2013年11月18日

『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】

三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。

ともかくたくさんの登場人物が出てて、
役なりに美味しかったり、そうでなかったりがある。
俺っちは歴史とか、よう知らんから展開見てるだけで面白かったけど、
普通に歴史知ってる人はつまらんとか、そういう事なのかな?

チラシを見て、役者序列的には四枚看板のように打ち出してるけど
(役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市)、
実際には二枚看板(役所広司、大泉洋)でしょう。

・役所広司 対照の一角、武人らしい武士を演じた。
  あの障子から飛び出す武骨な足の繊細な演技が一番の見せ所になっちゃったけど、
  それでいいのか。
  実は天下を治める才覚がないように描かれているが、
  武士社会全体から考えたら、この人がトップを取って、
  いつまでも天下が平定しない方が(天下統一などない方が)みんな儲かる。
  誰かを滅ぼされなければ、そこの土地を分け与えて出世ができない
  世の中なのだから。だから、実はこの男が百年でも千年でも戦争を続けたがってる
  みたいな気持ちがちょっとでも垣間見えたらもっと面白かったのに。
  (コメディーの範疇から外れちゃうか)
  考えようによっては魔王候補生。
・大泉洋 対照の一角、武人らしからぬ武士を演じた。
  耳のメイクがいい。まあ、でも、お猿と言うよりはモンキーに近い。
  時代劇から抜け出てきたような役所広司のセリフと、
  現代劇とさほど変わらない大泉洋のセリフが交わっても
  おかしくないのがおもろい。
  実は「人たらしの秀吉」の癖に、この映画の中で一番の腹黒に描かれている。
  それがそんなに腹黒に見えないのが大泉洋という役者ゆえだ。
  「平和になった方がいい」なんてのは百姓の理屈、と思えば、
  実はこいつがこの武家社会での一番の悪役なんである。
  考えようによっては現世を破壊する怪物。
・小日向文世 インテリ侍。あの高音の声がうまく嵌ってる。
  お姑さんみたいだよな。そう言えば、この人の出世作はカマだったし。
  この人が役所広司側にいるのは、役所広司が信長が定めた筆頭家老だからだろう。
  実は体制を重んじる人だ。
  だから、この人はこの人で最後に信じた事をやったに違いない。
  考えようによっては一番の役人。
・佐藤浩市 付和雷同侍。
  佐藤浩市をこんな「ふらふら」な役にキャスティングするのが楽しい。
  けっこうガタイもいいのに、映画の中で何かドタドタ騒いでるだけの役。
  考えようによっては、この人は大衆。
  前者3人には社会が「何を中心にしてどうあるべき」というビジョンがあるが、
  この男は自分の利益にかなえば未来はどうでもいいのだ。

ここから先はお得な役順。
・中谷美紀 いなかっべメイクがかーいーなー。
  あの垢抜けないズダダダダダな踊りも何ともよろしい。
  ユーモアを交えながらも、人と人が裏切りあう割とすさんだ話なので、
  こういう裏表がなくて「べちゃ」っとした役は一番お得。
  基本的に今回は女優はみんなお得(除く天海祐希)
  この人は正直が美徳。
  別に世の中がどうなっても多分、生きていける、どうにかなる。
・妻夫木聡 バカ跡目役。
  今、現代劇でこんなに果てのないバカを演じる事は出来ない。
  差別表現扱いになっちゃうからだ。
  あのバカがとても気持ちよさそうなバカでよかった。
  この人は只の馬鹿。
・剛力彩芽 白塗りに乏しい表情で演技させたのが大成功。
  初めてゴーちゃんでいいと思った。
  『ガッチャマン』の100倍いい(というより『ガッチャマン』が100倍悪い)。
  次はどうするかね。こんな役ばっかじゃないぞ。
  基本、本当は大根だからなあ(演技がこん平師匠のようにデカすぎる)
  ダッチワイフとか動かないで乳をモロ出しするような役が適役なんだけど。
  この人は涼しい顔をしながらルサンチマンの象徴。
・伊勢谷友介 織田信長の弟。
  子供の頃はうつけの信長の代わりに織田家襲名を望まれた人物?
  今は逆に「変わり者のうつけ扱い」。
  だとすると、実は一番複雑な目で後継者争いを見ている事になる。
  伊勢谷友介の威圧感のある下から目線って変な演技が面白い。
  又、信長の兜を横にして織田家など滅ぼしてしまえと
  信長が乗り移ったように喋る本心の力強さは
  やはり伊勢谷友介の目力の強さが功を奏している。
  この人は扇動者。但し、扇動の方向に注意を払わない。一番厭世的な人間。
・浅野忠信 清須会議において何をやる訳ではないのだけど、
  秀吉と相対する「規範としての武士」(秀吉は規範を破るし守れない武士)。
  建て前を建て前として貫き通すのも男の美学なんで、かっこいい。
  全国民がこういう人間なら社会主義や共産主義は成功する。
・鈴木京香 「鈴木京香だから」という線はないけど、まあまあ適役。なまもの役。
・坂東巳之助 賢い弟役。この歌舞伎の若い人はよう知らんが、
  ブッキーが凄くちゃんとバカを演じたので、この人の硬さも浮かび上がった。
  真面目馬鹿。
  馬鹿も困るが、真面目馬鹿もそこそこ困る。舞台が大きければ大きいほど。
・でんでん ヅラ以外のハゲが一人くらいいると画面のリアル度が違う。
  といった意味でいい配置。

その他 もっともいらん役は西田敏行と天海祐希

コメディーとしてはあまり自由な事も出来ないので、そんなでもないだろう。
これ、コメディーとして売っちゃいかん。
太河ドラマ『新撰組』と同じくらいの群像劇として見るなら普通に面白い。

やたら東洋人ばかり出てチャンバラもしないで会話ばかりしてる、
ってことでこれをハリウッドに持ってったら、えらく評判悪いだろうな。


【銭】
毎月10日109シネマズのサービスデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
清須会議@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
清須会議@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
清須会議@yukarinの映画鑑賞プラス日記
清須会議@ペパーミントの魔術師
清須会議@徒然なるままに

PS 音楽の小技効いてる感よし。
PS2 瀬戸カトリーヌ、いわゆるカトちゃん、どこにいたんだろ。
 鈴木京香の女中かな?


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

31. 清須会議  [ いやいやえん ]   2014年05月18日 09:55
清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織田
30. 「清須会議」  [ ここなつ映画レビュー ]   2014年02月19日 16:13
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後継者
29. 清州会議  [ 単館系 ]   2014年01月05日 23:33
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、勝
28. 清州会議  [ 単館系 ]   2014年01月04日 22:45
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、勝
27. 清須会議  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2013年12月08日 23:55
11月は何やかやとちょっと忙しく映画館に足を運ぶ余裕がなかったので、今回久しぶりの劇場鑑賞 となりました。 公開からほぼ1ヶ月が経過しているので、平日なら空いているだろうと思って行ったら… なんとまぁ〜!ほぼ満席なのでした。 三谷幸喜、人気あるねぇ〜、恐る...
26. 清須会議  [ 迷宮映画館 ]   2013年12月07日 18:14
まじめか!
25. 映画「清須会議」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2013年12月07日 08:31
2013/11/11、109シネマズ木場、2番スクリーン。 2番スクリーンはIMAXシアターだが、映画は通常版。 プレミアムシート(ポイント会員は通常料金)のL列中央を選択した。 * 役所浩治、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、中谷美紀、鈴木京香、浅野忠信、...
24. 『清須会議』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年12月07日 07:51
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番宣
23. 清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか…  [ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. ]   2013年12月06日 17:17
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(
22. 清須会議  [ 萬歳楽の酒飲み日記 ]   2013年12月06日 15:58
公式サイト  http://kiyosukaigi.com/ 三谷作品は全作鑑賞済みで、本作も公開前から楽しみにしていた。 原作は未読。 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東...
21. 清須会議  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2013年12月05日 23:12
清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しんぺ...
20. 清須会議  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年11月30日 23:51
2013年11月16日(土) 15:30〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 期待していたものとちょっと違う 『清須会議』公式サイト フリーパスポート14本目。 三谷喜劇の最高峰とかの文句で宣伝していたのだが、それ程笑えるものでな
19. 清須会議  監督/三谷幸喜  [ 西京極 紫の館 ]   2013年11月30日 20:47
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市...
18. 三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2013年11月29日 14:42
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
17. 清須会議  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年11月28日 23:04
笑えて見応えあって面白かった。
16. 清須会議  [ 風に吹かれて ]   2013年11月25日 14:58
秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした
15. 清須会議  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2013年11月25日 08:43
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、中谷美紀、戸田恵子、天海祐樹希、西田敏行・・・
14. 映画・清須会議  [ 読書と映画とガーデニング ]   2013年11月25日 08:20
2013年 日本 久々、映画館に活気がありました 日頃、自分が足を運ぶ映画、映画館が地味なので、その差に驚いたというだけのことでしょうケド 信長亡きあと、織田家の行末を決定する会議が開かれた 清洲城を舞台に5日間にわたり繰り広げられた心理戦やいか...
13. 清須会議  [ 花ごよみ ]   2013年11月24日 23:10
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議...
12. 清須会議 : こんな柴田勝家初めて!!  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年11月24日 15:32
 最近は忙しくて、ブログの更新が疎かになっています。でも、どうしても観たい映画は何としても観るつもりです。本日紹介する作品も、どうしても観たかったこちらになります。
11. 清須会議  [ 勝手に映画評 ]   2013年11月23日 19:56
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノローグ
10. 恋と出世の二兎は追えない。(笑)〜「清須会議」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2013年11月23日 00:13
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで 打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに 三谷監督ったら豪華キャストにむかって あ、キミはフォアボールで出てよね。 あ、キミは足遅くても盗塁してよね。 キミはちょっ...
9. 「清須会議」 日本のクレイジーな人  [ はらやんの映画徒然草 ]   2013年11月22日 22:20
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
8. 清須会議/役所広司、大泉洋  [ カノンな日々 ]   2013年11月22日 21:51
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
7. 心理戦。『清須会議』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2013年11月22日 12:54
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
6. [映画『清須会議』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年11月22日 12:40
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
5. 映画『清須会議』観てきた(=^▽^=)  [ よくばりアンテナ ]   2013年11月22日 12:06
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ〜〜ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごいんですよ
4. 清須会議  [ Akira's VOICE ]   2013年11月22日 10:13
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
3. 清須会議  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年11月22日 08:07
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
2. 清須会議  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年11月20日 12:52
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭...
1. 清須会議  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年11月18日 23:25
清須会議 (幻冬舎文庫) [文庫]織田信長亡き後の継嗣問題と領地配分を決めた会議の心理戦を描く群像劇「清須会議」。勝家VS秀吉の根回し合戦に抱腹絶倒。天正10年(1582年)。本能寺の ...

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2013年11月20日 12:56
おー高評価!!
私は日本史にうとくてうっすらとしかわからないのでいい感じに楽しめました。
よくもまぁこれだけの俳優さんを使い切ったなーと思いますね。
2. Posted by ふじき78   2013年11月21日 00:59
こんちは、yukarinさん。

見る前、多少の危惧感があったんですよ。
野郎ばっかみんなチョンマゲで混同しちゃうんじゃないかって。全く無用の心配でした。
ちょっと悔しくはあるけど、総じて三谷はいい仕事をしてると思います。
3. Posted by クマネズミ   2013年11月22日 08:07
お早うございます。
瀬戸カトリーヌは、ご指摘のように、お市様の侍女・小袖役でした。
クマネズミの方は、フジTVの「めざましテレビ」を見ていたら、エンタメ担当の山崎夕貴アナが本作に出演することが事前にわかりましたので、そちらの方に気を取られてしまいました。ちなみに役柄は侍女で、シーンは、ブッキ−が向かい側の廊下を通りかかると彼女がにこやかに笑いかけるため、ブッキーがずっこけて倒れるというところです。なんだか15回位三谷監督にダメを出されたと彼女は話していましたが、そのたびにブッキーは倒れたのでしょうか?
4. Posted by ふじき78   2013年11月22日 09:47
こんちは、クマネズミさん。

なるほどそんなサプライズもあったのですね。
板の間でズッコケルのは痛いだろうになあ。
なんかコケっていうと、そこだけ欽ちゃんがやったら絶妙とか変な連想をしてしまった。
5. Posted by Ageha   2013年11月23日 00:13
>初めてゴーちゃんでいいと思った。
  『ガッチャマン』の100倍いい(というより『ガッチャマン』が100倍悪い)。
  次はどうするかね。こんな役ばっかじゃないぞ。

(≧∇≦*)激しく同意。拍手パチパチパチ・・
ガッチャマンでケチョンケチョンだった分
きっちり倍返しできたかな?(^_^;)
あの最後の( ̄ー ̄)ニヤリは実によかった。

取材にきただけのはずだった山崎アナを
映画に出しちまおうというサプライズだったんですが
おかげでブッキーはOKテイクになるまで
なんどもすっころんだわけで
とんだ災難だったかもね〜。(^_^;)

やっぱ、勝家の「聞いた?」が
最高だったかな。バカだね〜と思いながらも。
ウケタウケタ・・・
役所さん完全にピエロだったな〜。
6. Posted by ふじき78   2013年11月23日 06:01
こんちは、Agehaさん。

すっころぶシーンの女中役に特別出演。そうかあ。そこは注意してなかったなあ。まあ、素人の拙いところをカバーするのがプロだから、ブッキーには災難だけど、そこはいいでしょ。

「聞いた?」は確かに、イキイキしてていいセリフでした(直線的すぎる感情がモロに出てて好感が持てる)。
7. Posted by みぃみ   2013年11月25日 11:36
こんにちは。

三谷さん、マジックアワーに続き佐藤さんで遊んでらっしゃいましたね。
次のターゲットは役所さん?。
毎回、主役が務まる役者さん達を上手に(贅沢に)
使ってらっしゃるな〜と思います。

大丈夫なの?と心配していた剛力さんもナイス配置には拍手!でした。

8. Posted by ふじき78   2013年11月25日 23:31
こんちは、みいみさん。

映画だと佐藤さんが続いてる形ですが、舞台も入れると大泉さんも続いてるみたいなので、次は大泉さん連投かもしれません。

佐藤浩市に役所広司、大泉洋に小日向文世。舞台が大きな役者と小劇場の役者の絡ませ方が見事ですよね。
9. Posted by sakurai   2013年12月07日 18:14
その、ふじきさんが言うような設定で撮ったら、おもしれえと、思うんですが、あくまで今回正統派で行ったとこが、どうにも気に入らない・・てか、監督は好きすぎて、忠実に思い入れがあり過ぎたんじゃないかなあっと。
私が求めるもんと違ってた・・・というだけなんですがね、不満なのは。
10. Posted by ふじき78   2013年12月08日 00:29
こんちは、sakuraiさん。

私見ですが、歴史が好きな人は正統派の物語を書きたがる傾向があるんじゃないですかね。より、歴史に近い物を描く方が「歴史」に対して誠実だから。新解釈、珍説を題材にしちゃうのはSF好き、カウンター・カルチャー好きに傾向が強いんじゃないかな。
私は後者です、バリバリ。
11. Posted by maki   2014年05月18日 09:55
こんにちは
ゴーリキさんのニタリ顔のインパクトが大で
あそこは良いシーンでしたね、うん
12. Posted by ふじき78   2014年05月18日 11:00
こんちは、makiさん。
ゴーリキさんはここで上げた株を「L💛DK」で落としたりします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字