『ドローン・オブ・ウォー』をトーホーシネマズ新宿8で観て、なるほどイーサン・ホークふじき★★★★『チャンス商会』をトーホーシネマズ新宿1で観て殺しにくる韓国映画ふじき★★★

2015年10月20日

『罪の余白』をトーホーシネマズ新宿12で観て良すぎず悪すぎずふじき★★★

五つ星評価で【★★★★全体雑だがそこそこおもろい】

宣伝コピーが中途半端に合っていない所がドラマをつまらなくしている。

「事件か、事故か。死んだ娘の親友は悪魔でした。」
「心理を研究する者 vs 心理を操る者」

内野聖陽の心理学者(ってか、この人肉体労働者っぽいよなあ)と、
娘の親友・吉本実憂(ってか、この子スペースパトロール・ジャコに似てる)の
対立構造をコピーは煽るのだが、物語上の吉本実憂は何でも自由自在思い通りに動かせるような悪魔的な存在ではないし、「心理を操る者」というほどテクニカルな心理操作を行なう訳ではない。逆に、本能的に人を追い詰める操作を淡々と行なえる怖さはあるが、やり方はかなり場当たり的であり、場当たり的である故に研究分野にいる教授の対処は難しいかもしれない。教授は類例を論じる立場にはいても、臨床医のようにその場その場で処置処遇を行う職種ではないからだ。
吉本実憂に対して付けられた「命を弄ぶ邪悪な女子高生」というキャプションの一方的な決め付け具合が何か宣伝の迷走具合を見せつけられるかのようだ。君たち吉本実憂に何かひどい事でもされたのかい?

心理追求に対して着実に障壁を立てていくという争い方や、その崩し方は見ていて楽しめるが、内野聖陽が「おっさん」であるだけでアウェイ戦を戦わなければならないやるせない感じは自分も「おっさん」なので、げんなりした。

そのおっさんに優しく微笑んでくれる助手役の谷村美月(超ドジっ子属性っぽくてヤバい)がいたり、アウェイ真っ只中の女子高でフラットに対応してくれるクール・ビューティーJK葵わかながいたりで、キャスティング担当は中々いい目配せをしてるというか、いい感じで趣味のいい女好き感がうかがえる。

最終的には、このキャスティングの趣味の良さが作品を救ってる。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス26本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
罪の余白@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
罪の余白@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
罪の余白@映画的・絵画的・音楽的
罪の余白@だらだら無気力ブログ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

9. 15-277「罪の余白」(日本)  [ CINECHANが観た映画について ]   2016年01月31日 02:04
自由を奪うため発している者から逃れなければならない  ある日、女子高生の安藤加奈が教室のベランダから転落して死亡する。大学教授の父・安藤聡は、娘の突然の死を受け止めきれず、酒浸りの日々を送る。  ところが、ふとしたきっかけから娘の日記を発見し、木場咲とい
8. 罪の余白 ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年12月16日 23:33
第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央の小説を基に、娘の死の真相を知ろうとする父親と人気者の女子高生との攻防を描くサスペンスドラマ。男手一つで育てた娘が学校で転落して亡くなり、どうして死んだのかを調べている男が、美しく邪悪な女子高生に振り回さ...
7. 罪の余白  [ そーれりぽーと ]   2015年10月27日 00:52
『告白』以降、『乾き』『ソロモンの偽証前後編』と、学園や学生をテーマにしたサスペンスが流行りつつあるように思うこのごろ。 『罪の余白』を観てきました。 ★★★★ 増えてきてる理由は、『告白』が大いにタブーに触れた映画であったにも関わらず、問題視される以上に
6. 罪の余白  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年10月23日 07:04
 『罪の余白』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)予告編につられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、幾つも仕切られた水槽の中にいるベタ(闘魚)を見る安藤(内野聖陽)とその娘の加奈(吉田美佳子)。  安藤が「オス同士だと殺し合いを始める。闘魚...
5. 罪の余白  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年10月23日 05:34
罪の余白@有楽町朝日ホール
4. 罪の余白  [ 花ごよみ ]   2015年10月22日 23:56
監督は大塚祐吉。 原作は芦沢央の小説。 本を読んで映画も見たくなりました。 内野聖陽、吉本実憂、 谷村美月、加藤雅也等が出演。 安藤(内野聖陽)の娘、 加奈は、ベランダから転落。 真相を探り始めた安藤の前に 親友だったという同級生、 咲(吉本実憂)が立ちふ...
「罪の余白」は飛び降りて死んだ娘の父親が娘の死の真相を知ろうと事情を調べているとある同級生の女が浮上して死の真相について激しい追及の攻防を繰り広げていくストーリーであ ...
2. 罪の余白  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年10月20日 23:19
なかなか見応えあった。
1. 罪の余白  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年10月20日 09:53
罪の余白 (角川文庫) [文庫](ショートバージョン)名門女子高に通う安藤加奈が、教室のベランダから転落して死亡する。男手ひとつで彼女を育てていた父で、大学で行動心理学を教え ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2015年10月23日 07:14
お早うございます。
まさに「そのおっさんに優しく微笑んでくれる助手役の谷村美月(超ドジっ子属性っぽくてヤバい)」ですが、彼女の様子を見ていると面倒見のとても良い寮母といった感じしかせず、内野聖陽の同僚とはとても思えないにもかかわらず、そんな彼女に彼は最後まで「です・ます」で対応するのですから、違和感を覚えてしまいました。
2. Posted by ふじき78   2015年10月23日 08:33
こんちは、クマネズミさん。
映画内での立ち位置は助手なんですが、実際はセリフのなかにあるように、同僚ではなく、おっさんの上司に当たるらしいので、敬語は正しいのでしょう。映画内でセリフ以外に彼女が上司に見えるような演出が何一つなかったから、まあ、普通に上司に見えませんよね。

しかし、あんなにはっきり「食事まずいです」って言えるのは、おっちゃんもかなりヒドいメンヘラだよなあと思って見てました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ドローン・オブ・ウォー』をトーホーシネマズ新宿8で観て、なるほどイーサン・ホークふじき★★★★『チャンス商会』をトーホーシネマズ新宿1で観て殺しにくる韓国映画ふじき★★★