『技術者たち』をシネマート新宿2で観て、面白いじゃん拾い物だよこれふじき★★★★『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』を新宿バルト9−6で観て、ふらふらふじき★★★

2016年01月02日

『クリード チャンプを継ぐ男』をトーホーシネマズ新宿11で観て、なかなかやんふじき★★★

五つ星評価で【★★★うまいよ】
悪くないけど、腹にボディーブロー何発も食らったほどではない。
普通にいい映画だった。でも、冷静だ。涙に沈みすぎたりはしてない。
あんまり『ロッキー』シリーズに耽溺してないからだろうか。
もちろん『ロッキー』のテーマかかると、そら燃えるけど。

クリードと試合をするイレズミとイカレチャンプ。
イカレチャンプはともかく、イレズミは外見イレズミ纏ってるだけでキャラ薄い。

クリードとねんごろになる姉ちゃん美人すぎなくて良い。仲間由紀恵を黒人にして崩した感じ。にしても、この子も耳が悪いのか。
『レインツリーの国』『味見したい人妻たち』に続いて年末3本目、
『海難1890』では唖(発話障害)、
『キングスマン』では足萎えの歩行強化タイプが出て来たりして、
何気に身体障碍者を映画の中で個性のある人として描く事が流行ったりしてる?
『レインツリーの国』に出てきたスケベなおっちやんが
唯一自分の目的を果たせるのは『海難1890』の忽那汐里だけなのは、
差し引き間違えてない感じである。

みんな褒めてる通りスタローンはいい演技してますね。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クリード チャンプを継ぐ男@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
クリード チャンプを継ぐ男@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
クリード チャンプを継ぐ男@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
クリード チャンプを継ぐ男@ここなつ映画レビュー

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

16. クリード チャンプを継ぐ男  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2017年04月09日 07:36
監督:ライアン・クーグラー 出演:シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド、アンソニー・ベリュー、グレアム・マクタヴィッシュ 【解説】 シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキー...
15. クリード チャンプを継ぐ男  [ 銀幕大帝α ]   2016年04月22日 15:17
CREED 2015年 アメリカ 133分 ドラマ 劇場公開(2015/12/23) 監督: ライアン・クーグラー 製作: シルヴェスター・スタローン 原案: ライアン・クーグラー 脚本: ライアン・クーグラー 出演: シルヴェスター・スタローン:ロッキー・バルボア マイケル・...
14. 16-036「クリード チャンプを継ぐ男」(アメリカ)  [ CINECHANが観た映画について ]   2016年02月22日 00:33
オレは過ちじゃない  妻に先立たれ、孤独に暮らすロッキー。  ある日、彼の前に一人の青年アドニスが現われる。彼は、かつてロッキーと死闘を繰り広げた永遠のライバルにして無二の親友アポロ・クリードの隠し子だった。  アポロの妻に引き取られ、立派に育てられたア
13. 『クリード チャンプを継ぐ男』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2016年02月11日 13:29
いや〜年の瀬に泣いた泣いた。 ありゃ泣くって。 後半泣きっぱなしだったよ。 基本的には最初の「ロッキー」をやり直しているような感じだけど、やっぱり長年の積み重ねがある ...
12. 父の名前〜『クリード チャンプを継ぐ男』  [ 真紅のthinkingdays ]   2016年01月27日 11:45
 CREED  伝説のボクサー、アポロの愛人の子であるドニー(マイケル・B・ジョーダン) は児童養護施設で生活していたが、アポロの妻に引き取られ育てられた。成 人し、就職もしたドニーだったが、ボクシングへの思い断ち難く、亡き父のライ バルであり親友
最初に製作の噂を聞いた時には「いやー、無理だろw」と思いましたが、その後の絶賛の
映画「クリード チャンプを継ぐ男 」★★★★☆ アドニス・ジョンソン: マイケル・B・ジョーダン ロッキー・バルボア: シルヴェスター・スタローン ビアンカ: テッサ・トンプソン メアリー・アン・クリード: フィリシア・ラシャド リッキー・コンラン: アンソニー
9. ロッキーの続編、新章として  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年01月16日 17:39
17日のことですが、映画「クリード チャンプを継ぐ男」を鑑賞しました。 試写会にて アドニス・ジョンソンは亡きボクサー アポロ・クリードと愛人の間に生まれた子であり、現在は大手企業の社員として働いていた しかし いつしか父を追うように自己流でボクシングに打ち...
8. 「クリード チャンプを継ぐ男」☆愛される続けるロッキー  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年01月12日 00:06
若い時のスタローンはあまり好きじゃなかった。 だけど「ロッキー」だけは別格!!! シリーズを通しても、最初は弱くて負けて、だけど不屈の精神でトレーニングを積み、負けそうになりながらも最後は勝つ!という、スポ根の王道をただ繰り返すばかりなのに、こんなにも熱
7. クリード チャンプを継ぐ男  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年01月09日 23:15
クリード チャンプを継ぐ男@ワーナーブラザース映画試写室
6. 「クリード チャンプを継ぐ男」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年01月06日 19:32
これはヤバイ。何の捻りもないのにここまで魅せるなんて。全て大体の予想はつくのに。それもあっさりと、と言ってもいいほどに。サクサクとした物語の進行具合。だがお約束の12ラウンドの死闘に至るまでの静かなる、ある種大人な盛り上げ方…!「どこで出るのか?もしかした
5. クリード チャンプを継ぐ男  [ だらだら無気力ブログ! ]   2016年01月04日 21:17
前日に観た『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も良かったけれど、こっちも良かった。
4. クリード チャンプを継ぐ男  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年01月04日 12:51
【CREED】 2015/12/23公開 アメリカ 133分監督:ライアン・クーグラー出演:シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド、アンソニー・ベリュー、グレアム・マクタヴィッシュ Story:ボクシングのヘビー級チャンピ...
3. 『CREED クリード チャンプを継ぐ男』  [ まっきいのつれづれあれこれ ]   2016年01月03日 23:34
アポロ・クリード 偉大なヘビー級王者。 アドニス・ジョンソン 父親を知らないすさ
2. 『クリード/チャンプを継ぐ男』(2015)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2016年01月03日 11:09
父を知らず、母を亡くし、厚生施設に入れられていた少年アドニスの元に一人の婦人が訪れ、彼を引き取る。彼女の名はメリー・アン・クリード、元世界チャンプ、アポロ・クリードの未亡人。そしてアドニスの父こそ、亡き夫アポロと愛人との間に生まれた子なのだ。メリー・アン
1. クリード チャンプを継ぐ男  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2016年01月02日 23:27
「クリード チャンプを継ぐ男」オリジナル・サウンドトラック(スコア) [CD]ボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードの息子、アドニスは、保険会社の堅実な仕事を辞 ...

この記事へのコメント

1. Posted by とらねこ   2016年01月03日 18:08
あけましておめでとうございます〜!
twitterで特にお世話になっております。
今年もどんぞどんぞ宜しくお願いします。

ふじきさんはベストはやらんの?
毎年そうなんでしたっけか。

これいい映画でしたね。
抑制の素晴らしく効いたところが、逆に上手さを感じると同時に、
クリードJrのワル出身でないスマートさを思わせるものでした。
2. Posted by ふじき78   2016年01月03日 21:34
こんちは、とらねこさん。
今年もよろしくです。
ベストは大概1月終わってくらいの最後発組ですね。もうちょっと去年公開分見てから。それでもイメフォでやってる「ハッピーアワー」とかは間に合わなそうですが。あんなタイム・テーブルては見れん。

クリードは少年期はワル出だけど、青年期は金持ち。このパターンは日本だと、学園を闇から支配する生徒会長パターンになりそう。マンガの世界か、そりゃ。
3. Posted by yukarin   2016年01月04日 12:53
ロッキーのテーマはそこでかかるのかーと。
やはりテンション上がりますね。
4. Posted by ふじき78   2016年01月04日 20:37
こんちは、yukarinさん。
必殺体制っつーか、一番効果のある場所で使いましたよね。旧作のテーマについて、たまにあるのがエンドロールの最後にアリバイのようにそっと入れるってのがありますけど、最近ではあれやられると逆にストレスがたまってしまう。
5. Posted by ここなつ   2016年01月06日 19:32
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
そして、TBとコメントをいただきありがとうございます。嬉しいです。
飾らない、正統派な作品が心を打つものなのだなぁ、やはり…!と、この作品を観て思いました。
結構淡々とした展開も良かったです。
ラストのリングに一層燃えることができましたので。
6. Posted by ふじき78   2016年01月08日 09:13
あけおめことよろ、ここなつさん。
ふふふ。でも個人的には「ベテラン」の方が好きよ。「クリード」は土台が今の映画と思えないくらいしっかりしてる感じですね。
7. Posted by ここなつ   2016年01月08日 22:06
ほーほー、「ベテラン」の方がねぇ…あ、そういえば、そろそろ、昨年面白かった作品を整理しないとだ、と、ふじき78さんの‘ふふふ’を聞いて思い出しました。「良い作品」と「好きな作品」は違うからなぁ…。そこが又面白い所ですよね。
8. Posted by ふじき78   2016年01月09日 00:02
こんちは、ここなつさん。
「クリード」は良い作品の方なんですけど、私、全般、行儀が悪い作品の方が好きだからなあ。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年01月12日 00:23
ふじきさん☆
老スタローンがよれよれロッキーを見事にえんじていましたね。
私は結構涙出ちゃいました〜
10. Posted by ふじき78   2016年01月12日 21:35
こんちは、まだむさん。
スタローンのヨレヨレ具合が、何回も戦ったものだけが、人により優しくできると言ってるふうでもあり、いい風合いなのですなあ。
11. Posted by ヒロ之   2016年04月22日 15:20
こんにちは。
滅茶苦茶弱々しいスタローンにびっくり。
そりゃ周りの古い友人皆が亡くなっちゃったんだからロッキーも老けて当然でしょうけど、時代の流れを感じて切なくなっちゃいました。
アポロの息子に星条旗パンツを贈る母親の粋な計らいに涙。
12. Posted by ふじき78   2016年04月22日 21:35
こんちは、ヒロ之さん。
まあねえ、枯れる美学というのもありますよねえ。スタローンはいい老け方をしてきてるなあ。
13. Posted by    2016年04月23日 02:18
拙ブログでは、ロッキー4までしか触れていないゆえ、順を追って、「クリード〜」に追いつきたいという所存です。

ロッキーが弱るとは、明確に世代交代を感じさせる演出ですね。彼は、決して老害にはならないが、若いアドニスに取って変わらねばならない、という。

こうなると、若貴兄弟の如く、ロッキーの子息が出て来る事によって、作品がカオスになる危険も予期すべきなのでしょうか。元親友のアポロの子なだけに、「さあ、仕返しだ」とはならないでしょうし、次世代の共闘というのは、微笑ましいものでもありますが。
14. Posted by ふじき78   2016年04月23日 21:30
> 若いアドニスに取って変わらねばならない、という。

ジムに行ったら、ロッキーじゃなくランボーが臨戦態勢で待ってたらおもろい。
15. Posted by タケヤ   2017年04月09日 07:35
むっちゃ冷静ですね(笑)
フツーに良かったとの言葉が滲み出ている
レビューです。

僕はすっげー良かった派ですがそれでも
「おまえはロッキーを観たのか?」
と言われればNOですが・・・。
16. Posted by ふじき78   2017年04月09日 08:37
こんちは、タケヤさん。
はっはっは。
私、「ロッキー」は色物になった3からしか見てない事をここでカミングアウトします。「グリード」に必要なアポロの下りはもうバリバリ見てないって言う。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『技術者たち』をシネマート新宿2で観て、面白いじゃん拾い物だよこれふじき★★★★『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』を新宿バルト9−6で観て、ふらふらふじき★★★