『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を立川シネマtwo−dで再見して、なるほどデリカシー欠如なんだなふじき★★★『ハイキュー!! 勝者と敗者』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、これは本当にいいコンテンツふじき★★★★

2015年09月24日

『進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、話はしょーもないが、特撮は好きだふじき★★★

五つ星評価で【★★★アンフェアの尻に値するのが巨人の特撮。話だけの評価だったら星一つに満たない。星を三つも上げたのは特撮さん達に対するエールである】

シキシマをそう使うのかという面白さがあったけど、基本、話はつまらない。というより、構成がおかしい。皆が皆、弁論大会みたいに自説を主張して、その後、その自説を肯定する為に他者を武力で押さえつけようとして、最後には巨人が出てきて有耶無耶。こんなんどう考えても面白いとは言えん。『進撃の巨人』が映画化されると聞いた時点で、いろいろどんな映画なのかと頭によぎる物はあったが、少なくとも自分が見たい『進撃の巨人』はこんな舞台が廃墟の弁論大会みたいな物ではなかった筈だ。ピエール瀧なんて、脚本読み終えましたって所で処分されて、本当、情報を提示するためだけのキャラクターになってたし。愛がないよ。それは前作から分かってたけど。

なので、やりたい事をやりたいようにやってる特撮パートは気持ちいい。
あーあーあー、そうね。サンダ対ガイラね。
あの巨人の内部のビジュアルとかも凄くいいと思う。
意思のある巨人ばかりで通常の巨人が全然出てこなかったのは残念。
一度下っ端扱いされてしまうと、もう二度とスポットライトは当たらないのだなあ。

内壁壊したいなら爆発なんかに頼らず、あの力を使えばいいじゃん。
超大型巨人のような壊し方はできなくても、開閉部に特化した壊し方なら
普通サイズの巨人で出来ると思うぞ。
超大型巨人も、何故、あれだけ超巨大なのかの説明がなかった。
割とそれって大事だと思う。

水原希子ずっと睨みっぱなし。三浦貴大愚痴りっぱなし。
桜庭ななみと石原さとみは儲けものキャラ。
「最後には石原さとみが全て持って行った」という呟きを
ツイッターで読んだが、その通りだと思う。
草くんも随分、大人が板に付いた。
緒川たまきが母さんだったらいいよなあ。
結局、あの夫婦もあの後どうなったのか分からない。続きを作る伏線か?
太っちょ君のやってる塔崩しはロック様のやってる『ヘラクレス』だよな。
外壁修復チームにロック様が入ってたら盛り上がったろうな。
シキシマをステイサムがやって、隊長はスタローンでもいいよ。

チラシのコピー
「2015年、日本映画史に「進撃」がその名を刻む。」
良くない意味で、な。

上から下に上がっていくエンドロールの意味が分かって、
それは割といいアイデアじゃんと思った直後に、怒涛の蛇足ネタ。
本当にこれ徹頭徹尾計算された「炎上商法」なんじゃないだろうか?


【銭】
トーホーシネマズフリーパス7本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
前編一回目@死屍累々映画日記
前編二回目@死屍累々映画日記

PS 「インド・オブ・ザ・ワールド」にして
 巨人がみんなターバンしてくるって設定にするってのはどうだろう?

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

9. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド  [ 銀幕大帝α ]   2016年03月23日 15:56
ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD 2015年 日本 88分 アクション/アドベンチャー/ホラー PG12 劇場公開(2015/09/19) 監督: 樋口真嗣 原作: 諫山創 主題歌: SEKAI NO OWARI『SOS』 特殊造型プロデューサー: 西村喜廣 出演: 三浦春馬:エレン 長谷川博...
8. [映画][☆☆☆★★]「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」「進撃の巨人エンドオブザワールド」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2015年10月06日 22:04
 諫山創原作の人気コミックを、「のぼうの城」の樋口真嗣監督、「君に届け」の三浦春馬主演で実写映画化。 例によって前後編合わせての感想。とりあえず、原作との差異やオリジナル要素を考慮せずに評価すると、怪獣モノとしてはまあまあ、アクションものとしては中の下、
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は漫画進撃の巨人を実写化した作品で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の後編となる。再び巨人に襲われた人類は巨人の侵入を防ぐために ...
6. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 監督/樋口 真嗣  [ 西京極 紫の館 ]   2015年09月30日 21:46
【出演】  三浦 春馬  水原 希子  本郷 奏多  長谷川 博己  石原 さとみ 【ストーリー】 巨人化したエレンは元の姿に戻るが、仲間であるはずの調査兵団に囚われてしまう。射殺される寸前で、突如現れた鎧状の皮膚をまとった謎の巨人に連れ去られたエレンの生存を信...
5. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド  [ atts1964の映像雑記 ]   2015年09月30日 10:44
2015年作品、樋口真嗣監督、三浦春馬主演。 エレン(三浦春馬)が変身した巨人の活躍により、危機を脱出した達調査兵団だったが、エレンは捉えられ、指揮官のクバル(國村隼)がお前は人間なのか、巨人なのかと迫るが、エレンは言うまでもないことを聞かれ戸惑って
4. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド/三浦春馬  [ カノンな日々 ]   2015年09月29日 20:59
この後編、上映時間が87分しかないんだったら前後編とも1本にまとめて上映してくれればいいのに。高いIMAXで観るのももったいないからポイント鑑賞してこよっと。 出演はその他に、 ...
3. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年09月29日 07:21
 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前編で謎だった事柄が後編でどのように解決されるのかということに興味を抱きながら映画館に足を運びました。  本作の冒頭では、前編の概要が提示されます。  後編の最...
2. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年09月28日 19:01
諫山創のコミックを基に人間を食う大型巨人と人類のバトルを圧倒的迫力で描いたアクションの後編。対巨人のために結成された調査兵団の一員となった主人公エレンの絶体絶命の戦いや、突如現れた黒髪の巨人の謎などが活写される。『巨神兵東京に現わる』などの樋口真嗣がメ...
1. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年09月27日 18:14
諫山創のコミックを基に人間を食う大型巨人と人類のバトルを圧倒的迫力で描いたアクションの後編。対巨人のために結成された調査兵団の一員となった主人公エレンの絶体絶命の戦いや、突如現れた黒髪の巨人の謎などが活写される。『巨神兵東京に現わる』などの樋口真嗣がメ...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2015年09月29日 07:21
お早うございます。
「インド・オブ・ザ・ワールド」の域にはとても達しませんが、「サンド・オブ・ザ・ワールド」で砂漠で巨人が対決するのは、「ハンド・オブ・ザ・ワールド」で巨大な手が闘うのは、「テコンドー・オブ・ザ・ワールド」で巨人同士が蹴り合うのは、如何でしょうか?
2. Posted by ふじき78   2015年09月29日 08:40
こんちは、クマネズミさん。
返し。
「遠藤・オブ・ザ・ワールド」で、巨人が全員ココリコ遠藤で。
3. Posted by atts1964   2015年09月30日 10:44
TBありがとうございました。
コアなファンではなかったので、悪評でも前後編は行くつもりでしたが、作品、物語としてはどうしてもチープ感はぬぐえませんでした。
ただ、前編の巨人のシーンはやはり良かったし、後編でももうちょっと出番を多くしてほしかった。
予算の関係だったら、ハリウッドで作ってもらうべきでしょうね。こちらからできたらTBしてみます。
4. Posted by ふじき78   2015年09月30日 22:58
こんちは、atts1964さん。
異常に悪評尽くしですが、総評として褒められはしないけど、そんなに皆で虐められっ子を追い込むようにヒステリックに作品を全否定しなくてもいいんじゃないか、と思いますね。
予算はある方がない方より面白い映画作れる確率は上がりますけど、ハリウッドでも『ドラゴンボール』みたいなの作ってるからお金ONLYではなさそうですね。
5. Posted by ヒロ之   2016年03月23日 15:54
こんにちは。
前作は原作を知らないながらも楽しく観れたので記事で褒めちぎったのですが、流石にこの後編ではその要素が乏しいです。
話の中身も薄いし、終盤は某アニメのパクリみたいだし(これは個人的な見解)、特撮は良かったですけど、それだけかなという気持ちです。
6. Posted by ふじき78   2016年03月24日 00:20
こんちは、ヒロ之さん。
特撮も後編は謎の巨人ばかりにフォーカスが生き、人間の脆弱さが見えない。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を立川シネマtwo−dで再見して、なるほどデリカシー欠如なんだなふじき★★★『ハイキュー!! 勝者と敗者』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、これは本当にいいコンテンツふじき★★★★