2014年01月08日

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』を新宿バルト9−3で観て、とりあえず目を通してほしい作品だふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★欠点もあるけど】

素直に何だかアニメって楽しいじゃんと思える映画。

問題は話の構成が下手なこと。
一つの事件がどんどん拡大して大事故になり、それを最後に食い止める、が荒筋だが、
事件の核心(そもそも何をやろうとしていたか)と暴走(何故、暴走したのか)、
そして暴走解消の意味づけ(何をすれば解決するのか)が、不明瞭なので、
何が起こってるのか、何をすれば解決するかが分からず、見ていて宙ぶらりんだ。
話としては致命傷なのだが、にもかかわらず、私はこの映画を推す。

これを推すのは冒頭でも書いたように、
これが、とても明るく、気持ち良くなる冒険談だからだ。
暗い話が悪いという訳ではないが、
どのアニメ見ても皆が同じ方向に真面目ぶって俯いてるのはつまらん。

前を向いて計算せずにガムシャラにただ走るような
バカな主人公がとても気持ちいい。
「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」なんて
みんな同じ向きを向いてちゃダメだ(エヴァはいい、そういうものだから)。
昔のアニメは割とこういう出たとこ勝負のバカばかりが主人公だったことを考えれば
日本のアニメっていつの間にか無条件に年齢層が高くなって、なりっぱなしなんだな
(と言っても『しわ』程じゃないが)

主人公のヨヨの破天荒なところ、それを抑えるネネのいい感じでの控えめ感。
あと、とても尊大で誰も口出しできないヨネの威圧感なんかが好き。
いい感じで、みんなキャラ立ちしている。

それにしても興行の系列が小さいな。
宣伝一つせずに「あわよくば」って商売なのだろうか?
ちゃんと正しく大声をあげないと、
今は作品の存在そのものが埋もれてしまう時代だから
躊躇なんかしてちゃダメだ。


【銭】
バルト9の平日時間帯割引シネマチネーを使用して1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ@ぴあ映画生活

PS プレゼント前に観ちゃって貰えなかった「ヤキソバ」。
 早く観たのにそういう仕打ちかい!
 (平たく言うと、早目に見てあげた方が興行的に有利に働くのである)


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4. 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年01月19日 17:21
面白かったけど、客少な!
3. 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ  [ Koh now do Cha ca takin' ]   2014年01月16日 19:34
『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』 (2013・日本・1h40) 監督 : 平尾隆之 声の出演 : 諸星すみれ、加隈亜衣、沢城みゆき、櫻井孝宏、佐々木りお、本田貴子、氷上恭子 魔の国ののろい屋ヨヨが横浜で起きる怪現象に立ち向かう。 良質のアニメーション。 『リトルウィ
2. [映画][☆☆☆★★][ヲタ話]「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2014年01月12日 11:36
 ひらりん著「のろい屋しまい」シリーズ原作。「ゴッドイーター(PV )」の平尾隆之監督×ufotable製作。魔法や呪いをかけたり解いたりする事を生業とする「のろい屋」を営む魔女っ子姉妹のヨヨとネネが、魔法世界と現代世界を巻き込んだ大騒動を解決するべく奮闘する、
1. 「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」  [ みんなシネマいいのに! ]   2014年01月12日 07:18
 魔の国に暮らし、呪いを掛けたり解いたりする“のろい屋”を営む魔女の姉妹ヨヨとネ

この記事へのコメント

1. Posted by 太川陽介   2014年01月08日 23:32
アラシ見参!

>平日時間帯割引シネマチネー

ついでに、

>月曜メンズデー

こら、「ハローワーク」に行ってんのか?

まあ、奴隷市はいつでもやってるか。
2. Posted by ふじき78   2014年01月09日 09:10
こんちは、先輩。

求職活動はそれなりにいい加減にやっちょる(前職の疲れが響いてあんまやる気ないという体にしてる)。

ちなみに「ヨヨネネ」のマチネーは年末年始だからハロワがもうあいてない時期、メンズデーとかはハロワと組み合わせだったり。1日まるまるハロワにいても、そうそう何かが進むという訳でもないので。

何となく隠居した爺さんのボケ防止みたいな仕事になりそうな気配が漂ってる。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字