『本陣殺人事件』を神保町シアターで観て、ねじねじはどうした中尾彬ふじき★★★なんでかのう

2016年03月05日

『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で観て、安田顕に頼り過ぎじゃないかなふじき★★★

五つ星評価で【★★★もちろん、つまらなくはない。でも、山場で「どーん」と笑ったり「どーん」と泣いたりしたい。そういうのってオシャレじゃなくって下品とか言われちゃうけど、単に観客に近い所にある映画だと思うのだ】

安田顕を最初に俳優として意識したのはTVドラマ『ハケンの品格』
篠原涼子(主人公)の派遣会社側のマネージャー役。
涙目でオロオロする紳士なサラリーマンが凄く目を引いた。

あの涙目と、けっこう他がダメ出ししそうな役でもヒョイと演じてしまう事から
今では、脇役専門俳優・亀岡拓次よりはステータスの高い役者になってると思う。
チャーミングで無様なんですな。見ていて目を引く。
なので、安田顕の出てるシーンはどれもたいそう面白い。
安田顕の魅力全開。
逆に安田顕が嵌りすぎてて、映画が安田顕に依存してるように見えてならない。

そして、麻生久美子。もう、こんな麻生久美子好きに決まってる。
麻生久美子って手が届きそうなマドンナなんだよなあ。

あと三田佳子には驚きました。こんな役を演じる事が出来る人なのね。
いやー、知らなかった。

映画はエピソードが色々ありなんだけど、ずっと平坦で、
でも、安田顕の様様な可能性をドンと見せつける、
安田顕にとって名刺代わりになるいい映画を作ってもらって良かったなと思う。
ただ、山場がない映画は私自身はそんなに好まない。


【銭】
テアトル系で水曜鑑賞だったので1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
俳優 亀岡拓次@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
俳優 亀岡拓次@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
俳優 亀岡拓次@映画的・絵画的・音楽的

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

6. 『俳優 亀岡拓次』  [ beatitude ]   2016年03月07日 23:57
俳優の亀岡拓次(安田顕)は37歳の独身。次から次へと現場を渡り歩いては小さな役をこつこつと演じていき、スタッフからの信頼は厚い。彼に回ってくるのは主役ではなく脇役ばかりではあるものの、極力不平不満を口に出さず、撮影現場と酒場を行き来する地味な毎日を過ごして...
5. 『俳優 亀岡拓次』  [ こねたみっくす ]   2016年03月07日 23:27
安田顕という俳優がますます好きになる。ただその安田顕の魅力に頼り切っただけになっているのは残念無念。 これは俳優・亀岡拓次を描いた作品であると同時に、俳優・安田顕を描 ...
4. 俳優 亀岡拓次 ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2016年03月07日 15:14
脇役一筋の地味な俳優に訪れる突然のチャンスを、演劇ユニットTEAM NACSのメンバーであり『龍三と七人の子分たち』などの安田顕が演じたコメディー。オファーがあればどんな役でも演じ、私生活では酒を楽しみとする主人公の慎ましい人生を、業界でありがちな出来事をちり...
3. 俳優 亀岡拓次  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年03月07日 08:43
俳優 亀岡拓次
2. 俳優 亀岡拓次  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年03月05日 15:27
映画『俳優 亀岡拓次』オフィシャルブック (キネマ旬報ムック) [ムック]37歳独身の亀岡拓次は、脇役一筋の俳優。小さな役もこつこつと演じ、文句も言わず淡々と仕事をこなすので、仕 ...
1. 俳優 亀岡拓次  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年03月05日 05:26
 『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、映画の撮影現場。  パトカーの音が聞こえる中、男(浅香航大)が振り向きながら歩いています。  男は、ガードに入っていき、反対側から来た...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2016年03月05日 05:25
お早うございます。
脇役俳優は、安田顕クラスになると、でんでんなども同じですが、既に随分とたくさんの作品に顔を出していますから、それらを切り貼りすれば、本作のように映画出演シーンの多い作品をわざわざ作らずとも、スグに「名刺」を作ることが出来るのでは、と思ったりしました。
なお、本作の「山場」は、亀岡が雨の中をカブにまたがって麻生久美子に会いに行くシーンなのでは、とも思いました(むろん、「「どーん」と笑ったり「どーん」と泣いたり」はできませんが!)。
2. Posted by ふじき78   2016年03月05日 21:57
こんちは、クマネズミさん。
まあ、切り張りで一本作ってもメディアは取り上げてくれんでしょうからねえ。

山場はおっしゃる通りカブに乗って突撃特攻するシーンだと思うのですが、何か映画の中のテンポがどこも等しく一定なんですよね。いや、ここを推さんと映画っぽくないだろ。映画っぽくない事に重点置かなくてもいいだろ、と個人的には思うんですがね(だってベース、コメディーでしょ/ちゃんと皆で大笑いしたり大泣きできた方がいいすよ)。
3. Posted by SunHero   2016年03月08日 01:14
ふじき78さん、毎度どうもです。
【総評】麻生久美子の出演シーンが少なかったのが残念でした。(笑)
4. Posted by ふじき78   2016年03月08日 23:44
こんちは、SunHeroさん。
麻生久美子がいないと成り立たない映画ではあるのですけど、話の中央にいるにも関わらず、映画の中のバランスは小さいという変な構成でした。出番的には三田佳子と似たり寄ったりくらいの時間みたいなイメージです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『本陣殺人事件』を神保町シアターで観て、ねじねじはどうした中尾彬ふじき★★★なんでかのう