2014年01月15日

『楽隊のうさぎ』をユーロスペース2で観て、顔を見てるだけで面白い不思議な体験ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★少年や少女の一生懸命な顔がいい】

部活映画。
クラブ活動の全てが詰まってる。
自分自身の中学時代の部活より濃密だった(何の部活かは秘密)。

オーディションで選んだ46人の子供が吹奏楽部の演奏をする。長期に渡ってする。
基本、これ以上も以下もない。
でも、その演奏をしてる時の顔と音、ひたむきさ、まとまってなさ、まとまってさ、
などが水上の波紋を飽きることなく見ていられるように面白い。
逆に言えば、この揺らぎを楽しめるかどうかで、全くダメだという人もいるだろう。
映画の中に事件はなくもないのだが、事件らしい展開を見せない。
事件がクルーザーのように水面を切り裂いていくのではなく、
事件も彼等が生活する上で影響を受けたり与えたりする波紋の一つにすぎないのだ。

演奏者の中で主人公がいるパーカッション部隊とフルートの女の子には目が行く。
あと、それ以外でも演奏の中でぱっと目が行く子がいたりする。
息づかいみたいなのに惹かれるのだと思う。
映画でこんな体験は今までなかったから(主役とかは別にして)、とても面白く感じた。

子供たちの額縁として、見守る大人たちが出演しているが、それは映画としての体裁を整える為にすぎない(大人は大人でとてもいい演技をするけど)。

タイトルになってる、楽隊のうさぎが特に説明をされるでもなく、ただそこにいるのも気持ちがいい。


【銭】
ユーロスペース会員制度の有料入場8回分のポイントを使った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
楽隊のうさぎ@ぴあ映画生活


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

3. 楽隊のうさぎ  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2014年05月16日 00:13
楽隊のうさぎ '13:日本 ◆監督:鈴木卓爾「ポッポー町の人々」「ゲゲゲの女房」 ◆主演:川崎航星、井手しあん、ニキ、鶴見紗綾、佐藤菜月、秋口響哉、大原光太郎、野沢美月、塩谷文都、楠雅斗、甲斐萌夢、鈴木早映、佐藤真夕、奥野稚子、百鬼佑斗、湯浅フェリペ啓以...
2. 楽隊のうさぎ ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2014年02月03日 20:41
引っ込み思案な中学生が吹奏楽部に入部したことから音楽の面白さに目覚める姿を描いた中沢けい原作の小説を、『ゲゲゲの女房』などの鈴木卓爾監督が映画化した青春ドラマ。主演の川崎航星をはじめ46人の生徒役には、舞台となった浜松市在住の子どもを中心に、オーディショ...
1. 楽隊のうさぎ  [ 迷宮映画館 ]   2014年01月20日 10:41
日本の素人さんも侮れない。

この記事へのコメント

1. Posted by sakurai   2014年01月20日 10:40
あぁ、うちのちびちゃんは、毎日こうやって練習してんのか・・と思ったりもしたけど、職業柄、ずっと部活の様子は目にしてきたんで、復習のような気分で見てました。
意外によかったのが宮崎兄だったわ。
主人公、ポスター見た時、てっきり女の子が学生服着てるんかい!と思ってました。
最大の事件は財布の行方でしたね。
2. Posted by ふじき78   2014年01月20日 23:14
こんちは、sakuraiさん。

そう言えば財布の結末はすっかり私の記憶から漏れてる。あまり私には必要な情報じゃなかったのかもしれない。

宮崎兄の空気も凄くいいんですが、そんなに出番のない担任教師の寺十吾さんという方の、普通の先生にしか見えないなりきり力におののきました。
3. Posted by Nakaji   2014年05月16日 00:15
こんにちは。
これ結構空気管がよかったです、
素人さんの演技ってって思ったけど、
最後までキラッキラで好きでした。
4. Posted by ふじき78   2014年05月16日 22:19
こんちは、Nakajiさん。
プロがいい演技で脇をサポートする中、素人の中学生は存在感がみんないい意味で「普通」で、いいんですよね。この映画、見て得した感が強かったなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字