2015年04月25日

『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語』を109シネマズ木場5で観て、殿様相撲ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★星一つはギリオマケ。泣かせは強くないけど、充分娯楽だ】  

今回のしんちゃんは春日部を離れ、転勤でメキシコにという思い切った展開。
そこで繰り広げられる殺人サボテンとの死闘。

フォーマットが無茶苦茶ホラーに忠実。
いやあ、分かってる。
そのホラーテイストの中でもバシバシ入ってくるしんのすけのおバカギャグ。
劇場いっぱいのお子さんと一緒に見てください。
面白い映画を年齢関係なく一緒に見れるのは幸せだよね。
子供はリアクションいいからノリよく楽しめるぞ。

サイドストーリーで入るシロやしんちゃんの友情エピソードも又、
短い時間によく入れたとばかりな入れ漏れがない感じ。

サボテン(ゾンビ)から逃げるのはしんちゃん一家と、
町の発展しか目がない町長(『ジョーズ』の町長みたいなの)、
グラマーラテン系美女、戦力にならないマリアッチ、
ITに詳しい理系少女、臆病者の怪力男。揃ってる揃ってる。
ホラー物で乳児(ひまわり)を出したのは画期的かもしれない。
もっとも守るべき存在だが、ゾンビを引き付けてしまう厄介者でもある。

ラテン系美女カロリーナは坂本真綾。すごいボン・キュッ・バーン。
しんちゃんの世界で痩身のすらっとした巨乳でデザインいいのが凄いなあ。

スマホちゃんは指原莉乃。普通にプロだと思って見てたので上手かった。

あと、日本エレキテル連合がセルフな役で出てた。
彼女たちはこの辺がキャリアのてっぺんじゃないかと思う。


【銭】
毎月19日は109シネマの会員サービスデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜@ぴあ映画生活


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2015年 日本 104分 コメディ/アドベンチャー 劇場公開(2015/04/18) 監督: 橋本昌和 『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』 絵コンテ: 橋本昌和 原作: 臼井儀人 主題歌: ゆず『OLA!!』 声の出演: 矢島晶子:しんのすけ なら...
2. 「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2015年06月20日 17:57
今年も、君に会えてよかった。 「クレしん」とラテンアメリカは実は相性がいい。 しんのすけが使う一人称の「オラ」と西語あいさつの"?・Hola!"はもちろん、本当にまる出しにするかはともかく、お尻を振る踊りやおバカなノリはラテンに通じる。南米在住時に...
1. 『ワイルド・スピード SKY MISSION』がウケる国はどこ?  [ 映画のブログ ]   2015年05月03日 11:07
 【ネタバレ注意】  ワイルド・スピードシリーズがもっとも受けている国はどこだろうか。  世界でヒットする映画はたくさんあるが、そのヒットの仕方は様々だ。全世界で12億7422万ドルもの興行収入を叩き出した『アナと雪の女王』がその50%以上を北米と日本だけで稼ぐ

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロ之   2015年11月14日 20:55
こんばんは。
指原が普通に声優していたのには驚きました。
ひろしの回想とか、風間くんとの別れとか、前半での涙腺を刺激してくる演出がズルいですわぁ。
2. Posted by ふじき78   2015年11月14日 23:46
こんちは、ヒロ之さん。
大人向けの涙腺ネタを用意しつつ、子供向けのくだらないギャグを途絶えさせないのが実に上手いですわ。こういうのをちゃんと大人として見ておくべき。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字