『テッド2』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、意外とウキウキふじき★★★『罪の余白』をトーホーシネマズ新宿12で観て良すぎず悪すぎずふじき★★★

2015年10月19日

『ドローン・オブ・ウォー』をトーホーシネマズ新宿8で観て、なるほどイーサン・ホークふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★イーサン・ホークに外れなし】
空飛ぶアラン・ドローンが大活躍。

ドラマ的に面白いかどうかより、こういう現実が今の戦争なのだと知るドキュメンタリー的な面白さを有する一本。なので、ラストまでの話の起伏や、ラストの収まり方などは「そうなりそうだな」という感じに進んで落ち着く。

イーサン・ホークがどこかのシンジくんみたいに
「目標をセンターに入れてスイッチ」みたいな状態になるのだが、
イーサンには「その操縦席に乗らないのならお前は不必要だから出ていけ」という父ちゃんや「私があなたを守るから」という超美少女はいないので、イスラムの使徒と基本、一人っきりで戦わなくてはいけない。近くに仲間や妻や命令者はいたとしても、結局、引金を引くのは彼の指に他ならない。

この行為にリスクはない。ボタンを押せばブラックボックスを経て相手が即死する。逆襲される事がない。それは安全であると同時に「自分もまた殺される立場にあるからこそ先に相手を殺す」という戦場ルールの放棄だ。では、これは戦争でなければ何なのか。「大量」という概念を取っ払った「虐殺」に他ならない。

この攻撃方法は日本で出版されたあるマンガに似てる。
『DEATH NOTE』
一切のリスクもなく、対象者を死に至らしめる。
米空軍は DEATH NOTE を手に入れたのだ。
マンガでは主人公が超人だったので、殺人の禁忌に狂ったりはしない。
常人が DEATH NOTE を手に入れたと言うより、
DEATH NOTE の一部にさせられたらという思考実験がこの映画だ。

原題の「GOOD KILL」がちょっと「GOD KILL」にも見えるという皮肉。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス25本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドローン・オブ・ウォー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ドローン・オブ・ウォー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

7. ドローン・オブ・ウォー/GOOD KILL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2015年11月11日 19:57
「ガタカ」「タイム」のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホーク再タッグ。 無人戦闘機ドローンの操縦士としてアメリカに居ながらにして中東での戦闘作戦に参加している一米軍兵士の日常と次第に深まる葛藤を通じ、 アメリカが繰り広げる現代の戦争の実態を描...
6. ドローン・オブ・ウォー / Good Kill  [ 勝手に映画評 ]   2015年11月06日 22:22
アメリカのUAV(いわゆるドローン)攻撃の実態を表した作品。実際の出来事をベースに作られています。 飛んでいる航空機が撃墜されても自分の命に関わることはないし、コントロールルームはエアコンが効いて快適、そして何より、毎日の任務完了後は自宅に帰り家族と過ご...
5. ドローン・オブ・ウォー  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年10月20日 23:26
奥さん役の女優さん綺麗やったなぁ。
4. ドローン・オブ・ウォー  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2015年10月20日 21:36
評価:★★★☆【3,5点】(P) 上空3000メートルからの監視画で僅か10秒足らずで目標物を爆破。
3. ドローン・オブ・ウォー ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年10月20日 17:52
アメリカ軍の対テロ戦争で使用されている無人戦闘機ドローンの実態を、『ガタカ』などの監督アンドリュー・ニコルと主演イーサン・ホークのタッグで描く戦争ドラマ。ラスベガスの基地で無人機ドローンを遠隔操作し、クリック一つでターゲットを爆撃する男の姿を通し、現代...
2. 「ドローン・オブ・ウォー」  [ ここなつ映画レビュー ]   2015年10月20日 12:41
これが現代の「戦争」である。エアコンの効いたコンテナの中で、桿を握り発射ボタンを押す。命中すれば「グッド・キル」と呟き、車を走らせ家族の待つ自宅に戻る。だが、「戦争」である事に変わりはない。コンテナの扉には「ここから合衆国外」とコーションが付いている。そ
1. ドローン・オブ・ウォー  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年10月19日 11:17
Good Kill [Blu-ray](ショートバージョン)アメリカ空軍に所属するトミー・イーガン少佐は、ラスベガスにある基地のコンテナ内にいながら、無人機ドローンをコンピューターで遠隔操作し ...

この記事へのコメント

1. Posted by ここなつ   2015年10月20日 12:40
こんにちは。
私は、「戦場ルール」不在もその通りなのだけれど、安全な高みから見る事で操縦士が神になったつもりになってしまうことを恐れました。
(ラストシーンも実際イーサン・ホークにその気持ちが無かったとは思えない。)
それと、安全な場所にいるからこそできる、自己の正当化が、一言で言えば、卑怯。だと思う。
例えば作中、民間人の子供を誤爆してしまったことに対して上官が、「やつらは9.11.の時、子供が乗っているのを知っていてその飛行機で突っ込んだんだ。自分達はあそこに子どもがやってくることを予期しなかったからいいんだ」的な事を言いますよね?
なんかそういう、全員が厨二になっているような戦争の展開が嫌だなー…と。
2. Posted by ふじき78   2015年10月21日 00:39
こんちは、ここなつさん。

> 安全な場所にいるからこそできる、自己の正当化が、一言で言えば、卑怯。だと思う。

映画観客が一番卑怯だったりして。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『テッド2』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、意外とウキウキふじき★★★『罪の余白』をトーホーシネマズ新宿12で観て良すぎず悪すぎずふじき★★★