2016年02月13日

『残穢 住んではいけない部屋』を丸の内ピカデリー1で観て、心霊実話テイストの到達点だふじき★★★★(ネタバレ的)

五つ星評価で【★★★★この年になって心霊実話テイストで長編映画を見れるなんて思いもしなかった。内部に『呪怨』を取りこもうとしている攻撃的な内容が凄い】

原作未読。

稲垣吾郎の「ほん怖」の前身、ジャパンホームビデオが出していたオリジナルビデオシリーズで「ほんとにあった怖い話」という作品群があり、「心霊実話テイスト」と呼ばれたその作品群は日本映画界が作ったホラーの中で、今でも最も怖い映像群であると断言できる。何が怖いって、物語が解決しないのである。見終わった後の地続き感が果てしなく怖い。例えば、『リング』を観て貞子が怖くても、『呪怨』を観て俊雄が怖くても、キャラ化されたそいつらは、現実世界にまで侵食してきたりはしない。『ほんとにあった怖い話』の無名の幽霊たちは映画を観終わって、その無名の霊と同じ類の霊がすぐ後ろから現われてもおかしくない、そういうリアルな恐怖感を持ったものだったのだ。

今回の『残穢』の構造はこの心霊実話テイストをベースに据えている。怪奇現象は人間に解決などできない。人間はその怪奇現象から遠ざかるか距離感を測ってやり過ごすしかないのだ。そして、もう一つ執拗に作り込まれているのは
・幽霊がいました。
・幽霊と人間は交渉できない。
・人間の生活が壊れだす。
という単純パターンでは長編映画にならないので、大きな原悪のような「呪い」があり、それが時代を越えて少しずつ呪いを累積させていく流れを見せるダイナミズム。これは『呪怨』の屋敷が担っていた役柄に近い。『呪怨』は屋敷がそれを身に付けたのは最初の惨劇ただ一つとしたが、『残穢』は積み重なる連鎖がどんどんそれを強固にしていった事を説得力を持って見せた。

いいね、いいね。ゾクゾクする。
この話を語るために背景に徹する「私」竹内結子の無気力にも見える大人感もいいし、
一緒に謎を解明する相棒になる「久保さん」橋本愛の普通感もいい(※)。
※ 109シネマズ特報の橋本愛のお仕着せ衣装は忘れてあげたい。

この核の二人が凄く安定していて、
周囲、佐々木倉之助、坂口健太郎、山下容莉枝の情報収集能力で
どんどん怖い話が論理的に広がっていくところが今までになく面白い。
そして、最終的に「逃げ場がない」事を肯定して終わるのも堂々としている。

キャストの話で言うと、日本にはまだまだ怖い顔の人たちがいっぱいいるなあと思わされた。頭のおかしくなってしまうお婆さんとか物凄く怖い顔でしょ。呪いで引越ししてしまう燐家の住人や、橋本愛の部屋の元の住人、強行に及ぶ母親、暗闇に顔だけ浮かぶ座敷牢の男。みんな一人一人実にちゃんとした演技で怖い。

私、幽霊・亡霊・地縛霊の類を実際に信じる人なのだが、その幽霊のパーソナリティー(人格)は信じない。幽霊とは過去にあった人格の記録や一念が何かの拍子に現世に残った物だと思っている。だから、彼等との意思疎通は出来ない。映画の中で、首吊り夫人のビジュアルのイメージが何人何か所かで拡散していき、それを「穢れに触れた」からと言っているが、同じ建物内で同じビジュアルが映るのはよいとしよう。以前、その建物に暮らしていた人が追体験で他所で同じ霊体験を追体験してしまうのもその事象を内部に取り込んでしまったのなら、なくもないだろう。ただ、追体験した人が自殺した場所で、後の住人が元のイメージの霊を見るのは無理があると思う。その一点だけが相容れない。


【銭】
松竹系の前回入場割引使用により1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
残穢〈ざんえ〉−住んではいけない部屋−@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
残穢〈ざんえ〉−住んではいけない部屋−@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
残穢〈ざんえ〉−住んではいけない部屋−@Akira's VOICE
残穢〈ざんえ〉−住んではいけない部屋−@ここなつ映画レビュー
残穢〈ざんえ〉−住んではいけない部屋−@だらだら無気力ブログ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

19. 「残穢 -住んではいけない部屋-」  [ 或る日の出来事 ]   2017年05月01日 20:59
そんなに直接的には怖くない。ほとんど。
18. 残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―  [ いやいやえん ]   2016年12月16日 15:22
【概略】 「自分の部屋から奇妙な音がする」という読者からの手紙を受け取った小説家の女性が、そのマンションに秘められた過去の真相に迫っていく。 ホラー 怪現象が起きるマンション敷地の過去を主人公たちが時を遡ってどんどん追っていくことで、隠された土地の
17. 残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-  [ 銀幕大帝α ]   2016年06月11日 21:20
2015年 日本 107分 ホラー/ミステリー 劇場公開(2016/01/30) 監督: 中村義洋 『予告犯』 出演: 竹内結子:「私」 橋本愛:久保さん 坂口健太郎:三澤徹夫 滝藤賢一:直人 佐々木蔵之介:平岡芳明 山下容莉枝:担当編集者・田村さん 成田凌:山本くん 吉澤...
16. [映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を観た(短評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2016年03月15日 08:31
☆・・・予告編からして、恐さが尋常じゃなく思えた。 その恐怖は、驚かしの他に、心に染みる…ジワジワとくるロジック重視が感じられた。 私はホラー映画が苦手である。 でも、この作品が気になった。 一人で見るのは怖いので、甥っ子を誘う。 すると、何故か...
15. 「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」  [ たいむのひとりごと ]   2016年03月01日 14:44
小野不由美原作のホラー作品の映画化。この原作は未読。小野ホラーは後味の気持ちが悪さが苦手で、(『十二国記』シリーズは大好きなのだが)、相棒がどうしてもというので付き合いで鑑賞。結果、案の定。でも、無関
14. 残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2016年02月25日 20:17
■ 第28回東京国際映画祭にて鑑賞残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋― 2015年/日本/107分 監督: 中村義洋 出演: 竹内結子/橋本愛/佐々木蔵之介/坂口健太郎/滝藤賢一 公式サイト 公開: 2016年01月30日 小説家の私は、読者投稿を元にしたホラー短編を連載
13. 残穢 ざんえ ‐住んではいけない部屋‐  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2016年02月23日 11:59
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を 「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が映画化。 部屋でする、着物をひきづるような音。それは、はじまりにすぎなかった。 小説家の「私」に、読者である 女子大生の久保さんから届いた...
12. 残穢―住んではいけない部屋―  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年02月22日 07:21
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)竹内結子と橋本愛が出演するというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「Mさんが未だ小学生だった時のこと。九州にあるKさんの家に泊まったことがあった。小さな家だった」と、語.
11. 『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』('16初鑑賞16・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年02月19日 21:02
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:55の回を鑑賞。
10. 残穢 −住んではいけない部屋−  [ そーれりぽーと ]   2016年02月19日 00:43
とにかく予告編から怖そうで、期待していた『残穢 −住んではいけない部屋−』を観てきました。 ★★★★★ 遂に来た。やっと来た。 怖くて面白い(笑えると言う意味ではない)Jホラー映画を、超久しぶりに観られた。 振り返ってみると、このブログを書き始めてから日本人
9. 残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-  監督/中村 義洋  [ 西京極 紫の館 ]   2016年02月17日 22:42
【出演】  竹内 結子  橋本 愛  滝藤 賢一  佐々木 内蔵助 【ストーリー】 ミステリー小説家である私に、読者の女子大生・久保さんから自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心...
8. 残穢 -住んではいけない部屋-  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年02月17日 22:00
残穢 -住んではいけない部屋-
7. 「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年02月16日 12:48
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれる。
6. 残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年02月15日 21:48
評価:★★★☆【3.5点】(11) 雰囲気は『リング』に迫るものの、今一つインパクト不足。
5. 残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋− ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年02月15日 16:52
人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人公たちが繰り広げる調査の行方と、やがて明らかとなる驚愕...
4. 映画 『残穢 ―住んではいけない部屋−』  [ こみち ]   2016年02月14日 21:19
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   子供が宙を見つめている画面は、とても怖い。   ひとりだけでも怖いのに、3人の子供が宙を見つめているのは   ホラー的に説得力がある描写だと思う。        人々の苦しみや憎しみ
3. 残穢 ざんえ 住んではいけない部屋  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年02月14日 01:09
残穢 (新潮文庫) [文庫]ミステリー小説家である私のもとに、読者の女子大生・久保さんから自分が住んでいる部屋で奇妙な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマ ...
2. 残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐  [ だらだら無気力ブログ! ]   2016年02月13日 19:13
コレはコレで結構怖い。
1. 残穢‐住んではいけない部屋‐  [ Akira's VOICE ]   2016年02月13日 16:35
はい、これ震えます。  

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2016年02月16日 13:00
こんにちは。
心理実話テイストの長編物、まさしくその通りでしたね!
私には結構面白い、というか、感心する作品でした。
ただ、おっしゃるように、
>追体験した人が自殺した場所で、後の住人が元のイメージの霊を見るのは無理があると思う
ので、アパートの若い男性の話の方は何となくしっくりきませんでした。
2. Posted by ふじき78   2016年02月16日 15:52
こんちは、ここなつさん。
私も冷静沈着に傷口を広げていくようなこの映画が中々お気に入りなんですが、最後のカットは蛇足だったと思います。あの、ノイローゼになった人の霊ならいいんですけど。じゃないと首吊りの人、あっちこっちに現われて大変すぎる(基本的に現象として増殖していく類の物と考えるのはおかしいと思う)。
3. Posted by SunHero   2016年02月17日 04:28
5 ふじき78さん、毎度です。
★映画に影響されて実行した事
1)とにかくクルマで見に行かなくて正解でした。
2)帰宅後、公衆電話から掛かってきた電話は着信拒否にしました。
3)以前から気になっていたアパート床下の猫の住い、大家に頼んで追っ払ってもらいました。
4)畳部屋にカーペットを敷きました。
他に何かアドバイスはございませんか?
4. Posted by ふじき78   2016年02月17日 18:13
こんちは、SunHeroさん。

子供が二三人集まって何もない場所を指していたら、とりあえず頭をはたいて忘れてしまう事、くらいですかね(勝てない物には抗えないもの)。
5. Posted by SunHero   2016年02月21日 01:52
ふじき78さん、アドバイスありがとうございました。
6. Posted by ふじき78   2016年02月21日 21:21
うぃーっす(棒読み)
7. Posted by クマネズミ   2016年02月22日 07:20
お早うございます。
おっしゃるように、「日本にはまだまだ怖い顔の人たちがいっぱいいる」ことでしょうが、「首吊り夫人」については、大家の伊藤役の稲川実代子の方が怖かったのではないか、と思いました。
8. Posted by ふじき78   2016年02月22日 23:16
こんちは、クマネズミさん。
大家さんはいい演技してるなと思ったけど、まだ人間ぽかったので、私的にはすんごくは怖くなかったです。
9. Posted by りお   2016年02月25日 20:29
こんにちは。

>『ほんとにあった怖い話』の無名の幽霊たちは映画を観終わって、その無名の霊と同じ類の霊がすぐ後ろから現われてもおかしくない、そういうリアルな恐怖感を持ったものだったのだ。

そうそう、この映画も、もしかしたら、自分の今住んでいる家も調べたらこんなことが出てくるかも…と思わせるリアルな恐怖感がありました。
10. Posted by ふじき78   2016年02月26日 00:11
こんちは、りおさん。
恐怖は感覚的な物なので、見せちゃった恐怖より、音だけとか、ボケてたりって恐怖の方が私は怖いと思っているんですが、そういう意味では今作は一部、味噌を付けてしまった感じでした。
11. Posted by ヒロ之   2016年06月11日 21:23
こんばんは!
ふじきさんは事故物件でも住めますか?
私は絶対無理。
幾ら他より家賃が安くても憑かれるのだけは勘弁ですわ^^;
12. Posted by ふじき78   2016年06月11日 21:57
こんちは、ヒロ之さん。
幽霊は信じているけど霊感はゼロだから、誰も言わないでいてくれたら共存できると思うよ。事故物件は通知義務があるから、そんなに都合のいい事にはならないんだろうけど。

この映画は目に見えるショックシーンはどちらかというと下手。見えない部分(すっと電気が消えるだけとか)は割と上手いと思う。
13. Posted by ふじき78   2016年06月11日 21:58
電気が消えるだけ、、、、、じゃない。
電気がつくだけ、、、、、だ。
14. Posted by maki   2016年12月16日 15:26
本当にあった怖い話的な話なんだけど、
真相の点と点がつながるあたりとか
ぞわーとしましたね
とくに竹内さんの「反対だ。神にもすがった。仏にもすがった」と気付いたあたりが一番盛り上がっていた気がします
実際にありそうな事でもあり、
ラストの登場人物たちの無事を祈らざるを得ないというところも、良かったです
15. Posted by ふじき78   2016年12月17日 22:03
こんちは、makiさん。
このリアルで、自分の横で続きが起こるんじゃないかと言うくらいの近さが怖いんですよね。ショックシーンの少ない恐怖映画は嫌いじゃないです。
16. Posted by ボー   2017年05月08日 11:59
私の実家は寝ていると、メリッ、パリッ、ミシッと音がして怖いです。木材が自然に音を出しているとは思うのですが、昼間は音がしないのか気づかないのか。
17. Posted by ふじき78   2017年05月08日 22:41
こんちは、ボーさん。
「世を忍ぶかりそめの家」ではなく、「実の家」に出ると言うのが怖い。映画はともかく、リアルな話は苦手。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字