2015年09月10日

『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』をトーホーシネマズ六本木4と立川シネマ2aで観て、ともかくもう感想をすぐ落とすふじき★★★★,★★★★★

未レビュー撲滅運動対象記事。
時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。

◆『海街diary』
五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられる映画】

あんな四姉妹がいたら、そらさぞかし喜ばしい事だろう。
地球が誕生した甲斐があったという物だ。
でもまあ、現実にはいないから映画として出来ると
みんな「はあー」と溜息つきながら夢見心地で鑑賞してしまう。

しっかり者の長女に綾瀬はるか。
生来の「ほわん」とした空気とキリっとした役柄が融合していい感じ。
全日本理想の長女癸韻任靴隋ああいう姉ちゃんに世話焼かれたい。
血が繋がってなくてロマンポルノに移行しても、全然良し。

奔放な次女に長澤まさみ。
まあ、そこそこの年齢なんだけど、今までそっち方面がそんなにだったので
何となくちょっと無理してエロ目の役をやってるように見える。
脚もきれいだけどブラとか惜しげもなく見せるのは
エロいというより逆にオヤジ的な面倒くささを感じる。
まあ、それでも全然良いのだけど。

変わりものの三女に夏帆。
四姉妹の循環油役。
四姉妹の中で彼女だけ明確な悩みパートが映画に取り上げられていない
(原作は未読なので不明)。
だから、逆にどこにでも溶け込んでいく。
というか、御託は抜きにして夏帆ちゃん大好き。

母親が違う四女に広瀬すず。
ちょうどいい子供具合。
だけど、一人で現実と向き合ってきたので、
弾ける寸前まで我慢する強さみたいなのも感じる。

しっかり長女、長女に反抗的な次女、どちらからも可愛がられる末っ子三女、
+ 新しく来た「擬似一人っ子(別系統の長女)」の四女、という組み合わせ。
次女から見た四女は三女同様、格下として制御してやればいい存在。
三女から見た四女は新しく来た仲間。
三女はチーム全体が気持ちよくなるよう自然に気づかいするポジション。
四女から見た次女、三女は新しい群れの仲間。仲良くする事に問題はない。
長女から見た四女、四女から見た長女は
ボス猿と、別のチームからはぐれたボス猿との関係で、
両サイドから調整しようという感じになるのが、まあよう描かれている。

それにしても本当にこういう四人がいればいいなあ、
という映画であって、筋とかオチとかどうでもいいし、
実際ビックリするような強い落ちもない
(ムリクリ強い落ちを付けるなら四女が父の血を継いでないとかだろうな)。

喫茶店のマスター、もとい、リハビリ医者役に鈴木亮平。
よう出てるなあ、この人。
確か映画の中では「クリーム玄米ブラぁ〜ン」とか歌ってなかった筈だ。
いや、覚えてない。ただ、役柄的に全裸でリハビリをして、
綾瀬はるかが凄く嫌な顔をするという展開は見てみたい気がする。

そうか、喫茶店のマスターはリリー・フランキーだった。
この人もこの後、ヤクザ組長で吸血鬼、とか野火のあの役とかをここでも演じてたら、個人的には拍手したいと思うんですが世間的にはダメですね。「猿の肉入りシラストースト」とか、そっと出してほしい。

四姉妹の中の三姉妹の母親役に大竹しのぶ。
けっして悪い人、悪意がある人ではないが、コミュニケーション・スキルに問題があり、いや、それは姉妹側とも合わせた上での問題点なのだが、姉妹側に同調している観客にイライラを与える役。大竹しのぶはこういうの自然でとても上手い。『海街diary』でのイモータン・ジョー的な役どころ。


◆『マッドマックス怒りのデス・ロード』
五つ星評価で【★★★★★理由は言葉にできないが、ぼーっと見ててノリノリで観終わって、その堪能の深さが今までにない深さだったら幸せじゃん】

あのぴょーん、ぴょーんってのと、
エレキギターでガガガガガってのと、
太鼓叩いてドンドコドンってのが最高。

あまりに最高だったので「極上爆音上映」やってる立川に再見に行ったら……
すんげー更に最高だったのだが、微細な音響トラブルがあり、
これを「極上」と名乗る訳にはいきませんと立川の方から返金があった。
偉い、男だ、立川。女かもしれないけど男だ。立川。
と言う事で、「極上」を体験しに3回目に行く予定。


【銭】
『海街diary』は109火曜メンバーズデーで1300円。
『マッドマックス怒りのデス・ロード(1回目)』はトーホーシネマズのポイント鑑賞(有料入場6回分)で0円。
『マッドマックス怒りのデス・ロード(2回目)』は立川、半年会費600円を払って期限半年の会員になって、会員平日価格1000円で鑑賞したが、その1000円は後から返金された(一応600円という事かな)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
海街diary@ぴあ映画生活
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ぴあ映画生活
▼関連記事。
海街diary二回目@死屍累々映画日記
マッドマックス怒りのデス・ロード(3〜5回目)@死屍累々映画日記

何で『海街diary』『マッドマックス怒りのデス・ロード』が同じ記事に同居してるのかと言うと、次のふじきのツイッターでの呟きによります。

女戦士綾瀬はるかが一緒に住まないと言って長澤まさみ、夏帆、広瀬すずを連れ出したらイモータン大竹しのぶが襲ってくるみたいな映画なんだからカンヌに出せばいいんだよ。あ、マックスはリリー・フランキーで。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

12. 「海街diary」  [ 或る日の出来事 ]   2016年09月21日 00:32
なんでもない、ひとときが、かけがえのない思い出。
11. マッドマックス 怒りのデス・ロード  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年01月11日 20:29
監督:ジョージ・ミラー 出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ライリー・キーオ、ゾーイ・クラヴィッツ、アビー・リー、コートニー・イートン、ネイサン・ジョーンズ、ジョ...
10. マッドマックス 怒りのデス・ロード  [ 銀幕大帝α ]   2015年10月30日 17:49
MAD MAX: FURY ROAD 2015年 オーストラリア 120分 アクション/SF R15+ 劇場公開(2015/06/20) 監督: ジョージ・ミラー 製作: ジョージ・ミラー 脚本: ジョージ・ミラー 出演: トム・ハーディ:マックス シャーリーズ・セロン:フュリオサ ニコラス・ホ...
9. 海街diary・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2015年09月26日 00:25
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南の
8. 映画・海街diary  [ 読書と映画とガーデニング ]   2015年09月24日 09:12
2015年 日本 鎌倉ある夏の朝、祖父母が遺してくれた古い日本家屋に暮らす、幸(綾瀬はるか)・佳乃(長澤まさみ)・千佳(夏帆)の三姉妹のもとに父の訃報が届きます15年前、父は家族を捨てて出て行き、母(大竹しのぶ)もその後再婚して今は札幌に暮らしており鎌倉...
7. 「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2015年09月22日 23:11
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
6. 「MAD MAX 怒りのデス・ロード」  [ ここなつ映画レビュー ]   2015年09月17日 18:29
MADがMAXで、怒りを抱えて死の道をひた走るのである。なんのこっちゃ。観始めた時にはこの世界観についていけるのかな?と。だけど全然オッケーだった。いや、むしろ好きかも。誰にも感情移入しなくて済むのも、心と身体が疲れ果てている時にはある種の利点だ。ただ、ついて
5. マッドマックス 怒りのデスロード  [ いやいやえん ]   2015年09月11日 10:56
【概略】 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックスは愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ、全身白塗りの男ニュ
4. 海街diary  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年09月11日 07:12
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)...
3. マッドマックス―怒りのデス・ロード  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年09月11日 07:12
 『マッドマックス―怒りのデス・ロード』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)大変な評判作ということなので、ミーハーとして覗いてみたくなって、遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のマックス(トム・ハーディ)の声で、「俺の...
2. 海街diary  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年09月10日 19:55
海街diary@東宝試写室
1. 『海街diary』 小津をほうふつって本当?  [ 映画のブログ ]   2015年09月10日 02:26
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常のディ

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2015年09月10日 02:37
TBを避けてガンガン飛ばしたいところにTBを送るたあ嫌がらせですな。

大竹しのぶは出て行った方だから彼女がフュリオサで、どっしり構えた樹木希林がイモータン・ジョーかも。四姉妹はウォーボーイズか:-)
2. Posted by ふじき78   2015年09月10日 22:38
こんちは、ナドレックさん。

後付けで付けるのはいいんですが、記事の中でTBとコメント付ける奴、あれが時間食うんですわ、けっこう。

綾瀬はるかがニュークスで、長澤まさみと夏帆がラリー&バリーだとでも! 後からやってくるすずがリクタスだったら迫力抜群だ。 樹木希林にはせっかくだから砂漠婆をやってもらいたいところ。
3. Posted by SunHero   2015年09月11日 06:44
5 ふじきさん、どうも。SunHeroです。
例によってTBが「失敗」になるので・・・・懲りずにTBしてみるところが、SunHeroらしいというか、意地になってます!

映画の内容はともかく、「海街」だから木場まで行ったんですか?かと思えば、「極上爆音上映」を体験しようと立川へ。フットワークが軽くて、羨ましいです。立川シネマシティは、年会費払っているのに、最近はauマンデイにTOHOシネマズばかり。

「極上爆音上映」は、下手に3Dで見るより、臨場感があって、しかも、追加料金ナシですからね。「ガールズ・ステップ」を見に行く口実として、「キングスマン」を極爆で鑑賞しようかな?

今日は仕事帰りに「アンフェア」と「エスパーだよ」を見る予定っす。
4. Posted by クマネズミ   2015年09月11日 07:09
お早うございます。
おっしゃるように、「あのぴょーん、ぴょーんってのと、エレキギターでガガガガガってのと、太鼓叩いてドンドコドンってのが最高」ですね。特に、ドラム・ワゴン(Doof Wagon)は忘れられません!
なお、『海街diary』と『マッドマックス怒りのデス・ロード』が融合した場合、マックスについては、リリー・フランキーではなく、そして「リハビリ医者」ではない小児科医の堤真一ではなく、広瀬すずが参加するサッカーチーム「湘南オクトパス」の監督役の鈴木亮平が、『TOKYO TRIBE』の肉体美を見せながら、ニークスが運転する武装カーに括りつけられているというのはどうでしょう?
5. Posted by ふじき78   2015年09月11日 08:11
こんちは、SunHeroさん。
木場は仕事からの帰り道にあるので割と都合がいいんです。
立川は「極上爆音上映」の評判の良さに出向いたんですが、電車賃を工夫しないと往復700円強かかる。何本かまとめて見る気がないと割引率が高くてもいけないです。
6. Posted by ふじき78   2015年09月11日 08:17
こんちは、クマネズミさん。
鈴木亮平そっちだったか。鈴木亮平って地の顔が笑顔なので、車に縛り付けられても、折檻を喜んでるMにしか見えなそうなので、その案は却下です。
ちなみにリリーフランキーは是枝監督の前作『そして父になる』でカンヌに顔を売ってあるので起用した次第です。喫茶店のマスターが福山雅治だったら福山雅治でもいい。
7. Posted by maki   2015年09月11日 10:59
こんにちはー
極上爆音上映うらやましいです
映画館でそういう試みがあるのって楽しいですよね
札幌でもようやく4DXが導入されましたが
既に館での上映はおわってるし、
座席がまったく空きません
(…ので、ジュラシックワールドを見逃しました)
4DXで V8!(-乂-)V8! したかったです〜
8. Posted by クマネズミ   2015年09月11日 22:02
福山雅治は、『そして父になる』で最終的にリリー・フランキーの軍門に下るので「M」系ではないでしょうか?結局、『野火』の安田や『凶悪』の木村に扮するリリー・フランキーが、「S」系で合格なのかもしれません。でも、抑々、どうして「M」系はダメなのでしょうか?
9. Posted by ふじき78   2015年09月12日 23:45
こんちは、makiさん。
立川シネマone/twoはちょっと面白いですね。今回マッドマックスの聖地みたいになりましたが、スピーカーを採算無視で買ってしまうってエピソードが凄い。
10. Posted by ふじき78   2015年09月13日 01:04
こんちは、クマネズミさん。
何故、Mだとダメなのかと言うと、車に縛り付けられて猛スピードでチェイスする際に、その被虐に酔いしれて、脱出しようとか自由の身になろうとか考えなくなりそうだからです……それでは話が進まん。
11. Posted by ここなつ   2015年09月25日 16:21
こんにちは。

>あのぴょーん、ぴょーんってのと、
エレキギターでガガガガガってのと、
太鼓叩いてドンドコドンってのが最高。

そうそう、そしてそれらが全て本作の「ストーリーの」進行には全く関係が無いというキャラだというのもサイコーでした。
12. Posted by ふじき78   2015年09月25日 22:36
こんちは、ここなつさん。

アイスとかチョコとかなくても生きていけるんだけど、生活に張りとか潤いがなくなっちゃうからねー。ああいう無駄は必要なんすよ。
13. Posted by ヒロ之   2015年10月30日 17:48
こんばんは。
じゃあボクはドラムに対抗してタンバリンを叩きながらヒャッハー!という役をやってみたいな。
14. Posted by ふじき78   2015年10月30日 22:42
こんちは、ヒロ之さん。
……丹波哲郎を……叩くんですか?
15. Posted by タケヤ   2016年01月11日 20:30
ふじきさんも賛辞だーーーー。
なんか入り込めなかったって
言いにくいなあ。。。

むっちゃ冷静で観てましたよ、自分。
16. Posted by ふじき78   2016年01月11日 21:30
こんちは、タケヤさん。
映画は人それぞれだし、映画館の環境や体調にも左右されるから、ノリノリの人が正義とも思わないですがね。私はマッドマックスFRに関してはノリノリですけど。
呼吸するように流れてくる音楽の使い方が秀逸だったなあ。映画の緩急を音楽が支配しているという。
17. Posted by ボー   2016年09月22日 09:48
4 姉妹だけで田舎の一軒家って、安全対策的にどうなのかと思いました。クマでも飼えばいいかも。
18. Posted by ふじき78   2016年09月22日 23:46
こんちは、ボーさん。
おでを飼って欲しいですね。いや、セキュリティー上てんでダメなんですが。愛玩動物でいいすから。

クマを飼って、とりあえずデカプリオを襲わせてみますか。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字