2015年12月11日

『ハイ☆スピード!』をトーホーシネマズ渋谷6(B1)で観て、セクシャリティの事など考えたりするぞふじき★★★ @dorodoro0722

五つ星評価で【★★★「水泳×友情×青春ストーリー」なのか?】
巷の腐女子のお姉さま方をメロメロにしてる『Free!』のエピソードZERO的な話らしいが、そもそもその『Free!』に未接触の一見さんなのだ。一応、ツイッターでメロメロになってるフォロワーさんがいて、その呟きから代表的なキャラがマコハル(マコトとハルカ)というのは聞いていたが、主要4人のキャラで誰がマコトで誰がハルカかは予告のビジュアルを見ても分からなかった。
ああ、あの背の高い茶髪の優しそうな兄ちゃんがマコトで、つるんでる仏頂面がハルカなのね。映画見てやっと分かった。野球漫画ならハルカが孤高のピッチャーでマコトがキャッチャーのバッテリーだろう。残りの二人は内野守備。マネージャーを買って出る小学生のナギサは稚児としてバコバコやられてしまいそうだ(おいおい)。

それにしても「友情」を歌っているが、彼等4人は野郎の私から見ると、バリバリに野郎らしくない。もちろんパイオツがカイデーで膨らんでる訳でもなく、外見は少年なのだが(つか中1でみんないい身体しすぎ)、メンタリティ(心性)がどうにも女子トイレでつるんでる少女みたいに見えるのである。だから、物語の骨格が「男同士の熱い友情」というよりは「少女同士のコミュニティーの運営」みたいに見える。

物語の骨格は水泳のメドレー・リレーを行う4人の水泳部1年生が、自分らの欠点に向きあいながら、徐々に自分達の資質をチームとして高めていくという物だ。4人にはそれぞれ問題があり、その問題をチームの中で解決していく。

マコトは周囲に流されやすく、自分の本心を自分で気づけずにいる。
ハルカは過去の頂点を知るため、積極的に次のスタートを踏み出しかねている。
アサヒは自分が世界の中心でない事を気づきだしつつもそれを認めたがらない。
イクヤはブラコンで、自立を促す兄に捨てられたと思い込んでいる。

ふっふっふみんな青いのう。
こんな形而上の悩みはオナニー一発すれば解消じゃ。男ってそういう生き物だ。
マコトとハルカとイクヤは心掛けの問題なので傷は浅い。
彼等は自分たちが出あう状況に合うように自分達をただ鼓舞してやればいい。
アサヒは世界に対する自分の能力の優劣の問題、いわばコンプレックスの萌芽なので、そのコンプレックスとどう付きあっていくべきかで、バカなように見えて、周りよりちょっとだけ複雑な悩みである。と言うか、私がアサヒに対して親近感を持つのはこいつの悩みだけが「男」っぽい悩みだからだ。

マコトの水泳と友達のどっちが大事かという命題はカレーとラーメンどっちが美味いみたいにどうでもいい。これ「仕事と私のどっちが大事なの?」にも似てる。んー。な、悩むのか、これで?
ハルカの「昔のチーム」と「今のチーム」も今彼と仲良くやりたいのに元彼とのSEXを忘れられないみたいで淫靡だし。あーもー中坊の癖して。
イクヤの「兄ちゃん、俺の事をちゃんと見てよ」も、自分には兄貴がいるけど、兄貴って弟を自分勝手に支配できる存在なので、どっちかと言うとあまり近くにいられると「うざい」ので、人一倍実感が沸かなかった。

この三人の悩みは共同体の中での自分と仲間の関係性の悩みであり、これって男同士より女同士で大事な悩みではないだろうか。共同体として上手くやっていく為に皆がキスすらしかねない。それは女子が共同体の中で生きる生き物だからだ。男ってもっと単純で一緒に入る奴とムシが合えば仲良くなるし、同じチームで仲が悪くても共通の目的の為には我慢だってする。無理に仲良くしてお友達意識を強めようとかはしない。なので、彼等三人はとても女の子っぽい。
それに比べて、アサヒの自分が世界に対して劣っているかもしれないという悩みは、非常に「男」っぽい。それは「男」が世界に立ち向かう時、皆で一緒に立ち向かうより基本一人で立ち向かう、そういう生き物だからだ。アサヒもその答を友達から引き出そうとするが引き出せない。それは彼の問題だけが他者との関係性の問題ではないからだ。

男子が主役の少女マンガで昔から思う事は、こいつらは性別が記号として♂♀違うだけで、メンタルは女だな、と言う事(※)。女子は男子がキャーキャー騒ぎながら夜通しパーティーするとか思ってるんじゃないだろうか? しない。酒が入れば別だけど、そんな華やかな関係性を強化するためだけの集いはしない。そう考えると殺伐とした仲のような気がするが、男子は仲良くなる為だけの行為はしないが、何か同じ一つの目的に進む為なら無条件に仲良く出来る物なのだ。だから、『ハイ☆スピード!』の四人はとても女の子っぽいと思う。

※:『俺物語』だけは例外。

なので、彼等の性別設定を変えて、女子メドレー・リレーをみんなで泳ぐという筋立てでも、きっと物語は成立する。ただ、そうすると腐女子脳的に彼等同士で一線を越えて仲が良くなるというのがイヤになるのだろう。多分、彼女たちは男同士の恋愛は対岸の火事で美しい物として見られるけど、女同士の恋愛は生々しくて気持ち悪い物に見えるだろうから。だから、4人の彼女たちは彼等じゃなくてはいけない。逆に、彼女たち4人にして、水泳ではなく、ダンスユニットでチア・リーディング大会を目指すレズキャラありのマンガに仕上げたら少年マンガとして問題なく仕上がると思う。

男の子も女の子も対岸の同性愛には魅力を感じるという変な構図。

ええい、全員ふたなりにしてしまえ!

ふたなりか女子だったらなあという前提込みで、
アサヒ、マコト、ハルカ、イクヤの順に惹かれるかな。
彼等が男のままだったら欲情しないけど。


【銭】
トーホーシネマズの6回入場ポイントと引き換えに無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画 ハイ☆スピード!−Free! Starting Days−@ぴあ映画生活
▼関連記事。
劇場版Free 絆@死屍累々映画日記

PS 「ハイ☆スピード」で検索したら中に『ワイルドスピード』が混じってた。
 ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ロック様とステイサムで
 「ハイ☆スピード」ってのも燃える。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 『ハイ☆スピード!−Free! Starting Days−』  [ beatitude ]   2016年02月08日 21:31
桜が満開の春。七瀬遙(声:島崎信長)は、幼なじみの橘真琴(声:鈴木達央)とともに岩鳶中学校へ進学。新たな生活が始まる中、水泳部に入部した遙と真琴は、椎名旭、桐嶋郁弥と4人でメドレーリレーのチームを組んで試合を目指すことになる。フリー(クロール)の遙、バック(背...
1. 映画 ハイ☆スピード! ―Free! Starting Days―/島崎信長  [ カノンな日々 ]   2015年12月13日 09:14
劇上予告編遭遇ゼロ予備知識ゼロ。フリーパス所有の勢いで観てきました。 声の出演はその他に、、鈴木達央、豊永利行、内山昂輝、野島健児、日野聡、鈴木千尋、細谷佳正、悠木碧 ...

この記事へのコメント

1. Posted by kurukuru   2016年02月08日 22:38
お察しの通り、これは京アニ女子による腐女子のためのBLアニメです!!
青春というオブラートで包み、友情という粉をかけ、直接的な表現、あられもない構図を排除し、女子が考える中一男子というかわいい彼等を、腐女子の方もそれをひた隠しにしてる方も大手を振って観に行ける、「Free!」が好きって人前で言えるアニメですw
彼等の中身が女子であるのは大抵の女子が気付いているでしょう。なんせ、自分らの身の回りでよく起こってることだからww
20歳になるうちの娘の友達は週一で「ハイ☆スピード」観に行ってるそうです。
まだ上映してますもんねwww
2. Posted by ふじき78   2016年02月08日 23:33
> まだ上映してますもんねwww

もしかして、そのまだ上映している映画館は、モーホーシネマズか!(親父だから親父ギャグに躊躇なし)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字