2013年12月31日

『麦子さんと』を試写で観て、やはり断腸の思いで星三つだ★★★

五つ星評価で【★★★これも素晴らしい事は重々承知】

いい映画だ。
そして、ちょっとあざとい。
世の中のほとんどの誰もが親ってうざったいという「麦子さんと」の時期を通り越した末に、今を生きているに違いないと確証しながら、そこにちゃんと乗っかってる。

なんか安泰に胡坐かいてるなあ。

でもね、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』同様、
軽ーく、もっと行儀の悪い展開を期待していたのだ。
う、ううーん。堀北真希主演だから、そっち側に作ることに無理があるよなあ。
麻生祐未の趣味の下りだけはそっち側で吉田恵輔だった(あれ不要な展開だもの)。
という訳で、どんな間柄でも相互理解が必要ですという、普通にいい話の映画です。


堀北真希はそんなに饒舌なイメージがないので、
アニメファンで声優希望と言う、何だかいたたまれないキャラが妙に似合ってる。
母親との接し方が分からず、強くばかり当たってしまうのも、生真面目なイメージの裏返しで実に「らしい」。あと、服がそんなにハイセンスじゃないなのに、彼女なりの一定のルールがあるのが良い。

余さんは大人。そして温水洋一も今回珍しく大人の役どころだ。

松田龍平と堀北真希の絡みそうで空回りするみたいな兄妹関係がリアル。
頼りにされるけど鬱陶しく、影で相当いい加減な松田龍平のキャラは堀北真希が基本、真面目な直線キャラだから凄く活きる。


宣伝で強く推してる松田聖子の「赤いスイートピー」は自分的にはどうでもいい曲なんだけど、あれ、そんなにプッシュ必要か?


これをステップアップとして、真面目な堀北が、吉田恵輔の地雷的感性に翻弄されてハラホロヒレハレな感じの方向に進んだ映画をもう一本撮ってくれないかなあ。


【銭】
売買不可って書いてあった試写状を600円でチケット屋で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
麦子さんと@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
麦子さんと@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 興行は12月21日からで、一週間で打ち切りはないから、
 バリバリの正月映画なんだけど、地味な佳作は正月映画らしくない。
 本来、正月第二段みたいな作品だよなあ。
 正月映画として公開するなら、
 麦子の兄を寅さんに見立てて……他に家族がいないんだよ、あの家。
 いや、単純に火薬の量を増やしてサスペンスにするか。
 亡くなった埋葬許可証の謎。いつも背後に現れる謎のタクシー運転手。
 なんにせよ爆発せえへん!
 温水洋一の頭が常に爆発してるとか言う設定でも付けるか(何言うとんねん、俺)


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

16. 麦子さんと  [ 迷宮映画館 ]   2014年02月28日 08:41
お母ちゃんも痛いんだよ。
15. 麦子さんと ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2014年02月22日 14:17
『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見...
14. 『麦子さんと』  [ ラムの大通り ]   2014年01月21日 09:58
----『麦子さんと』って、 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の 吉田恵輔監督の作品だよね。 「そう。 『ばしゃ馬さん〜』も “夢をあきらめること”を題材としたユニークな作品で 嫌いじゃないんだけど、 ぼくは、こちらを推したいな」 ----“麦子さん”を演じているのが堀北
13. 映画・麦子さんと  [ 読書と映画とガーデニング ]   2014年01月19日 10:44
2013年 日本 声優を目指すアニオタ女子・麦子(堀北真希)23歳母は幼い頃家を出ており、父が亡くなってからは兄・憲男(松田龍平)と二人暮らしをしているそこへ突然、母・彩子(余貴美子)が現れ一緒に暮らしたいという3人で暮らし始めてすぐ、憲男が彼女と同棲...
12. 麦子さんと  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年01月14日 21:44
 『麦子さんと』をテアトル新宿で見ました。 (1)昨年11月に見た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督の続けての作品ということで見に行ってきました。  物語は、主人公の小岩麦子(堀北真希)が、兄の憲男(松田龍平)と二人で一緒に住んでいるところに(父...
11. 麦子さんと/堀北真希、松田龍平  [ カノンな日々 ]   2014年01月11日 22:33
『純喫茶磯辺』『さんかく』の吉田恵輔さんが監督・脚本を手がけ堀北真希さんを主演に町の人々との交流を経て亡き母の知られざる思いを知るというヒロインの姿を描いたヒューマン ...
10. 試写会「麦子さんと」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2014年01月09日 10:27
2013/11/29、一ツ橋ホール。 一ツ橋ホールはあまりお勧めできる試写会場ではないのだが、 前方に陣取ればまずまず。 最前列の2列は可動席で、前5列は傾斜がない。 スクリーンが若干上にあって、そうそう前列がかぶることはないが、 気になる方は6列目から後...
9. 『麦子さんと』 2013年10月24日 よみうりホール  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2014年01月09日 09:28
『麦子さんと』 を試写会で鑑賞しました。 堀北真希を堪能できる良い映画でした 【ストーリー】  声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、帰らぬ
8. 『麦子さんと』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年01月08日 12:39
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想
7. 『麦子さんと』 (2013)  [ 相木悟の映画評 ]   2014年01月06日 00:16
ちょっぴり重く、ほんわか温かい愛しき親子ムービー! チクリと毒の効いた内容ながら、心地良い余韻を残すハートフルな一品であった。 本作は、新鋭の吉田恵輔監督が、長年温めてきた実体験を映像化。原作モノが氾濫する昨今、良質なオリジナルを送り出す吉田監督と名...
 ムービープラスが実施しているムービープラス・アワード 2013。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  今年は男優賞、女優賞が一部門の俳優賞にまとめられ、その代わり作品賞が洋画、邦画に分けられた。  投票に当たっては、例によって当ブログで未紹介の
5. 映画『麦子さんと』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2014年01月05日 12:26
14-1.麦子さんと■配給:ファントム・フィルム■製作年、国:2013年、日本■上映時間:95分■料金:0円(1カ月FP8本目)■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ錦糸町 □監督・脚本:吉田恵輔□脚本:仁志原了◆堀北真希◆余貴美子◆温水洋一◆松田龍平◆麻生裕未◆ガ
4. 麦子さんと  [ とりあえず、コメントです ]   2014年01月03日 00:03
吉田恵輔監督&堀北真希主演で紡ぎ上げた、母の面影をめぐるドラマです。 ニット坊を被った可愛い堀北さんがどんな娘を演じているのだろうと気になっていました。 普遍的な母と娘の愛情とその絆に、すごく分かるなあと思いながらスクリーンを見つめていました。
3. 「麦子さんと」:笑って泣けてウェルメイド  [ 大江戸時夫の東京温度 ]   2014年01月02日 22:39
映画『麦子さんと』を試写会で観ました。『ばしゃ馬さんとビッグマウス』に続く吉田恵
2. 麦子さんと  [ 単館系 ]   2014年01月01日 01:13
麦子さんと テアトル新宿 12/21公開 声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、 かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、 帰らぬ人となる。 麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳歌(
1. 麦子さんと  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年12月31日 19:34
亡き母の故郷で母の素顔を知り成長するヒロインを描く人間ドラマ「麦子さんと」。脱力系成長物語に、人気女優・堀北真希とは意外な組み合わせ。アニメの声優を目指しアルバイト ...

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2014年01月05日 23:55
こんにちは。
温水さんのストーカーぶりとか、町中の彼女への執着とかは、異常と云えるかもしれませんね。
何気に温水さんのタクシーがデス・レース2000年状態で愉快でした。
2. Posted by ふじき78   2014年01月06日 00:11
こんちは、ナドレックさん。

でも温水さんとか周りのおっちゃんたちのは、可愛い感じがして「ギョっ」とはさせられないんだすよね。唾を吐きたくなるようなキツい異常さがいきなり表面に出てくるのが吉田監督の凄みだと思ってたから。あまり得な凄みじゃないから、露骨なのはもうやめちゃったのかもしれないですけどね。
3. Posted by クマネズミ   2014年01月14日 21:43
今晩は。
PSで「他に家族がいないんだよ、あの家」とありますが、父親は3年前に亡くなったばかりなのですから、母方の親類筋とは縁が切れているにしても、例えば父方の叔母さんが様子を見に来て彩子と遭遇する場面があってもおかしくない感じがします。
4. Posted by ふじき78   2014年01月15日 00:58
こんちは、クマネズミさん。

父方はよう分からんのですが、母方は実の親くらいしかいなくて、親が死んでしまったみたいな感じじゃないでしょうか。断絶している親でも埋葬しないといけないので手配は彩子がやって、その時の資料などが彩子の持ち物にあったのではないでしょうかき
5. Posted by sakurai   2014年02月28日 08:40
突き抜けるとこと、あざとい部分のさじ加減が監督はまだ悩んでるのかもしれないですね。
どっちに行こうかと。
あんまり、ハラヒレホロばっかりだと、飽きられると思うので、そっち方面に行くのを躊躇しているのかな。
わたしは、このタッチでいいです。
なんとなく、自分の肌合いとマッチングしてるんで。
6. Posted by ふじき78   2014年02月28日 09:00
こんちは、sakuraiさん。

私はもうちょっとエロいタッチ(ってお触りバーかよ)がいいです。監督はとっても上手く一般化してると思います。それを好むか好まないかは私側の問題じゃないか、なんていう風にも思えます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字