『楽園追放』を新宿バルト9−5、『インターステラー』をミラノ座2で観て、日米ハードSF決戦だふじき★★★★,★★★(ネタバレ気味)マンガ『あさひなぐ 第十三巻』こざき亜衣、ビッグコミックスを読書する男ふじき

2014年12月09日

『ひ・き・こ降臨』をシネリーブル池袋2で観て胸糞悪いいい映画だふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★役者の演技としっかりした演出】
  
6日間限定レイトショーなので、油断してると終わってしまう。
ポスタービジュアルから幽霊系のホラー映画と思って足を運んだ。

一度手を下した復讐の為に主人公が追い詰められるサスペンスホラーだった。

とても自然な導入部から着地はそこなのかというラストまで、話に無理がない。
超常現象的な事は起こらず、あくまで、人間本来の心が持つ怖さが描かれる。

人間は怖い。同じと思って油断していると全く違う思考経路を持っていたりする。

主役の女子三人はみんな演技が達者だ。
普通にそこいらにいる若い女の子を連れてきたみたいにしか見えない。

主役の秋月美佳のリアルな感情表現、
主役に敵対する小宮一葉の抑制した不明瞭さと徐々に昂ぶっていく残虐さ。
二人の友人に挟まれ、徐々に主役に敵対していくサイボーグかおりの致し方ない明るいプレッシャー。失礼ながら全キャストで名の売れた役者は一人も出ていないが、誰一人として踏み外した演技をする者がなく、同じ調子の演技として統一統制されている。いい演出力だ。


【銭】
シネ・リーブル池袋日曜夜割で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ひ・き・こ 降臨@ぴあ映画生活


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『楽園追放』を新宿バルト9−5、『インターステラー』をミラノ座2で観て、日米ハードSF決戦だふじき★★★★,★★★(ネタバレ気味)マンガ『あさひなぐ 第十三巻』こざき亜衣、ビッグコミックスを読書する男ふじき