『ピンクとグレー』をトーホーシネマズ渋谷3(4F右)で観て、すげえな夏帆ちゃんふじき★★★日本インターネット映画大賞・日本映画2015年分の投票記事だ、ふじき

2016年01月17日

『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★

五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】

脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪を感じさせる人なら誰でも大丈夫。例えば、間寛平が主役で裁判所や東ドイツで「かいーの」を連発したら映画は壊滅してしまうだろうが、ごくごく普通に日本の映画宣伝部がやるみたいに「橋」で引っ掛けて、ジェフ・ブリッジスが主演でも映画その物は大丈夫。じゃ、何でトム・ハンクスなのかと言うと、抜群の興行成績、つまりトム・ハンクスがお客を持っているからだろう。一応、トム・ハンクスも間寛平みたいな時期(『ビッグ』)があったが、まあ、今、あそこに戻る気もあるまい。で、脚本のコーエン兄弟、監督のスピルバーグがビッグネームで、役者は世界的に有名なのはトム・ハンクス一人だけ。この「トム・ハンクス主演」というのが宣伝の根幹で、キャスティングで宣伝が全て終わっている、と言っていいだろう。

まあ、別にトム・ハンクスが悪い訳でもなく、トム・ハンクスは良かったよ。
あと、私自身は良く知らないけどロシアのスパイ、アベルを演じたマーク・ライランスももう一人の不屈の男(Standing Man)で、彼自身が何か行動を起こせる訳ではなく、全て受け身の体制なのであるが、信念を曲げない姿勢で言えば、私にはこちらの方が恰好良く映った。外見は目がウルウルしてる波平なんですけどね。

「Standing Man」=「不屈の男」って訳は決まりきった訳なんだろうか?
もう、これ以上ないドンピシャな訳なのだが。
トム・ハンクス演じるドノバンが不屈の男である事に異論はないが、周り全ての小人物が一人でも誤った行動を起こせば、成功はおぼつかなかったろうから、やはり幸運であったとは思う。そして、私がロシア人だったらドノバンのスキャンダルでっちあげ写真とかを撮らせて、最終的にドノバンが不屈であっても彼の権限を行使できなくなるそういう絵図を描くな。最低だな、俺。

ただ、これ映画の最初で「史実に基づいた」と訳されているけど、
「inspired true story(史実に触発された)」と英字幕が出るので、
本当はこんなスッキリした話ではなく、
もっとエゲツない裏取引とかあったのかもしれない。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブリッジ・オブ・スパイ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ブリッジ・オブ・スパイ@ペパーミントの魔術師
ブリッジ・オブ・スパイ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 主演、橋幸夫でどうだ(いやダメだろう)
PS2 鰤が大好きな辻さんでも……

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

20. ブリッジ・オブ・スパイ  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年08月07日 06:53
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティン・ストウェル、ミハイル・ゴアヴォイ、ウィル・ロジャース 【解説】 『ターミナル』以来のタ
19. 映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2016年03月11日 04:40
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市...
18. スパイ交換劇  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年03月10日 22:35
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ...
17. ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ  [ 西京極 紫の館 ]   2016年02月14日 23:38
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア...
16. フツーの弁護士が、がんばりすぎ〜〜〜(;´∀`)「ブリッジ・オブ・スパイ」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2016年02月09日 12:04
正直なとこ私があんまし見るタイプの映画じゃない。(わわわわわ) でも、安定のトムハンクス。ヾ(・∀・;)オイオイ ジェームズ・ドノヴァンは、フツーの市民、フツーの弁護士、それも保険の。 それが、形式上は弁護士をつけなきゃくらいの気持ちで選ばれただけだったはず...
15. ブリッジ・オブ・スパイ  [ 象のロケット ]   2016年02月04日 15:18
米ソ冷戦時代の1957年。 アメリカ・ニューヨークでソ連のスパイと目されるルドルフ・アベルが、FBIに逮捕された。 アベルの国選弁護人として選ばれたのは、保険法のエキスパートである弁護士ジェームズ・ドノヴァン。 敵国の人間を弁護することは、家族にまで危険が及ぶ恐
14. ブリッジ・オブ・スパイ  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2016年02月02日 11:23
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
13. 無冠詞〜『ブリッジ・オブ・スパイ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2016年02月02日 08:31
 BRIDGE OF SPIES  1957年、東西冷戦の時代。保険が専門の弁護士、ジェームズ・ドノヴァン (ト ム・ハンクス)は、ブルックリンで諜報活動に従事していたソ連のスパイ、ルドル フ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を命じられる。  一人の民
12. 「ブリッジ・オブ・スパイ」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年02月01日 12:37
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴する
11. ブリッジ・オブ・スパイ  [ E'S STREAM ]   2016年01月28日 15:57
激しい謀略戦の代償は、責任ある国家が負う…。冷戦下、米ソ間のスパイを用いた謀略戦は、デッドヒートを繰り広げていた。核爆撃の機をうかがい、その準備として米国に潜伏するソ連スパイのルドルフ・アベル大佐。彼は、画家として悠々自適の生活を送りながら、水面下では米
10. ブリッジ・オブ・スパイ  [ マープルのつぶやき ]   2016年01月28日 13:47
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マーク
9. ブリッジ・オブ・スパイ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年01月27日 05:37
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
8. 「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2016年01月26日 16:07
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(20
一年経つのははやいもので、もうぼちぼちアカデミー賞のノミネートが発表される時期で
6. ブリッジ・オブ・スパイ・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年01月21日 22:10
その男、不屈につき。 スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟が脚本と聞けば、映画ファンならこの面子だけでワクワクしてしまうだろう。 現代アメリカ映画界最高の才能たちが挑むのは、米ソ冷戦下の1957年から62年にかけて実際に起こった2つ
5. 「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年01月21日 16:57
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような??
4. ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年01月20日 16:21
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
3. ブリッジ・オブ・スパイ  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年01月20日 12:57
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
2. ブリッジ・オブ・スパイ  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2016年01月19日 22:05
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マーク...
1. ブリッジ・オブ・スパイ  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年01月17日 15:51
Bridge of Spies (Original Motion Picture Soundtrack) [MP3 ダウンロード]アメリカとソ連が冷戦下だった1950〜60年代。保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、実直な人柄と堅実な仕事ぶりでキャリアを積 ...

この記事へのコメント

1. Posted by Ageha   2016年01月17日 23:55
橋幸夫がマラカスもってメキシカンロックをやっても
三度笠ででてきてもやばいだろ〜。(;´∀`)
あ、およびでない。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

事実の部分をすべて映画で描いてるわけではないので、
実はドノヴァンは決してフツーの弁護士ではなかったらしいし、
アベルは相当大物のスパイだったらしいので、
2対1でもロシア側にはウハウハだったらしい。
・・・ドノヴァンがいかにすごい活躍をしたのかを持ち上げるためにスルーしたいくつもの事実は
実はもっとドロドロしててそんな簡単じゃなかったでしょうね。(^_^;)

2. Posted by ふじき78   2016年01月19日 23:15
こんちは、Agehaさん。
橋幸夫は「しとしとぴっちゃん」のイメージです。

ドノヴァンは裁判のシーンなどを見るとやり手だけど、どちらかというと「天才的」と思われる要素を無理やり排除して、キング・オブ・普通の人みたいな描き方をしてたと思います。
アメリカ側が「パイロットは物凄い諜報情報を持っている」と言ってたのは、やっぱりブラフくさいですよね。
3. Posted by yukarin   2016年01月20日 12:59
ここで橋幸夫が出てきて笑った!
間寛平....なんの映画なんだろう 笑

映画としてはきれいに描かれてるけど実際は違うんでしょうね。これはこれで面白かったです。
4. Posted by ふじき78   2016年01月21日 01:06
こんちは、yukarinさん。
「ブリッジ・オブ・スパイ」の感想で橋幸夫と間寛平が出てくるのはうちくらいでしょうなあ。
もちっとダークを配合すると「誰よりも狙われた男」みたいなテイストになるのかもしれないけど、少なくとも主人公には勝ってもらわんと後味が悪いですからねえ。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年01月21日 17:10
ふじきさん☆
キャスティングが誰でも良かったかは別として、きれいにそつなく描かれていて、トムハンクスが安定し過ぎたせいもあって、ウトウトしちゃいました(苦笑)
6. Posted by ふじき78   2016年01月21日 21:51
こんちは、まだむさん。
ちなみに私は後半の方でちょっとウトウトしました。実直だけど華がないっつーか、起伏に乏しいっつーか。
7. Posted by SGA屋伍一   2016年01月25日 21:43
おなじトムのスパイ映画でもクルーズとハンクスでは自然とカラーが異なってくるものだな…と思いました
8. Posted by ふじき78   2016年01月25日 22:36
こんちは、伍一どん。
煮え切らない男が得意なトムー・リー・ジョーンズが主役やったらミッションは失敗したと思いますね。
9. Posted by クマネズミ   2016年01月27日 05:37
お早うございます。
クマネズミも、“スピルバーグ:コーエン兄弟:トム・ハンクス”というトリオの名前に釣られて映画館に行った口で、それも「役者は世界的に有名なのはトム・ハンクス一人だけ」というのには驚きました。これでは、“黒澤:橋本:三船”トリオの『羅生門』と同じなのかもしれません(本作も、『七人の侍』と同じように、アカデミー賞を受賞するのでしょうか?)!
10. Posted by ふじき78   2016年01月27日 23:28
こんちは、クマネズミさん。
一般的には「スピルバーグ」「トム・ハンクス」は普通に有名だけど「コーエン兄弟」は映画ファンしか知らない人たちでしょう。しかし、あー、この役、三船とかでもできそう。

役者は本当「トム・ハンクス」ただ一人がお茶の間に顔と名前が浸透している。他の人は適材適所で演技は上手いかもしれないけど、お茶の間で分かるほど有名ではない。
11. Posted by 隆   2016年01月28日 15:55
間寛平のギャグには、アースマラソンで世界を一周しても、その異端さに変わりは無いですね。裁判とは、国際的な色彩を持ち、その判断は、公で重んじられるべきであっても、詰まるところ、個人の罪が裁かれる場所であり、公論が影響を及ぼす、つまり、メディアが干渉する、というのは、恐い事でもあると思うのです。そこで、場を和ますのは、実直な物言いだけであって、法曹というのは、生産的であっても、無駄なものは削ぎ落とすのではないか、と思いました。
12. Posted by ふじき78   2016年01月29日 00:03
こんちは、隆さん。
裁判はそのもっとも代表とされる例が警察・検察が起訴する刑法に関する事案であるでしょうけれど、必ずしも個人の罪が裁かれる場所だけであるとは限りません。裁判とは異なる意見を持つAさんとBさんの言い分を聞いて、公平な判断を下す場所であると思います。なので、公論が影響を及ぼす事はあっても構いません。例えば、離婚裁判は明治時代の夫婦論や、女性が参政権を持たなかったり、職業に付かない事が前提で語られるべきではない。その時の時世はどこかに規定され、文書化などされないので「公論(=メディアではなく、時代の基礎理念にあたるもの)」を救い取ってやる必要があります。ただ、それはその時代の状況を考えるという事であり、「敵が憎いから敵に関与する者には厳罰を与えなければならない」というのは「公論」と言ってはならないのではないかと思います。基本、誰もが納得できるように、どう調整するかという事でしょう。
13. Posted by ここなつ   2016年02月01日 12:37
こんにちは。
何も好き好んで火中の栗を拾わなくても(ソ連のスパイの弁護や人質交換交渉)…、と思うのですが、能力があるのだから仕方がないよなぁ>ドノヴァン
しかし、更にこの後キューバとも…という話を聞いたりすると、「なんだ、単に好きなんじゃん」、と思ってしまいますが。
14. Posted by ふじき78   2016年02月01日 21:11
こんちは、ここなつさん。
いやいやいやいや、男気って奴っしょ。もしくはMか。
15. Posted by タケヤ   2016年08月07日 06:51
トム・ハンクスという時点で・・・という意見はよく分かります。僕の場合はここにスピルバーグという人物が入ってくるんですけどね。そうは言いながらラストでは泣いてしまいましたが(笑)
16. Posted by ふじき78   2016年08月07日 09:53
こんちは、タケヤさん。
スピルバーグなんだから「君の次の派遣地はアフリカだ」と言われて巨大な石の玉に追いかけられてるマーク・ライランスも見たいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ピンクとグレー』をトーホーシネマズ渋谷3(4F右)で観て、すげえな夏帆ちゃんふじき★★★日本インターネット映画大賞・日本映画2015年分の投票記事だ、ふじき