『蟲師 特別篇 鈴の雫』をシネ・リーブル池袋2(右)で観て、しっかり作ってあるとは思うふじき★★『攻殻機動隊 新劇場版』をトーホーシネマズ渋谷5(2F)で観て、あかんわふじき★★

2015年06月25日

『駆け込み女と駆け出し男』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、そのスピードは違うに違いないふじき★★★

五つ星評価で【★★★筋の通ったカタルシスが欲しい所】

つまらない訳ではない。
様々な人生がテストケースのように詰まっていて、
なかなか興味深い話を色々聞かされてナルホドと思ったりする。
だが、話の中で一本筋を通って貫いてるような気持ちのいいカタルシスがない。
(本来は中村信次郎の成長譚が縦軸なのだろうが大泉洋だと育つ気がしない)

そしてちょっとイラっとしたのは映画の中の江戸弁が妙に早口で聞き取りづらかった事だ。べらんめえの江戸弁は京言葉に比べれば早口と感じる事もあるだろう。ただ、検証し様がないのだが、綿々と伝えられている落語の「間」などから考えても、あの速度での会話はありえないと思う。ありえない物を再現しようとしているのは、それだけの長さの脚本を書いてしまったが、時間内にも納めたいという欲求の板挟みにあったのではないだろうか。前、三谷幸喜が同じような事態をやはり早口で演じさせて間をバラバラにして失敗したのを見た記憶かある。本作はコメデイー寄りではあるがコメディー一本やりではないので、耐えられなくなるほどの「イヤ感」は感じなかったが、監督には反省してほしい。

登場人物でいいのは、骨太な感じの戸田恵梨香、いるだけで名人芸のような樹木希林、凛としてるけど幼くて折れそう感もある陽月華。満島ひかりと堤真一ペアの秘密も面白かった。大泉洋はいつも通りだが、こういう軽くて適度にだらしない感じをこなせる役者が他に思い浮かばないからしょうがない。


【銭】
トーホーシネマズメンバーズデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
駆込み女と駆出し男@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
駆込み女と駆出し男@映画のブログ
駆込み女と駆出し男@映画的・絵画的・音楽的
駆込み女と駆出し男@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 火膨れがあったとしても、戸田恵梨香の顔を「それでは男が寄り付くまい」
 とののしるのはいくら何でもリアリティに欠ける。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

10. 『Kakekomi』 駆け込み女と駆け出し男  [ キマグレなヒトリゴト: IN PERTH ]   2015年11月03日 21:45
英語のタイトル「Kakekomi」じゃあ、なんのこっちゃって話ですね。  ずっと気になっていた作品だったのでこのJapanese film festival で見れてよかったです。なかなか長かったけど楽しめま ...
9. 「駆け込み女 駆け出し男」☆粋な江戸のお伽噺  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2015年06月30日 09:50
大泉洋主演?ときたら、もっとおふざけな映画かと勝手に思っていたら、なんのなんの。 江戸を舞台に繰り広げられる、粋な人情ものだったyo もちろん笑いも忘れない、大人の洒落たお伽噺☆
8. 駆込み女と駆出し男 ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年06月27日 16:06
劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たち...
7. 駆込み女と駆出し男  監督/原田 眞人  [ 西京極 紫の館 ]   2015年06月27日 09:38
【出演】  大泉 洋  戸田 恵梨香  満島 ひかり  樹木 希林 【ストーリー】 江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習...
6. 駆込み女と駆出し男/大泉洋、戸田恵梨香  [ カノンな日々 ]   2015年06月27日 09:11
井上ひさしさんの時代小説を原案に大泉洋さんの主演で江戸時代の縁切寺の東慶時で繰り広げられる離婚を巡るドラマを描く人情喜劇です。 出演はその他に、満島ひかり、内山理名、 ...
5. 駆込み女と駆出し男  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年06月26日 22:25
個人的には結構楽しく観られた。
つい最近みた、「百日紅」も案外こんな感じの実写版ができたんじゃないのかな〜とか ちょっと枝葉。 サブタイトルにもちょこっと書いたんですけども、 セリフのやり取りがいかにも江戸というか、この作品の雰囲気を作ってるパーツのはずなんですが ところどころ何言う...
3. 駆込み女と駆出し男  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2015年06月26日 01:32
駆込み女と駆出し男 -メインテーマ- [MP3 ダウンロード]駆込み寺に集うワケ有の女たちと離婚調停人の男のユニークなやりとりを描く時代劇「駆込み女と駆出し男」。粋な美女・お吟の秘 ...
2. 『駆込み女と駆出し男』が捧げたオマージュ  [ 映画のブログ ]   2015年06月25日 07:49
 唯一『駆込み女と駆出し男』の残念なところを挙げるとすれば、こんなに面白いのに上映時間が143分しかないことだ。やっぱり185分は欲しかった。  原田眞人監督が時代劇!?  本作のことをはじめて知ったとき、私は意外な組み合わせのように感じた。幅広い作品を撮っ
1. 駆込み女と駆出し男  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年06月25日 05:25
 『駆込み女と駆出し男』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)『夏の終り』で好演した満島ひかりが出演しているというので、遅ればせながら、映画館に行ってきました。  本作(注1)の当初の時点は天保12年(1841年)(注2)。  冒頭では、女義太夫ら十数人が腰縄でつな...

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2015年06月25日 05:28
お早うございます。
火脹れの戸田恵梨香の顔を「それでは男が寄り付くまい」と武田真治がののしるのは、他の男に気が向かないよう暗示をかけたものかもしれません。そういえば、大泉洋の早口の江戸弁も相手(観客も?)を幻惑させるための方便かも知れませんし、女の樹木希林の源兵衛役もありえないことながら逆にリアリティがありました。満島ひかりにしても、堤真一といる時は咳一つしませんし、なんだか監督によって皆が煙に巻かれてしまったような感じがしてきます。
2. Posted by ふじき78   2015年06月25日 21:33
こんちは、クマネズミさん。
本作でそういうシーンはなかったんですが、丹那の顔を焼いてモテなくするってのが割と楽しいんじゃないだろうか?
3. Posted by 太川 陽介   2015年06月28日 00:24
>映画の中の江戸弁が妙に早口で聞き取りづらかった事だ

皆、そうだったんだ。
話には聞いていたんで、「字幕付き」で観ました。
(「海街」も字幕付きで観ました。)

この監督の作品をはじめて観たんだけど、きちんとした(?)
画を撮る監督なんだな。

わちきも、この作品の大泉洋はちょっといやだ。
戯作者の役だって、イケメンが演じてもいいんじゃないかい?
4. Posted by ふじき78   2015年06月28日 21:06
こんちは、先輩。

うん、早口発音は不評ですね。早口にして耐えられるほど滑舌よくないんですよ。

大泉洋は他の役者で済むなら他のがいいんだけど、この映画はうまくこなしてたと思います。悪くはないけど、見飽きだしてるって言う感じですかね。
5. Posted by minori   2015年11月03日 21:42
確かに火ぶくれごときで美しさは変わらないですよね。うん。

樹木希林のいるだけで名人芸w確かに存在だけで凄いですもんね。

大泉さんの役、他がまったく思いつかないんですけど、どうなんでしょうねー。いるのかなぁ。堤さんはあの声の良さがラストに活かされた気がします。
6. Posted by ふじき78   2015年11月04日 00:11
こんちは、minoriさん。
戸田恵梨香様の容姿があんな傷程度で負けたりはしない。リアルはともかく、お話の上では傷くらいあった方がアクセントでいいです。

大泉洋の代役は芸人辺りから……

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『蟲師 特別篇 鈴の雫』をシネ・リーブル池袋2(右)で観て、しっかり作ってあるとは思うふじき★★『攻殻機動隊 新劇場版』をトーホーシネマズ渋谷5(2F)で観て、あかんわふじき★★