『猫侍南の島へ行く』をシネマート新宿2で、『マッドストーン』を1で観て、消化試合ッぽいぞふじき★,★★『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★

2015年10月12日

『アントマン』をトーホーシネマズ日劇3で再見し、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を109シネマズ木場6で観て、俺マーベルダメなんちゃうかふじき★★★,★★★(ネタバレあり)

◆『アントマン』
五つ星評価で【★★★主人公がチンケな小悪党なのはいいけど、ヒールがつまらん】
ヒールはガタイのいいハゲの巨漢博士。
こいつが何で「悪玉」なのかと言うと、悪い奴と手を組んだからである。
だから、正式にはこれから悪い事やりまっせであって、まだ本当の「悪」ではない。
それを裁判も開かずに惨殺。いかんな、君たち、法治国家に住んでるんだろ。
そう言えば、あの博士が羊を使って試験を成功したこと、イエロージャケットにいかされているんだろうか? あれをなしえて初めてイエロージャケットとアントマンが同じ性能になりえたという事なんだろうか? それなら羊にもイエロージャケツトとか着せんようでは結果がピンと伝わって来ないわ。いや。ひょっとすると、羊が最後のラスボスか? というか、ガタイがいいだけでずっと研究室に籠ってたような博士に苦戦するなよ(博士がジムに行って鍛えてたって設定があってもイヤだけど)。

アントマン着用後のミッションは二つしかないのだが、二つ目の本番ミッションは観客に対して幾つの障壁があり、何が完遂されればミッション完了であるかが細かく説明されていない。なので、アントマンが捕縛された際の「やられた感」が乏しく、イエロースーツを盗られた際の「しくじり感」が低い。

小さくなる、元の大きさに戻るというバトル方法は面白いのだが、質量はどうなのだろう。小さくなれば凝縮されて強くなるというなら、応用して使われる巨大化は薄くなって弱くなるという事だろう。トーマスも蟻もそんな風には見えなかったが。

マイケル・ダグラスは最終的に娘に着させるつもりがなかったのなら、ワスプのスーツを自分で着るつもりだったのだろうか?

基本、私は単純フォーマットな話が好きなので、寄り道がひどかったり、なし崩し的に戦いになって、なし崩し的に勝って終わるみたいな展開が好きじゃないのだろう。世間一般が絶賛するほど面白くは感じなかった。

アントマンの娘の趣味が悪いところは最高。

エンドロールのテケテケ音はグー。


◆『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
五つ星評価で【★★★こっちもそこそこ】
「愛を知る全人類に捧ぐ。」じゃねえよ。
『アイアンマン3』のコピー「さらばアイアンマン」はどうした。
確か、『アイアンマン3』のスタッフが
『アベンジャーズ』でどうするかはそこのスタッフが悩めばいい事だ
という発言をしていた筈だが、完全スルーかよ。

って事で今回の悪いのはアイアンマンが開発して失敗した
メンヘラロボ「ウルトロン」。
こいつがうじゃうじゃ数がいるだけで(ユートムかよ)能力的には強くない。
ロボットの癖に感情的でメンヘラなのはキャラとして面白いが、
ネットに拡散された複合意識みたいなテイを取ったので、
ラスボスをぶちのめしてスカっとするような展開を取れなかったのは減点。

今回、異常にホークアイが持ちあげられているが、
ブラック・ウィドウとホークアイって生身の普通の人間だから、
こういう持ちあげはちゃんとやるべきだったので、それは良かった。
それでも、何で「未だに弓」なのかは分からなかったし、
この辺りを浚われて「愛」コピーに繋げられたのはイラっと来たけど。

新ヒーローは3人。
スカーレット・ウィッチは結局、何が出来るかよく分からんのがいかん。
ビジュアル的に赤いのビビビンってのは分かりやすいが力の根拠が分からん。
クイック・シルバーは楽しいけどあんなスーパーヒーローだらけじゃなければ
もっと尺取ってじっくり見させる面白いキャラなのに。
あと最後の一人あの超人については、マント付きの古いデザインで、
極めて今的でない所と、学級委員のように正しい物言いする所がグー。

全体、ネットで大絶賛するほどこれも個人的には盛り上がらなかった
(決してつまらないとは思わないのだが)。
けっこうトリのアクション・シーンで飽きてしまうのである。
ググっとくるようなカットも多々あるが、
Aのヒーローはこう戦いました、Bのヒーローはこう戦いました、
という平行展開が多く、ラストの山場に向けてのテンポを悪くさせてると思う。

韓国か中国系の美人博士がグー。
ハルクバスターもグー。


【銭】
『アントマン』:トーホーシネマズフリーパス18本目(再見)。
『アベンジャーズ』:キャンペーンで1300円だったんだと思う。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アントマン@ぴあ映画生活
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アントマン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
アントマン1回目@死屍累々映画日記
アベンジャーズ@死屍累々映画日記

PS アベンジャーズ1作も感想半年くらい書けてなかったのを今、確認。
 ダメダメだな。俺。
 でも婚礼を忘れた上に初夜で上手投げくわされる
 新次郎はんほどダメではないかな。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

16. アントマン(2015)  [ のほほん便り ]   2017年06月08日 08:33
期待が薄かったせいか、想像以上に楽しめて、お得感…。最初は、「小さくなって、ヒーローになれるの?」と素朴な疑問だったけれど、実は金庫破りの囚人で、その手腕をかわれて白羽の矢が立ったり、いろんなものが大きくなったり、小さくなったり、小さくなってみる風景… 
15. アントマン  [ Akira's VOICE ]   2016年04月29日 17:56
純粋に面白さにワクワクできる!
14. アントマン  [ 銀幕大帝α ]   2016年02月02日 16:53
ANT-MAN 2015年 アメリカ 117分 アクション/SF/ヒーロー 劇場公開(2015/09/19) 監督: ペイトン・リード 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 製作総指揮: エドガー・ライト スタン・リー 原案: エドガー・ライト 脚本: エドガー・ライト 出演: ..
13. アントマン  [ いやいやえん ]   2016年01月23日 09:14
【概略】 仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。 アクション 普通の男、しかし最小最強のヒーロー やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコ
12. 15-134「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(アメリカ)  [ CINECHANが観た映画について ]   2015年12月31日 01:15
世界の平和を守るために人類を滅亡させる  アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。  しかしウルトロンが平和を維持するために導き出し
11. 15-257「アントマン」(アメリカ)  [ CINECHANが観た映画について ]   2015年12月31日 01:13
そういうことならアベンジャーズに任されればいい  バツイチ、無職のスコット・ラング。養育費も払えず、このままでは最愛の娘キャシーにも会えなくなってしまう。  人生まさに崖っぷちのスコットは、ひょんな成り行きから天才科学者ハンク・ピム博士に頼まれ、彼が開発
10. アベンジャース/エイジ・オブ・ウルトロン  [ マープルのつぶやき ]   2015年12月29日 17:23
JUGEMテーマ:アクション映画全般 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 原題:Avengers Age of Ultron 監督:ジョス・ウェドン 2015年 アメリカ映画 141分 キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.      クリス・ヘムズワース      マー
9. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン  [ いやいやえん ]   2015年11月21日 10:49
【概略】 トニー・スタークが開発した人工知能による平和維持システム“ウルトロン”。だが、そのシステムが選んだ究極の平和とは、人類を抹消することだった…。 SFアクション うん、私の目的は勿論ポール・ベタニー扮するヴィジョンですから!! なんか設定的
8. アントマン  [ C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年11月17日 21:37
アントマン '15:米 ◆原題:ANT-MAN ◆監督:ペイトン・リード「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「チアーズ!」 ◆出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウ.
7. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン  [ 銀幕大帝α ]   2015年11月11日 21:00
AVENGERS: AGE OF ULTRON 2015年 アメリカ 142分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2015/07/04) 監督: ジョス・ウェドン 『アベンジャーズ』 製作総指揮: スタン・リー 脚本: ジョス・ウェドン 出演: ロバート・ダウニー・Jr:トニー・...
6. アントマン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年10月27日 05:38
 『アントマン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)風邪による体調不良で一週間近く映画館に行けませんでしたが、このほどようやく回復し、それなら気軽に見ることができるものをと思って映画館に行ってきました。  ただ、病み上がりでボーッと見ていたこともあって、今...
5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年10月13日 23:18
【AVENGERS: AGE OF ULTRON】 2015/07/04公開 アメリカ 142分監督:ジョス・ウェドン出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、アーロン・テイラー...
4. アントマン  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年10月13日 23:12
【ANT-MAN】 2015/09/19公開 アメリカ 117分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュデ...
3. 「アントマン」  [ 或る日の出来事 ]   2015年10月13日 22:02
わりとユーモアのあるところがよい。
2. アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年10月12日 13:14
アート・オブ・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (MARVEL) [大型本]人工知能ウルトロンとアベンジャーズの闘いを描くアクション巨編の第2弾「アベンジャーズ エイジ・オブ・ ...
1. アントマン  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年10月12日 13:14
Ant-Man [CD]慎重1.5cmの異色ヒーローが大活躍するアクション・ムービー「アントマン」。アントマン目線のカメラワークにワクワクする。仕事や人間関係がうまくいかず、何をやっても空 ...

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2015年10月12日 22:27
こんにちは。
日本の映画ファンに酷評される邦画の要素が、『アベンジャーズAOU』にはたんまりあると思うんですね。思いを全部セリフで説明してるとか、火急の際にお喋りしてるとか。
でも、それで歴代興行成績の上位に食い込んでしまうのだから、邦画の狙いはズレてないってことなんでしょうね。
2. Posted by 太川 陽介   2015年10月13日 20:54
>小さくなれば凝縮されて強くなる

えっ。そんなこと言ってた?

わちきは「ブラックホール」をうまく誤摩かしたのが、よかったんだよ。
3. Posted by ボー   2015年10月13日 22:05
3 「あ〜んとウーマン」だったら、いつも「あ〜ん」して食べさせてくれるスーパーヒロインなので、欲しいです。なんのこっちゃ。
4. Posted by ふじき78   2015年10月13日 22:34
こんちは、ナドレックさん。
「アベン−ウルトロン」は敵役が身体が借り物の形而上学的存在だから、喋らない事には自分を誇示できない。そして善玉はみんな「愛」の戦士なので、「愛」は喋らずに実践するとまかり間違うと訴えられますからねえ。
だから喋らずにはいられなかったんじゃないですかねえ。
5. Posted by ふじき78   2015年10月13日 22:42
こんちは先輩。
ワイドショーで説明されてた気がする。映画の中では言ってないかもしれない。それと正確には「凝縮」ではない。
ワイドショーいわくアントマンが等身大の人間をノックアウトできるのは、元々の人間大と同じ力を出せるから。そしてその力は小さな一部分に集約できるので強くヒッティングできる、みたいな解説だったと思う。アントマンはホラ話だから、科学的にキッチリやろうとすると最終的に成り立たんと思う。

「ブラックホール」なんて出た?(寝てたかな俺)
6. Posted by ふじき78   2015年10月13日 22:42
こんちは、ボーさん。
「淫蕩ウーマン」希望。
7. Posted by yukarin   2015年10月13日 23:18
確かに研究してる人があんなに強くてどうなの?ですよねぇ。密かにこの時のために鍛えてたのかもしれません 笑。

アベンジャーズは私も盛りあがりませんでした。
たしか前作も....
8. Posted by ふじき78   2015年10月14日 09:08
こんちは、yukarinさん。
ジムに通ってるハゲ博士って、かなりやだ。
あの博士あの年で独身っぽい感じがプンプンだけど、白衣脱いでムキムキだと、やはり普通にひかれると思う。

最近、アベンジャーズとかマーベル映画についてのTLが自分の評価以上に熱くてねえ。
9. Posted by 太川 陽介   2015年10月14日 19:46
>「ブラックホール」なんて出た?

>(寝てたかな俺)
寝てませんよ。

永遠に収縮していくのも、大質量「ブラックホール」と同じ
理論とした仮説を聞いたことがあります。

収縮するとこは、なんか「2001年」ぽかった。
10. Posted by 太川 陽介   2015年10月14日 19:48
アラシ見参!

わちきの「ちんちん」はアントマン。
でも、もう大きくならない。
11. Posted by ふじき78   2015年10月14日 21:09
こんちは、先輩。
ブラックホールの話がなかったからと言って寝てないとは断言できない。

どんどん小さくなるところは「火の鳥 未来編」のどんどん大きくなったり、どんどん小さくなったりを思い出しました。

ちんちんだけでかくなると少なくとも中学生は見れなくなるから却下。あいきなり「二人と五人」の先輩を思いだした。
12. Posted by クマネズミ   2015年10月27日 05:37
お早うございます。
「小さくなれば凝縮されて強くなるというなら、応用して使われる巨大化は薄くなって弱くなるという事」という点は、『進撃の巨人』を見ると納得できる感じがします。なにしろ、國村隼の超大型巨人も、壁に穴を開けるくらいのことしか満足な仕事は出来ないのですから!
13. Posted by ふじき78   2015年10月28日 21:56
こんちは、クマネズミさん。
いや、あれは単に膨らんでるのではなく、周囲の分子を取り込みながら大きくなっていくので、その際に「硬い」みたいな特徴を付加するのはそんなに大変じゃない筈。単に薄くでかくなってるなら少なくとも壁は壊せない筈です。
14. Posted by ヒロ之   2015年11月11日 21:03
こんばんは!
マーベル映画は毎作、派手な映像があり見ている間は普通に面白いのですが、時が経てば自然と内容を忘れてしまうパターンが多いです。
15. Posted by ふじき78   2015年11月12日 06:00
こんちは、ヒロ之さん。
案外、実がないからじゃないですかねえ。
「ウルトラマン」とかも最初期の格闘以外の物語性が高い物は忘れてないけど、最近のは全然覚えてられないですから。
16. Posted by maki   2015年11月21日 10:50
特別なワクワク感はなかったですが、
期待通りの「アベンジャーズ」ぶりは健在でした
予告であれほどやってたのでホークアイに家族がいるとか別に驚きはしなかったですけど、
そこで「愛」になるのはちょっと違った宣伝だったなーと。
17. Posted by ふじき78   2015年11月21日 23:04
こんちは、makiさん。
「愛」を持ちだすんならウルトロンを愛してやれよ、と思う。
18. Posted by maki   2016年01月23日 09:16
一緒にみてた甥っ子が
「アントマン」ゲラゲラ笑いながら見てました
単純明快で、アメコミって本来こうなんじゃないの?と思いました
アベンジャーズと同じ世界観だったとはとびっくりでしたが、私は個人的に面白かったですね
確かにダレン氏は鍛えてなかったですが、
何となくあの人は普通にストイックに鍛えてそうなイメージ(単純にああいう地位にいる人は、専属トレーナーとかつけて体も鍛えてそうな印象がある)
19. Posted by ふじき78   2016年01月23日 23:28
こんちは、makiさん。
最近のアメコミ映画から薄れつつあるくだらないホラ話テイストが残ってていいと思います。主人公基本ロクデナシだし。
身体を鍛えるような余裕のある博士に、凄い発明発見ができる気が全然しない。
20. Posted by ヒロ之   2016年02月02日 16:55
こんんちは。
アントウーマンのコスチュームにエロさを感じて股間を膨らませたらテントマンになるかもしれません。
21. Posted by ふじき78   2016年02月02日 23:53
こんちは、ヒロ之さん。
テントマンはテントウ虫マンとかいると紛らわしいから却下。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『猫侍南の島へ行く』をシネマート新宿2で、『マッドストーン』を1で観て、消化試合ッぽいぞふじき★,★★『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★