『レインツリーの国』をトーホーシネマズ新宿6で『びったれ!!!』を角川シネマ新宿1で観て、森カンナ両方出てるじゃんふじき★★★,★★★『劇場霊』を新宿ピカデリー10で観て、中田監督の所にいい脚本が届かないならもうホラーは取らない方がいいぜよふじき★★(ネタバレ)

2015年12月14日

『サイの季節』『雪の轍(ネタバレ気味)』をギンレイホールで観て、うーんうーんふじき★★,★★

◆『サイの季節』
五つ星評価で【★★静かすぎる】
主人公が辿る過酷な運命。
主人公はその全てに沈黙で応える。
詩的でダイナミックな画面。
でも静かすぎる。
画面だけ大胆でこんな淡々と進んでいいのかという違和感が残った。
高倉健のような沈黙の美学と言うのもあると思うが(それ以前にこの物語の中では沈黙せざるを得ない複雑な事情があるが)、これほどの過酷な運命に対する対応としては、全てを引っ繰り返す菅原文太のような激昂が欲しかった。そういう生き方や感情の吐露の方が人間らしいと思うから。私は人間を越えてしまった鉄人を見たいのではなく、人間としての登場人物を見たいのだろう。
主人公の沈黙は喉を割かれてる?そんなシーンあったか?
あの何に対しても優しすぎる目は魅力があると同時に怒りに満ち満ちてほしいとも思ってしまう。基本、私は活劇寄りのリベンジ物語が好きなのだ(庶民だから)。


◆『雪の轍』ネタバレ気味
五つ星評価で【★★見つめていれば見つめているほど主人公を嫌いになっていく】
カンヌ映画祭の一等賞を取った3時間16分の大作。
主人公は温厚でそこそこの生活をしている金持ちだけど満たされない人間という事で、映画の冒頭で自己同一化しようと試みてみる。他に自己同一化できるキャラも現れず、彼視点でこの映画を見続ける事になるのだが、徐々に徐々にこの主人公の嫌な部分が浮かび上がってきて、それがありがちな人間の弱点で自分にも備わっていたりするので、どうにもやりきれなくて見終わって疲れてしまった。
・主人公は「自分」が大事であり、決して自分を否定しない。
・主人公はソフトに、理屈と資金力で、他人に君臨する。
・主人公は他人に、自分の感情に都合のいい動き方をするように強いる。
そら、いやだろ。こんな奴。

若い奥さんが不憫である。
彼女に不備がないとは言いきれないが、
不備があるから支配して蹂躙してもいいという物でもない。
とりあえず寒冷地で子供もいないのだから、
SEXすれば収まったりはしないのか?
「いや、いや、いつもこの手で・・・・・・あはん」みたいなのはあかんか?

ラストシーン、主人公のぐだぐだ「それでもボクを許して」ナレーションで終わるのだが、あの辺りをパッと目が醒めた主人公が「おおおおおおお、夢で良かった。これからは言葉を駆使しないで、素直に心で語りかけよう。らららあ〜」と歌いだしたら、いい映画になったかもしれないが、それは手法的にエヴァンゲリオンなので大勢の人にボコボコに否定されるに違いない。

PS 196分はカップヌードル65個を直列で作って提供できる時間。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
サイの季節@ぴあ映画生活
雪の轍(わだち)@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
サイの季節@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
雪の轍(わだち)@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
雪の轍(わだち)@映画的・絵画的・音楽的

PS ああ、きつい二本立てだった。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

10. サイの季節  [ いやいやえん ]   2016年06月07日 11:22
【概略】 ある男の企みによって不当に逮捕された詩人・サヘル。30年後、釈放された彼は、最愛の妻・ミナの行方を捜し始めるが…。 ドラマ 1979年、イラン・イスラム革命時、詩人サヘルはある男の企みによって「神を冒涜する詩を書いた罪」で不当に逮捕される。30年
9. 雪の轍  [ いやいやえん ]   2016年02月20日 08:19
【概略】 カッパドキアで洞窟ホテルのオーナーとして裕福に暮らすアイドゥン。しかし、妻とも出戻りの姉ともうまくいかず、賃借人とはトラブル続きだった。冬になり雪がホテルを覆い尽くすと…。 ドラマ 愛すること、赦すこと―もがきながらも探し続ける、魂の雪解
8. 雪の轍  [ 象のロケット ]   2015年12月20日 03:13
トルコの世界遺産カッパドキア台地に佇むホテル・オセロ。 亡父から莫大な資産を受け継いだ元舞台俳優のアイドゥンは、若い妻ニハル、妹ネジラと共に、ホテルのオーナーとして暮らしている。 ある日、アイドゥンの車に石が投げられた。 犯人は、アイドゥンへの家賃が払え
7. サイの季節  [ 象のロケット ]   2015年12月20日 03:06
1977年、革命前王制下イランの首都テヘラン。 クルド系イラン人の詩人サヘルは、美しい妻ミナと何不自由ない暮らしをしていた。 運転手のアクバルは、募る想いをミナに告白したため、集団暴行されてしまう。 その後、1979年にイラン・イスラム革命が勃発し、政治体制が一
6. 雪の轍・・・・・評価額1700円/昔々、アナトリアで・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2015年12月17日 22:27
漂泊する魂は、何を求めるのか。 トルコの異才ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の最新作、「雪の轍」がカンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを獲得したおかげで、DVDスルーになっていた「昔々、アナトリアで」も限定公開された。 ちなみに製作順ではこちらが前作に当た
5. サイの季節 ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年12月16日 21:35
『ペルシャ猫を誰も知らない』の撮影後、国外で亡命生活を送るイラン人の監督バフマン・ゴバディによる衝撃の社会派ドラマ。実在するクルド系イラン人の詩人サデッグ・キャマンガールをモデルに、イスラム革命によって引き裂かれた夫婦の苦難の道のりを描く。『灼熱の肌』...
4. 雪の轍  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年12月15日 07:06
雪の轍@角川シネマ有楽町
3. 雪の轍  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年12月15日 06:29
 『雪の轍』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)3時間16分という長尺のトルコ映画(注1)ながら、昨年のカンヌ国際映画祭においてパルム・ドール大賞を受賞した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、舞台となるカッパドキアが映し出され、...
2. 雪の轍  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年12月15日 00:20
WINTER SLEEP [Blu-ray](ショートバージョン)美しい世界遺産の街トルコ・カッパドキア。ホテル・オセロのオーナーで元俳優のアイドゥンは、親の遺産を受け継ぎ、若く美しい妻ニハルと、 ...
1. サイの季節  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年12月15日 00:19
(ショートバージョン)1979年、イスラム革命の混乱の中、詩人のサヘルとその美しい妻ミナは、運転手アクバルの密告により、不当に逮捕され別々の刑務所に収監される。サヘルは30 ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2015年12月15日 06:28
お早うございます。
あくまでも冗談ですが、“自分の感情に都合のいい働きかけをする映画を認め、自分を否定するような映画は認めず、こうした映画にはダメ印を押すことでソフトに対応する”ような人物像が浮かび上がってくるのですが……。
2. Posted by ふじき78   2015年12月15日 23:25
こんちは、クマネズミさん。
いやだな、そんな奴。あ、俺じゃん。
3. Posted by maki   2016年02月20日 08:25
こんにちは
感情が理解出来る分非常に重苦しい196分でした
登場人物誰にも共感出来なくて、
誰もが自分の主張を通そうとでもしているような議論が、耳が痛かったなー。
しかし若い幼妻の慈善という名の傲慢さは仕方ないにしても、出戻り妹の騒ぎようはどうなの…と思ってしまったー@@;
4. Posted by ふじき78   2016年02月20日 21:43
こんちは、makiさん。
「雪の轍」はストレスが溜まるばかりで、見れは見るほどフラストレーションが解消しない映画ですよね。誰も許さないし、誰も曲がらないし。そんなん押し通して人生楽しくなる感じでもないのに。
5. Posted by maki   2016年06月08日 09:24
こんにちは。
「サイの季節」と「雪の轍」だったら、
雪の轍のほうが好きかな?と思いました
サイのほうはラストでリベンジは果たされるようですが、そこにいくまでが静かで、寡黙で、そこがいいんですが、主人公が何を考えているのか、降る亀とかで推し量るしかないと言うのがなんとも難しくてですね。庶民にはちょっと難しかったですね。
6. Posted by ふじき78   2016年06月08日 22:56
こんちは、makiさん。
二択なら「雪の轍」だけど、長い映画も飽きるんでねえ。どっちもスカっとしない映画ですし。いやあ、リベンジし終わって「ニヤ」っと笑うくらいの映画が好きなんですよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『レインツリーの国』をトーホーシネマズ新宿6で『びったれ!!!』を角川シネマ新宿1で観て、森カンナ両方出てるじゃんふじき★★★,★★★『劇場霊』を新宿ピカデリー10で観て、中田監督の所にいい脚本が届かないならもうホラーは取らない方がいいぜよふじき★★(ネタバレ)