2014年01月16日

日本インターネット映画大賞・日本映画2013年分の投票記事だ、ふじき

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「みなさん、さようなら」  7 点
  「宇宙戦艦ヤマト2199 そして艦は行く」7 点
  「旅する映写機      」  3 点
  「かしこい狗は吠えずに笑う」 2 点
  「立候補               」  2 点
  「桜、ふたたびの加奈子」  2 点
  「箱入り息子の恋      」  2 点
  「横道世之介       」  2 点
  「暗闇から手をのばせ  」  2 点
  「じんじん         」  1 点
【コメント】
 人生、アニメ、ドキュメンタリー、ホラー、ラブロマンス。
 今年はいい感じにバラけた。上三つを突出してリスペクト。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [中村義洋       ] (「みなさん、さようなら」)
【コメント】
 邦画であんなにドキドキさせられるアクションが作れるなんて

【主演男優賞】
   [濱田岳        ] (「みなさん、さようなら    」)
【コメント】
  いくら童顔とは言え・・・

【主演女優賞】
   [田代さやか      ] (「くそガキの告白   」)
【コメント】
 あんなカットを見せられちゃうとねえ。広末や夏帆ちゃんや杏ちゃんにもあげたかったけどイスが一つだからしゃーない。

【助演男優賞】
   [遠藤賢司       ] (「中学生円山     」)
【コメント】
 ゼロの田中泯にもあげたいが、多分、このエンケンは一生で一番の演技なので。

【助演女優賞】
   [釈由美子       ] (「リトル・マエストラ 」)
【コメント】
 わっはっは。単に釈ちゃんが好きだからだ。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [剛力彩芽       ] (「清須会議      」)
【コメント】
 ガッチャマンの反動

【音楽賞】
  「楽隊のうさぎ
【コメント】
 いい音も悪い音も網羅されている。そして音その物が映画という何かとても特殊な映画だった。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [[ひみつ           ] (「ひみつ        」)
  「ひみつ           」
【コメント】
 ひみつ

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字