2015年09月12日

『チャッピー』を渋谷シネパレス2で観て、ヨーランディとニンジャグッドふじき★★★★

未レビュー撲滅運動対象記事。
時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。

五つ星評価で【★★★★ヨーランディとニンジャ、グッド】

ロボットのチャッピーの受難も可愛そうだし、社会性が備わってないのに無理矢理社会適合させられる様も痛々しいのだけど、あのラストの軽さはそれでいいのん?と疑問に思った。あのラストの選択だけで、映画一本撮っておかしくないくらい重い題材なのに娯楽映画だから、そういう葛藤を全部スルーしてしまった。潔いは潔いけど。

まあ、なんつーか、とってもSFらしいSFだった。ブロムカンプって撮る映画撮る映画がいつもちゃんとSFしてる。単に舞台が未来と言うだけでなく、カンフル剤的な異物の投入の仕方に強いSFマインドと「まあ、そういう事もありそうだからいいじゃん」という強引な杜撰さを感じる。そういう杜撰さはとっても好ましいものだ。あとSF的世界に現在的な要素を巧みに導入している部分が実に手塚治虫的。

ロボットのキャラクターであるチャッピーより、
人間のキャラであるヨーランディーとニンジャの方が
どう考えてもキャラが濃いのが最高に楽しい。

鳥が最初に見たものを親と思い込む「刷り込み」という習性があるが、
その刷り込みの対象が志茂田景樹だったら、これはそういう映画なのだ。
しかも凶暴凶悪な志茂田景樹と母性に溢れる志茂田景樹だったら?
そんな雛が困るような事するなよ、そういう映画なのだ。

「テンション」には普通に驚いた。

ヒュー・ジャックマンが地道に嫌な役を嬉々として演じている。
この科学者さんも「テンション」ズボンを穿くような砕けた人だったら
こんな話にはならなかったろうに。


【銭】
渋谷シネパレス、メンズデーの木曜に観たので1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
チャッピー@ぴあ映画生活

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

6. チャッピー  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年01月23日 20:51
監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、ニンジャ、ヨ=ランディ・ヴィッサー、ホセ・パブロ・カンティージョ、シガーニー・ウィーヴァー 【解説】 『第9地区』『エリジウム』の鬼才ニール・ブロムカンプが手掛け...
5. チャッピー  [ 象のロケット ]   2015年10月12日 07:09
2016年、犯罪多発地区の南アフリカ・ヨハネスブルグ。 兵器企業テトラバール社の開発者である青年ディオンは、自分自身で“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を、上司に無断でロボットに搭載する。 ところが、ディオンとそのロボット“チャッピー”は、ストリート・ギ
4. CHAPPIE/チャッピー  [ いやいやえん ]   2015年10月03日 10:35
【概略】 2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。彼の名はチャッピー。起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングに
3. チャッピー  [ 銀幕大帝α ]   2015年09月25日 23:12
CHAPPIE 2015年 アメリカ/メキシコ/南アフリカ 120分 アクション/SF PG12 劇場公開(2015/05/23) 監督: ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』 製作: ニール・ブロムカンプ 脚本: ニール・ブロムカンプ 出演: シャールト・コプリー:チャッピー デヴ・...
2. チャッピー  [ 風に吹かれて ]   2015年09月24日 08:36
命とは 公式サイト http://www.chappie-movie.jp 監督: ニール・ブロムカンプ  「第9地区」 「エリジウム」 2016年。南アフリカの犯罪多発都市ヨハネスブルグでは、テトラ
1. チャッピー  [ E'S STREAM ]   2015年09月16日 20:30
人工知能を持ったロボットによる警察隊を抱える、南アフリカ政府。世界で最大の犯罪都市であるヨハネスブルクの治安を守る為に、強力な能力を持ったロボットの配備は急務であった。畏怖される存在であるロボット警察、それは、未来の国際都市として、一つの理想的なモデルを

この記事へのコメント

1. Posted by    2015年09月15日 18:19
ヨーランディとニンジャの掛け合いが良かったですね。チャッピーにとっては、良き父親も母親も無い、類似無き生であるから、それが、ロボットとしての性能を抜きにして、向き合うべき生命として、チャッピーの存在の得難さを強めていると思いました。
2. Posted by ふじき78   2015年09月16日 00:13
こんちは、隆さん。
なんか難解だ。
もちっと子供が分かる文意に砕いて読み解いてみよう(正しく読み解けるかは50/50)。

チャッピーにとっては、良き父親も母親も無い⇒チャッピーから見れば父親や母親の社会的な善悪は(チャッピーがただ成長するという事に関して)無関係である。

類似無き生であるから⇒生物として、他に似たケースのない存在なので、

ロボットとしての性能を抜きにして、向き合うべき生命として、⇒ロボットであるという大前提をあえて無視して、ただ生命として見るなら

チャッピーの存在の得難さを強めている⇒チャッピーという生命のオリジナリティーは強い。

全部ごちゃまぜにまとめると
「チャッピーの成長について、社会的な善悪や、チャッピーがロボットである事を抜きにして考えるなら、今までにないオリジナリティーの強い生命体である事が分かる」
でいいのかな?

うんまあ、そういう存在だと思うよ(読み解きがあってるなら)。
3. Posted by    2015年09月16日 13:02
ふじき78さん

丁寧な解釈ありがとうございます。

自分は勉強中なので、分かりづらい箇所もあると思えますが、ご容赦ください。

善と悪の基準、チャッピーは警察ロボットで取り締まりも行っていますから、善悪の分別はインプットされていると思いますが、身近に見知った人、とりわけ家族にはそうした暴力機能は皆無だと思います。生みの親である創造者の言う事に従うあたりも。

ニンジャは、チャッピーの性能が、稼業に役立つと見て、引き受けたと思いますが、ヨーランディはどうでしょうか。見かけは大人ロボのチャッピーを恐れず嫌いもしない。本当に必要なもの、だけを与え、育てる。アウトロー一味として、一括りに見るのではなく、チャッピーも個として両親に向き合っているのではないでしょうか。死んでしまうヨーランディも、技術によって、復活する。家族関係というのは、対話と和解の連続にあり、残酷な振る舞いをしたニンジャでさえ、寛解して行くと。家族内の教化にヒエラルキーは無いと思いました。
4. Posted by ふじき78   2015年09月17日 21:13
> 寛解

「寛解」とは - 緩解と同義 病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。 または見かけ上消滅した状態。

見なれない言葉は読む側に負荷がたまる。そう思うんだけどなあ(私は負荷がたまる)。その言葉を他の言葉に置き換えてから文意を再確認しなければいけないので。
5. Posted by ヒロ之   2015年09月25日 23:10
こんばんは。
ニンジャとヨーランディが実生活でも夫婦で日本好きだというのをネットで知って、あの「テンション」のズボンの謎が解けました(笑)
色々彼らの動画を観てたら「テンション」ズボン履いてました。
6. Posted by ふじき78   2015年09月27日 08:06
こんちは、ヒロ之さん。
あーいう人たちみたいですね(勿論ギャングという意味ではなく)。別に芸人じゃないんだろうけど、チャッピーの人形を使って三人で腹話術漫才とかやれそうだ。
7. Posted by maki   2015年10月03日 10:36
こんにちは
内包されている物語自体は凄くブラックなんですけども、チャッピーの愛らしさで誤魔化されている感じ
個人的には「チキンなんて興味ないね」と悪ぶってるチャッピーが可愛くて仕方なかった
8. Posted by ふじき78   2015年10月04日 01:15
こんちは、makiさん。
そうそう、チャッピーの動きがたまらんのですよね。予告編にあった牛乳にビビるシーンとか、本当に子供の動きにしか見えない。
9. Posted by タケヤ   2016年01月23日 20:51
面白かったですねえ。

志茂田景樹・・・懐かしいナア。
まだご存命でしたっけ?
10. Posted by ふじき78   2016年01月23日 23:54
こんちは、タケヤさん。
面白いんだけど思った面白さと違ってたので面食らいました。志茂田景樹はまだ生きてると思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字