2016年02月13日

『白鯨との戦い』を丸の内ピカデリー3(旧丸松)で観て、いやあロン・ハワードだふじき★★★

五つ星評価で【★★★相変わらすロン・ハワードどんな物でも娯楽映画にしてしまう豪腕っぷり・・・ではあるけれど】

物語として特に飽きないし、面白いし、隠された真実はあるし、男同士の意地と誇りの激突はあるし、そうそう悪い要素はないのだけど、

「えっ、またクリス・ヘムズワース主演なの?」という感じで主演に飽きた感じがある。
ここんところのヘムズワースの映画と言えば『マイティ・ソー(シリーズ)』『アベンジャーズ(シリーズ)』『ラッシュ プライドと友情』『ブラックハット』。最後の一本だけIT技術者って無茶振り設定があるが、基本、みんな筋肉マッチョで、とりあえず気持ちのいいバカという役どころ。変わり映えしないのう。で、特にいつも通りの顔と演技で演じるクリス・ヘムズワース。

鯨取りがひどい目に合う映画なんだけど、クリス・ヘムズワースが万全すぎてひどい目感が薄い。

鯨が出てくる場面はとても面白い。成功した狩りも失敗した狩りも。
白鯨が物語のように真っ白ではなく、骸骨っぽく白と黒が混じったようなデザインだったのは秀逸。

こんなとこでいいかな?


【銭】
松竹系のポイント6回分を使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
白鯨との闘い@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
白鯨との闘い@ここなつ映画レビュー
白鯨との闘い@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 白いゲイとの闘いってそらいやだよなあ。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

12. 「白鯨との闘い」  [ 或る日の出来事 ]   2017年04月06日 08:35
くじら、こうやって捕っていたのか〜。たいへんだ。
11. 白鯨との闘い  [ 銀幕大帝α ]   2016年06月03日 20:44
IN THE HEART OF THE SEA 2015年 アメリカ 122分 ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2016/01/16) 監督: ロン・ハワード 『天使と悪魔』 製作: ロン・ハワード 原作: ナサニエル・フィルブリック『白鯨との闘い』 出演: クリス・ヘムズワース:オーウェン...
10. 極限の中の闘い、決断  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年03月30日 21:46
19日のことですが、映画「白鯨との闘い」を鑑賞しました。 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにナンタケット島を出港 一等航海士オーウェンら乗員たちは 太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇 彼らは強大な敵...
9. 『白鯨との闘い』('16初鑑賞07・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年02月19日 20:42
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 1月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。2D:字幕。
8. ホエールが吠える ロン・ハワード 『白鯨のいた海』  [ SGA屋物語紹介所 ]   2016年02月19日 20:36
一週間寝ずに考えてこんな記事タイトルしか思い浮かびませんでした…(うそ)。昨年は
7. 「白鯨との闘い」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年02月18日 13:49
小説「白鯨」は、生き残りの船乗りに小説家ハーマン・メルビルがその壮絶な体験を取材し、それを基に書かれた。という設定で、1800年代初頭に起こった捕鯨船での出来事を描いたスペクタクル。だが、鑑賞する前は、巨大クジラと船乗りの闘いがメインなのだとばかり思っていた
6. 白鯨との闘い  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年02月18日 12:54
【IN THE HEART OF THE SEA】 2016/01/16公開 アメリカ 122分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に、男たち...
5. 白鯨との闘い  監督/ロン・ハワード  [ 西京極 紫の館 ]   2016年02月15日 20:42
【出演】  クリス・ヘムズワース  ベンジャミン・ウォーカー  キリアン・マーフィー  トム・ホランド  【ストーリー】 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。一等航海士オーウェン・チ...
4. 白鯨との闘い3D ★★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2016年02月15日 17:01
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を...
3. 白鯨との闘い  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年02月14日 01:10
白鯨との闘い (集英社文庫) [文庫]1819年、アメリカ・マサチューセッツ州ナンタケット島は、捕鯨産業でその名を世界にとどろかせていた。大量の鯨油を手に入れようと島の港を出港した ...
2. 白鯨との闘い  [ 象のロケット ]   2016年02月14日 00:40
1819年、捕鯨産業が盛んだった頃のアメリカ、ナンタケット島。 一等航海士オーウェン・チェイスは、船長のジョージ・ポラードらと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を目指すことに。 太平洋沖4800km、死の海域で21人の乗組員達を待ち構えていたのは、体長30メートルにも及
1. 白鯨との闘い  [ E'S STREAM ]   2016年02月13日 18:10
海上の極限状態、それは白鯨との闘いとその後の生存競争を示す…。米国の新鋭作家メルヴィルは、トマスという、白鯨を追った船の生き残りであり、当時の真実を知る男を訪ね、そのストーリーに耳を傾ける。トマスは、伝説となった白鯨と戦い、その途上において、船を沈められ

この記事へのコメント

1. Posted by    2016年02月13日 18:07
白鯨のしつさは、自然の陣営の代表でありながら、人格を持った存在の恐さを表していると思いました。

鯨を同族として観ている、という事もあるのかも知れませんが、何故、人間たちが捕鯨目的で、就航しているのか、分かる事は、高い知能がある証拠でしょう。
2. Posted by ふじき78   2016年02月13日 21:08
単に普通のスポーツ捕鯨映画にした方が面白かったかもしれない(企画通らないだろうけど)。
3. Posted by ここなつ   2016年02月18日 13:48
そうですか、そうですか。クリス・ヘムズワースに「またか?!」を感じるとは…。私は、最初に観た彼の作品で早くも辟易としていたので、今は逆に評価がウナギ登りです(笑)。
白鯨とか言って、ディズニーも真っ青のロマンチックなクジラが出てきたらどうしよう?!という心配は杞憂に終わり、ホンモノっぽかったのは良かったです。
4. Posted by ふじき78   2016年02月18日 14:25
こんちは、ここなつさん。
見たタイミングが重なったからかもしれないですが、クリヘムって基本役柄ごとにそんなに変えてこないので、又、クリヘムその人がやって来たなあと感じてしまいました。
白鯨は敵キャラだからあまりロマンチックな外観にもできませんよね。アニメートのテクニックを持ってるから難破船と白鯨がダンス踊るくらいは出来そうだけど、やるともう後半白鯨出せなくなるな。
5. Posted by SGA屋伍一   2016年02月19日 20:35
とりあえず鯨がいっぱい観られてよかったです。ドキュメンタリーを除けばこんなに鯨メインの映画もそうないでしょう。…と思ったけどそれこそ元ネタ?の『白鯨』がありました。観てないんですがあれは面白いんですかねー
6. Posted by ふじき78   2016年02月19日 22:55
こんちは、伍一どん。
白鯨はムーを含めて私も見てないですね。
あと、鬼太郎が悪い妖怪に騙されて鯨化してしまう「大海獣」という話がありますね。確か、あれは原作は凄い傑作だったけど、アニメはゆるかった。
7. Posted by ヒロ之   2016年06月03日 20:48
こんばんは!
ボクは直ぐ船酔いするので海の男にはなれないな〜と、マグロ漁船乗せられたら発狂するかもしれません。
鯨の肉久々に食べたくなりました。
8. Posted by ふじき78   2016年06月03日 21:07
こんちは、ヒロ之さん。

チョンマゲが白い鯨仕様の志村けんのバカ殿がチンチンをさすりながら

「白鯨殿、立ったかぁ〜い」
みたいな連想をするくらいもう、この映画から離れています。こんなに離れてもそんなに悲しくないので、私も海の男にはなれないと思います。いや、別になりたくないけど。
9. Posted by ボー   2017年04月06日 08:37
ロンハワ、なんか優等生っぽい感があって、うんうん、で終わってしまいます。突き抜けないというか。
10. Posted by ふじき78   2017年04月06日 09:59
こんちは、ボーさん。
白鯨がトルネードに巻き上げられて陸地に大被害を及ぼす「モビー・ディックネード」をロン・ハワードさんが作ってくれないかしら?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字