『超能力者』をシネマート六本木1で観て、時間を忘れる面白さじゃんふじき★★★★『寄生獣 完結編』を109シネマズ木場5で観て、演技に気圧されるふじき★★★★

2015年04月29日

『バードマン』もういっちょ(ネタバレ)

『バードマン』について、風呂に入りながらちょっと気付きがあったので、
一つ記事を加えて書き添えておく。

ネタバレ注意

冒頭、マイケル・キートンの空中浮遊で始まり、
ラスト、エマ・ストーンの表情から空を飛んでいるであろう
マイケル・キートンが想像できる。
映画内で隕石が落ちて来たり、竜のようなものが現れたり、
ヒーロー、バードマンの姿が現実に現われる所はあくまで
演出として妄想と分かるように描かれている。

だが、冒頭、ラスト、
それとチョコチョコ細かく映るテレキネシス(念動力)映像については
妄想に偽装されている部分もあるが、それが現実であるとしてもおかしくない。

とするなら、マイケル・キートンはあの世界で超能力を使える男なのである。
色々な技法により、自分を他人に見せる、それが演技であるなら、
若かりし彼が演じたバードマンは、誰よりも彼的な存在であるため、
演技とは言えないかもしれない。素の状態でセリフを喋っているだけ。
彼が役者として生きるためには彼と全く違う存在を演じなければならない。
そこで、彼は舞台に出て、等身大の超人でない人間を演じる。

彼は等身大の人間を正しく演じられる。
それは彼が異常な人間(超人)である為に、
自分と等身大な人間の差異をはっきり自覚できるからだ。
だが、無知蒙昧な観客は、その差異を曖昧な空気としてしか認識できない。
だから、彼は観客に自分が超人ではなく、
等身大の人間である事を骨の髄まで信じ込ませなければならない。
彼は実弾の銃を使い、死ぬかのように演じて見せた。
彼は超人なので、死なない事が分かっているにもかかわらず。
観客は度肝を抜かれた。
舞台の登場人物の彼と、役者の演技が完全に一致したからだ。
だが、それは実は死なないのに、死の演技を巧みに演じている彼に負かされている、
そういう状態なのだ。
彼は観客や批評家に演じ勝った。
批評家の舞台しか見ていない狭隘な審美眼では
彼が本当の超人である為に死なない事など分かりはしないだろう。
仮にそれが分かったとしても、それを発表する機会やメディアは
彼女に微笑んではくれまい。
巨大でヒステリーな流れの前では、
一人の評論家の本当に正しい言説があっても届きはしないのだ。

という物語なのではないか?


▼関連記事。
バードマン一つ目@死屍累々映画日記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

5. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ いやいやえん ]   2015年09月11日 07:22
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウ
4. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ 銀幕大帝α ]   2015年09月04日 15:18
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
3. 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2015年05月15日 09:52
2015/4/15、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン。H列。I列でもよかった。 この日、3階ノースポート、紀伊国屋書店前で、 キッザニアに向かう大勢(数百人)の中学生軍団に遭遇。 この近くの中学校が大挙してキッザニアに行くとも思えないので、 どこか...
2. 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」  [ 或る日の出来事 ]   2015年05月10日 10:12
ユニークだなあ!
1. 映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2015年05月03日 08:39
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...

この記事へのコメント

1. Posted by 隆   2015年04月29日 23:57
バードマンとは、マイケルにとっては、過去からのメッセージではなく、現在進行中の形ある存在だとしたら、死は不可避となるし、幻ならば死なない、となりますね。バードマンは、マイケルの意志の強さ弱さによって、現実化する、イメージの産物かも知れません。それを求める意志が強まると、かえって、偶像が現物化して、死に得る存在になるかと。
2. Posted by ふじき78   2015年04月30日 23:31
こんちは、隆さん。
バードマンの存在もしくは不在がマイケルの不死身性を脅かすという事は特にないと思っています。ただ、マイケル、バードマンも含めた全ての映画内事象がエマ・ストーンの薬物障害による妄想の産物という可能性ももちろんあるのですが。
3. Posted by    2015年05月01日 00:39
自分の分身ですからね。バードマンは、畏怖の対象ではなく、マイケルにとって、栄光の陰であった。だから、幻覚であり、導き手でもあり、マイケルは待っている感がありますね。演劇の神が降りて来た、とかそんな感覚じゃないかと思います。
4. Posted by ふじき78   2015年05月01日 05:28
こんちは、隆さん。
バードマンはウッディ・アレンの「ボギー俺も男だ」に出てくる不甲斐ない主人公を叱咤激励するハンフリー・ボガードの妄想の類型だな、と思って観てました。特別な人間だからというよりは、病的寄り。
5. Posted by ボー   2015年05月10日 10:16
エマちゃんは自分の超能力を他人に言えずに悩んでいたのだ。しかし、父も同じだったと知って微笑んだ、そんなラストだったのだ!
めでたしめでたし。のほうが好きかもしれない。
6. Posted by 携帯ふじき   2015年05月10日 11:20
あれか、薔薇をキムチくさくする能力

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『超能力者』をシネマート六本木1で観て、時間を忘れる面白さじゃんふじき★★★★『寄生獣 完結編』を109シネマズ木場5で観て、演技に気圧されるふじき★★★★