2015年01月12日

『キョンシー』をHTC渋谷1で、『ボーグマン』をHTC渋谷3で観て、

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

シッチェス映画祭ファンタスティックセレクションから二本。

◆『キョンシー』
五つ星評価で【★★霊幻道士っぽいゆるさがないのは構わんけど話には引き込まれなかった】  

キョンシーがぴよんぴょん飛び跳ねないのは全然かまわんのだけど、
話が見えづらい(いや、結局見切れなかったんだっけかな)。
つーか、やっぱり何がしかの満足感を得て映画は観終わりたいのだが……。
恐怖を成立させる為のビジュアルはキョンシーに限らず、いろいろ大変良い。


◆『ボーグマン』
五つ星評価で【★★良くできてるけど、好きではない】 

観終わって、ボーグマンがやった事や、その結果は分かっても、ボーグマンが何者かは分からない。少なくともヒーローではないし、ヒーローの対立概念のヴィランでもないから、『ボーグマン』というヒーローチックなタイトルは心がそっち向きに誘導されちゃうからちょっと嫌だなあ。高尚な映画祭で『森の隣人』みたいなタイトルで上映されていそう。あ、カンヌで上映されたのか。


【銭】
『キョンシー』はテアトルのメンバーズカード割引で1300円、『ボーグマン』はテアトルの水曜割引で1100円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

5. ボーグマン  [ マープルのつぶやき ]   2016年02月27日 16:02
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ボーグマン」 原題:Borgman 監督:アレックス・ファン・バーメルダム 2013年 オランダ=ベルギー=デンマーク映画 113分 R15+ キャスト:ヤン・ベイブート      ハーデウィック・ミニス      イェルーン・ペ
4. ボーグマン  [ 銀幕大帝α ]   2016年01月04日 20:50
BORGMAN 2013年 オランダ/ベルギー/デンマーク 113分 サスペンス R15+ 劇場公開(2014/10/25) 監督: アレックス・ファン・ヴァーメルダム 脚本: アレックス・ファン・ヴァーメルダム 出演: ヤン・ベイヴート:ボーグマン ハデヴィック・ミニス:マリーナ ...
3. ボーグマン  [ いやいやえん ]   2015年06月21日 07:24
【概略】 静かな森の中にたたずむ高級住宅地。そこへ現れた謎の集団ボーグマンは、裕福な夫婦、彼らの3人の子供たちと乳母を、慎重にそして確実に支配していく。ボーグマンとは何者なのか!? サスペンス 謎の集団が裕福な家庭に入り込み、全てを破壊し、またどこか
2. キョンシー  [ いやいやえん ]   2015年02月06日 17:36
【概略】 俳優として落ちぶれ、家族からも見放された男が、化けものが出ると噂される集合住宅に入居。噂どおり様々な異形の者たちが現れ、パニック状態となるが…。 ホラー キョンシーが清水崇制作でダーク・ホラー(シリアス)として復活。 まさか知らない人は
1. キョンシー  [ 銀幕大帝α ]   2015年02月05日 21:25
屍/RIGOR MORTIS 2013年 香港 101分 ホラー/ファンタジー R15+ 劇場公開(2014/10/25) 監督: ジュノ・マック 製作: 清水崇 脚本: ジュノ・マック 出演: チン・シュウホウ クララ・ウェイ パウ・ヘイチン アンソニー・チェン <ストーリー> 死に場所...

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2015年01月12日 02:06
超音戦士?
と、誰もが突っ込むんでしょうな……。
2. Posted by ふじき78   2015年01月12日 08:34
こんちは、ナドレックさん。
「超音戦士」は知らんでしょう、普通。
ちなみに私は原典未鑑賞でいきなり劇場版見て何だか分からなかったという事だけ覚えてます(もう絵も覚えていない)。あー、今はなきアニメ専門シアター、テアトル池袋で観たんだよなー。
3. Posted by ヒロ之   2015年02月05日 21:27
こんばんは!
ビジュアルに拘りすぎかなぁと。
物語の方も煮詰めて欲しかったです。
『ボーグマン』も今月レンタルされるので観る予定ですけど、そんなに期待しない方が良さそうですね。
4. Posted by ふじき78   2015年02月05日 23:35
こんちは、ヒロ之さん。
「ボーグマン」は私は好きじゃないですが、結構これを推す人は多いですね。ちょっと変わってるけど悪くはない。でも、爽快感とか皆無です。
5. Posted by maki   2015年02月06日 17:39
銭剣とかも、昔のキョンシーにありましたよねー
そういう懐かしいアイテムの数々に、
怖い>ノスタルジー
になりました
6. Posted by maki   2015年02月06日 17:39
違う。逆だ
ノスタルジー>怖い
7. Posted by ふじき78   2015年02月06日 21:11
こんちは、makiさん。
あっ、俺、霊幻道士見てないや(多分、唯一見たのが霊幻道士とブッシュマンが戦う奴)。
8. Posted by maki   2015年06月21日 07:26
超音戦士ボーグマン!とかってどこかでみたな。
確かに地球を救ったりはしないし、
「一体なにものなのか!?」と投げといて結局判明しないまま終わるんですが、
これ寄生みたいなものかなーとか思うと
やっぱり宇宙人か謎の生物の侵略ものだったのかもとも
土の中で眠る彼らがシュール!
9. Posted by ふじき78   2015年06月21日 08:17
こんちは、makiさん。
話の上で何者かは明かされないんですけど、ヒシヒシと外堀を埋めていく宗教団体みたいな気持ち悪さがありました。物語の上でボーグマン=新興宗教って言っちゃうのは暴論ですが、気持ちとしてはそんな感じじゃないかと思ってます。

似ているのに分かりあえない。
だから、気持ち悪い。
10. Posted by ヒロ之   2016年01月04日 20:54
こんばんは。
明けましておめでとうございます。
「ボーグマン」と「バードマン」の世界を合体させたら、物凄く意味不明な映画になるでしょうねぇ。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!
11. Posted by ふじき78   2016年01月05日 00:50
あけましておめでとうございます、ヒロ之さん。
「ボーグマン」+「バードマン」=「イングリッド・バーグマン」?

 違う
 違う
12. Posted by ミス・マープル   2016年02月27日 16:04
なんとも不思議な映画でした。
でも「バードマン」よりも「ボーグマン」の方が好き。
残虐な面があるのに心を惹かれるのは、あら、洗脳されたのかしら。
これは怖い。
13. Posted by ふじき78   2016年02月27日 21:52
こんちは、ミス・マープルさん。
とりあえず、「ボーグマン」は「バードマン」みたいにワンカット撮影をしなくてもいいかな。家が町ん中じゃないからブリーフ一丁で追いだされてもそんなに困らなくても良さそうだ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字