で定員オーバーって聞くと『タイタニック』でケイト・ウィンスレットのでかい尻のおかげで沈んでいったレオ様を思いだす。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字