『アパッチ砦』『マルクス捕物帖』をシネマヴェーラ渋谷で観て、いやいやホホホふじき★★★★,★★★『日本のいちばん長い日(原田版)』をUCT4で観て、努力は認めるがやはり岡本版が好きふじき★★★

2015年08月23日

『日本のいちばん長い日(岡本版)』『ゆきゆきて神軍』をキネカ大森1で観て、キチガイ盛沢山だふじき★★★★,★★

「終戦映画2本立て」。
キネカ大森の名画座快進撃が止まらない。

◆『日本のいちばん長い日』
五つ星評価で【★★★★単におもろい。役者見てるだけで楽しい】
多分、三回目。

物語もその時、そんな事が行われていたのかという意外性に満ち満ちていて
一瞬たりともも退屈させないが、
それ以上にともかく多彩な役者陣を見ているだけで満足してしまう。

筆頭二人あげるなら、天本英世と黒沢年男。
天本英世は日本人が考える「キチガイ」という言葉を間違いなく体現している。
あれこそ「キチガイ」。ザ・キチガイ、キング・オブ・キチガイである。
黒沢年男の何か卑小な獣に憑りつかれてるような暴走っぷりも素晴らしい。

笠智衆の首相の爺ちゃんぽさ、加藤武の書記の食えなそうなベテランぽさ、
小林桂樹の侍従の生活感のない飄飄した感じ、
伊藤雄之助のあゝ伊藤雄之助だなという感じ、
加東大介の羽目を外さずに底からボワっと明るい感じ。

ああ、層が厚いなあ。
今の日本映画で伊藤雄之助みたいな変な顔の役者がいないのは本当に良くない。
そう言えばそれは芸人枠だってツイッターで言われた気がする。

伊藤雄之助が出る場面で、飛行場の格納庫壁面に左から右へ横書きで
「火気厳禁」と書いてあるのが映っていたが、あれはチョンボなんだろうか。


◆『ゆきゆきて神軍』
五つ星評価で【★★奥崎という怪物】
二回目。

取材対象の奥崎は狂人。だから、ドキュメンタリーとしては面白い。
ドキュメンタリーは被写体が特殊であればあるほど映える。
でも、この奥崎と言う男を興味深いとは思っても好きにはなれない。
浪花節に人情派な所など、この男が戦争にさえ行かなければ
ごく普通の市井の人々として一生終えたであろうから、同情の余地はあるが。

奥崎が口で責める。暴力を振るう。
その責は自分で負うから警察でも何でも呼べばよいと言う。
だが、そもそも「奥崎が警察に拘束される事」と「暴力を振るわれる事」
が対価になるという考えがおかしい。それは奥崎自身が主張しているに過ぎない。
この主張だと人を殺しても捕まれば問題なし。
そこに殺された被害者の姿はない。
自分を押し付けて他人をかえりみない人間は見世物としてはともかく、
近くに近寄りたくはない。
だから、そういう猛獣に近寄っていったこのドキュメンタリーは秀逸である。

好きではないけど。

うん、やはり、和太鼓はよい。
和太鼓が入ると映像がピリっとする。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用回数券のポイントがたまって無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
日本のいちばん長い日〈1967年〉@ぴあ映画生活
ゆきゆきて、神軍@ぴあ映画生活
▼関連記事。
日本のいちばん長い日(原田版)@死屍累々映画日記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 日本のいちばん長い日 (1967)  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2015年09月16日 21:32
監督:岡本喜八 出演:宮口精二、戸浦六宏、笠智衆、山村聡、三船敏郎、小杉義男、志村喬、高橋悦史、井上孝雄、中丸忠雄、黒沢年男、吉頂寺晃、山田晴生、香川良介、明石潮、玉川伊佐男、二本柳寛、武内亨、加藤武、川辺久造、江原達怡、三井弘次、土屋嘉男、島田正吾、...
1. 『日本のいちばん長い日』 1967年版と2015年版はここが違う  [ 映画のブログ ]   2015年08月29日 20:19
 【ネタバレ注意】  前回の記事「『日本のいちばん長い日』は宮城事件を描き切ったか?」に、梅茶さんからコメントをいただいた。  記事では掘り下げなかったところを突いていただき感謝に堪えない。  以下は、梅茶さんのコメントへの返信として書いたものである。

この記事へのコメント

1. Posted by タケヤ   2015年08月23日 20:27
「日本の〜」岡本版の方が面白いですか?

僕の仲のいいお客様さえも
「今作もなかなか頑張ってるが岡本版の方がいい。」
と言われています。
ふじきさんの言われる役者陣の名前見ると
濃いぃですね。

一度鑑賞してみようと思います。

PS都会はすげーなあ。古い「日本の〜」
上映するトコなんか田舎にはありませんよ!
2. Posted by 太川   2015年08月23日 21:06
>多分、三回目
3. Posted by 太川 陽介   2015年08月23日 21:24
すまん。リターンキイ押しすぎた。

>多分、三回目
相当前に、旧文芸座で観たきり。
申し訳ないが、わちきは、リピートするほどハマらなかった。

>天本英世は日本人が考える「キチガイ」という言葉を間違いなく体現している。
「天本英世」さんは死神博士から遡ってるから、そう見えるんじゃないか?
わちきは「大村千吉」さんのほうが、結構ヤバいと思っている。

>今の日本映画で伊藤雄之助みたいな変な顔の役者がいないのは本当に良くない。
「伊藤雄之助」さんは変な顔?
「酔いどれ天使」観てごらん。

今回は、演劇の方々が多いらしく、それなりに頑張ったと思いますよ。(演出もそうです)


鑑賞後思ったこと。
「昭和天皇は、歴史になったんだな」
4. Posted by ふじき78   2015年08月23日 21:43
こんちは、タケヤさん。
原田版の方がアート路線。岡本版の方が大衆路線で、娯楽映画として分かりやすいですね。

東京ももちっと前は名画座の数が倍以上あったからもっと接触率が高かったんだけど。いや、泣き言は言うまい。
5. Posted by ふじき78   2015年08月23日 21:52
こんちは、先輩。

押すのは北乃きいだけにしてください。
そんなにファンじゃないけど胸とか押したいな。

大村千吉さんはあの「狂鬼人間」の人ね。スチールでしか見た事ないすよ(若いんだもん)。

伊藤雄之助は基本路線、変な顔でしょ。「酔いどれ天使」は機会があれば見たいですけど。

原田版は要所要所知名度のない役者を使っているんだけど、みんないい顔してて悪くないですね。役者の知名度に引きずられないのが逆にいいかもしれない。映画も悪くないです。相対的に岡本の方が好きってだけ。

昭和天皇は歴史になりましたね。今までは触れられませんでしたからね。
6. Posted by クマネズミ   2015年08月23日 22:04
今晩は。
現代の伊藤雄之助は例えば嶋田久作だと言ったら、「器が違う」と怒られるでしょうね(まして篠原信一を持ち出したりしたら!)!
7. Posted by ふじき78   2015年08月23日 22:32
こんちは、クマネズミさん。
嶋田久作は脳裏に浮かびました。
篠原信一は………伊藤雄之助は生きてたらポケモンの声とかやるかなあ。やりそうな気がするなあ。でも篠原信一は演技とかしない人でしょ(外見とポケモンの声やった事しか知らない)。
8. Posted by ナドレック   2015年08月29日 20:18
こんにちは。

>今の日本映画で伊藤雄之助みたいな変な顔の役者がいないのは本当に良くない。

黒澤明版『椿三十郎』の劇中で「つまらねえツラ」とボロクソ云われる城代家老はどんな顔かと思ったら、伊藤雄之助さんが本当にショボイ感じで演じており、あまりの適役に驚きました。
森田芳光版では藤田まことさんが城代家老で、ビミョウ。その藤田まことさんもすでに鬼籍に入りましたが。

田崎潤さんのキチガイっぷりも見どころですね。
9. Posted by ふじき78   2015年08月29日 23:35
こんちは、ナドレックさん。
伊藤雄之助はいつもやる気がなさそうだったり、イヤイヤ感が強かったり、あの個性は今いないですね。藤田まことは貌は長いけど、目が丸くて案外お茶目な顔だからなあ。

田崎潤を初め、あちこちに濃い役者が出てて、面白いったらたまらない。
10. Posted by タケヤ   2015年09月16日 21:32
岡本版見ました。

(いつもの如く月並みですが)
黒沢さんすごいっすね。怖すぎましたわ。。。

あと(真面目に)ジワジワと後でくる作品ですね〜。
11. Posted by ふじき78   2015年09月17日 21:16
こんちは、タケヤさん。
松坂桃李が演じる際、決して前作は見ないようにと念押しさせられたらしいです。確かに見たら絶対、影響されますよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『アパッチ砦』『マルクス捕物帖』をシネマヴェーラ渋谷で観て、いやいやホホホふじき★★★★,★★★『日本のいちばん長い日(原田版)』をUCT4で観て、努力は認めるがやはり岡本版が好きふじき★★★