2015年11月18日

『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】

忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かって外国で作られたどの「忠臣蔵っぽい話」より忠臣蔵の本心を表わしたものになった。

なんて書きながら「忠臣蔵の本心って何よ」と自問自答したりする。
・ロイヤリティ(忠誠)と正義の為に耐え忍び、目的を達成する。
 暴力を振るう相手は限定されており、蛮勇にならないよう抑制されている。
 目的を達成するためには死をも厭わない。
とかかな。
なるほど、これは武士道→騎士道に置き換えても成立しそうだ。

ただ一点、忠臣蔵を複雑にしているのは「お家」の観念があるのだが、これは純日本的な観念なので、流石にバッサリ落とされている。その為、整合性が乱れている所がちょっとある。

そう言えばキアヌ・リーブスの『47RONIN』でも、同じ扱いだったが1年がポンっと飛び越えるように過ぎる。この1年の間の艱難辛苦が人情劇的には見せ場であるのだが、毛唐にはそんな人情劇は不要とばかりバッサリ。
まあ、長くなるから残せないのは致し方ない。
ただ1年待っている事はあまり道理が合わない。
出来ればすぐ攻めてしまえばよかったのだ。
日本の忠臣蔵で「待つ」のは、待つ間に刺客の軍団を精鋭だけに組織化するだけでなく、「お家の再興」嘆願の結果を待っているからである。キアヌのも含めて、西洋版ではこの観点を全く無視している。領主領家再興など考えていない。だって主家の娘が極貧にあえいでいても助けもしないもの。だから、待つ必要はない。敵の首に対する警護が大きく強くなる前に攻めてしまえばよかったのだ。その辺の紆余曲折が一切触れられていなかったのは手落ちではないだろうか。

クライヴ・オーウェンよし。
モーガン・フリーマンよし。
アン・ソンギ伊原剛志もよし。

まあでも、本当はもっといろんな戦略が組み込まれてるのが忠臣蔵の醍醐味だから、洋邦問わず忠臣蔵ベースの映画がかかると、面白くても長丁場のドラマの方が向いてるといつも思う。


【銭】
トーホーシネマズデーなので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラスト・ナイツ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラスト・ナイツ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ラスト・ナイツ@MOVIE BOYS
ラスト・ナイツ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ラスト・ナイツ@ノルウェー暮らし・イン・原宿
ラスト・ナイツ@だらだら無気力ブログ

PS 塙のお兄ちゃんの近況の映画だったりして
PS2 同じ原案の筈なのに菊地凛子の役がないのはいかがなものか?
PS3 悪役の人のしまりの悪い口元が、ちょっとマペットっぽい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

15. ラスト・ナイツ  [ 銀幕大帝α ]   2016年05月27日 16:14
LAST KNIGHTS 2015年 アメリカ 115分 アクション/ドラマ/歴史劇 PG12 劇場公開(2015/11/14) 監督: 紀里谷和明 『GOEMON』 製作: 紀里谷和明 出演: クライヴ・オーウェン:ライデン モーガン・フリーマン:バルトーク卿 クリフ・カーティス:コルテス ア...
14. 騎士道をつらぬく  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年12月14日 11:49
20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子の騎士ライデンは酒に溺れる毎日を送っていた その裏でほかの騎士たち権力者たち...
13. 『ラスト・ナイツ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年12月11日 20:05
□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス■鑑賞日 11月15日(日)■劇 場  TOHOシネマズ
12. ラスト・ナイツ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年12月10日 18:51
 『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、ひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1...
11. [映画『ラストナイツ』を観た(短評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2015年12月07日 05:14
☆・・・私は、かつて、この監督の『キャシャーン』を批判しまくった。  しかし、批判し過ぎて、いつも間にか、作品に愛着を持ってしまってもいた^^;  ただ、その、作中で語られる戦後民主主義的な「言葉だけの平和主義」は非常にいやだった。  次作の『GOEMON』だ...
10. ラスト・ナイツ  [ 風に吹かれて ]   2015年12月01日 10:16
騎士道を貫く 公式サイト http://lastknights.jp 監督: 紀里谷和明  「CASSHERN」 「GOEMON」 ある帝国の清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿(モーガン・フリーマン)
9. 『ラスト・ナイツ』  [ こねたみっくす ]   2015年11月25日 23:57
騎士道で武士道を描く。これが世界を知る日本の魂。 日本映画界のしくじり先生こと紀里谷和明監督の実力がいよいよ発揮される時が近づいてきたのではないでしょうか。 もはやマス ...
8. ラスト・ナイツ  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年11月24日 18:15
【LAST KNIGHTS】 2015/11/14公開 アメリカ 115分監督:紀里谷和明出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 今、日本の...
7. ラスト・ナイツ  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2015年11月22日 18:56
監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 【解説】 『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハ...
6. ラスト・ナイツ  [ Akira's VOICE ]   2015年11月22日 14:03
静かに荘厳に生きて戦い抜く!  
5. ラスト・ナイツ  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年11月22日 07:59
ラスト・ナイツ@ギャガ本社試写室
4. ラスト・ナイツ  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年11月22日 00:00
今回は面白かった。
3. ラスト・ナイツ ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年11月19日 12:23
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラ...
2. 「ラスト・ナイツ」☆忠臣蔵には無条件に萌える  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2015年11月18日 11:48
かつて大絶賛だった「GOEMON」の監督にして、過去最低!な「CASSHERN 」の監督でもある紀里谷氏。 日本映画界では鼻つまみ者らしいけど、初めから世界を目指していたのでしょうね。 さて、今回はどっちに転ぶか??
1. ラスト・ナイツ  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年11月18日 10:51
LAST KNIGHTS [DVD]悪政がはびこる時代の、とある封建国家。高潔な心を持つバルトーク卿は、権力欲に憑りつかれた大臣ギザモットに刀を向けた反逆罪に問われ、死罪を言い渡される。愛弟 ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2015年11月18日 11:47
ふじきさん☆
1年の間には鍛冶屋となった仲間が楯を仕込んだ城門の扉を作ったり、敵の城で働いて下準備をしている人もいたりと、それなりの準備期間だったのでしょうね☆
確かにほかの忠臣蔵っぽいものに比べて、武士の魂はしっかり描かれていたのも日本人監督だからこそなのかもしれないです〜〜
2. Posted by ふじき78   2015年11月18日 23:04
こんちは、まだむさん。
基本、あれはノコノコゆっくりやってたら敵が猜疑心から城をごっつでかくしてしまったという展開なので、速攻で攻めた方が障害少なかったんじゃないかと思ってます。別に理由は何であれ、何故執拗に待つのかをセリフに一つ入れてくれれば納得できたんですけどね。単に「今すぐ行動起こしても待ち伏せに会うだけだ」でもいいんで。
3. Posted by タケヤ   2015年11月22日 18:57
この作品、ボチボチでした。
宇多田元旦那っていう色眼鏡もあったかも
しれませんが前半から後半にかけて段々
面白くなってくって感じです。
4. Posted by ふじき78   2015年11月22日 23:27
こんちは、タケヤさん。
ライデンが酒に溺れてラストシーン迎えたらこんなに重くて辛い映画もないよね。
5. Posted by yukarin   2015年11月24日 18:18
思ってたよりもずっと良かったです。
47RONINよりもはるかに良いと思いますね。
とはいいつつ...前半少しねたけど 笑
6. Posted by ふじき78   2015年11月24日 23:25
こんちは、yukarinさん。
47RONONもねー、こんなに早く同傾向の作品が出来るとは思わなかったろうに。不憫は続くのう。
7. Posted by クマネズミ   2015年12月10日 18:50
今晩は。
「出来ればすぐ攻めてしまえばよかったのだ」の点ですが、当初ギザ・モットが義父のオーガストに兵を差し出させて厳重な警護をさせたためにすぐの討入は出来ず、敵の警戒心を時間をかけて解きつつ、ギザ・モットが首相になって皇帝の命令で警護の兵を減らさなければならなくなって、ようやく討入の環境が整ったということではないかと思うのですが?
8. Posted by ふじき78   2015年12月11日 00:40
こんちは、クマネズミさん。
アン・ソンギの領地から大軍隊を派遣するより早く、少数精鋭で退治に行く。首相になって、自分の防衛にかける予算を好きに使えるようになった事が逆に討ち入りの難易度を上げてるようにしか見えないのです。
9. Posted by SunHero   2015年12月31日 01:50
SunHeroです。今年最後のコメントバック(?)です。
来年もよろしくお願い致します。
良い年をお迎え下さい。
10. Posted by ふじき78   2016年01月01日 00:21
こんちは、SunHeroさん。
あけおめことよろです。

SunHeroさんのブログのコメに「あけおめことよろ」と書いたらエラーで引っかかってしまった。「あけ×××とよろ」として引っかかったんですな。頭良すぎ。
11. Posted by SunHero   2016年01月08日 06:08
ふじき78さん、鋭い指摘ありがとうございます。(爆)
私、今まで何気に「あけおめ・・・・」を多用してましたが、
そんな破廉恥な意味が隠れていたなんて、驚きを隠せません。
ただし、「・・・・・とよろ」は、どう解釈したらいいのか、
見当も付きません。
12. Posted by ふじき78   2016年01月08日 09:10
こんちは、SunHeroさん。

「あけ」→開け
「お○こ」→オメ○
「とよろ」→年寄りもロケンロール

かな。
13. Posted by ヒロ之   2016年05月27日 16:17
こんにちは!
日本人監督としては良く頑張った方じゃないでしょうか。
元ネタを実は余り詳しくは知らない私なのですが、分かり易い内容に仕上がっていたと思います。
復讐に出るまでの過程がちょい長かったですが、後半は楽しめました。
14. Posted by ふじき78   2016年05月28日 00:50
こんちは、ヒロ之さん。
嫌いじゃない、嫌いじゃないんですけど、忠臣蔵って素材が映画よりドラマに向いてるんですね。昨今流行りの「前後編」ですら追い付かない量のドラマを含んでますから。四谷怪談ですら忠臣蔵のスピンオフ・エピソードですからねえ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字