2013年11月04日

『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】

脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。
でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまってる。
どうした、水田伸生(監督)。コメディー映画『252』の手腕はどこにやった!
あの『252』のラストに向けて、
恥も外聞もなく、ありえないくらいハッピーエンドに邁進していく
あのどっかん、どっかん、なカブせを忘れてはいけんよ
(え、コメディー映画じゃなかったっけ?)。

全体、ちょっと長めかなあとは思うけど、
一つ一つのシーンはちゃんと撮れてて、
笑いもきちっと回収できてるので、日本のコメディー映画としては
破格にいい出来じゃないだろうか
(ちなみに破格によくないイメージなのは『ゴルフ夜明け前』)。
全体バランスから言ったら芸能人の謝罪はちょっと長いか。

あえて笑顔を封印してるんであろう井上真央は、
その甲斐もあって、何だか可愛さが半減するという
残念なことになってしまった。役者としては立派だが、
これはもっと役に合った人をキャスティングをすれば良かったのに。
あんな恥ずかしいレオタードで踊ってるのにエロくないってのもどういう事よ。
舐めまわせよ、カメラ。
カメラなしで舐める専門の人がいてもいいぞ(そら違うだろう)。

あと、惜しげもない有名人の無駄使いがおもろい。
遂にチンピラからヤクザの組長になった中野英雄(出世したのう)
このメイクで相棒に出ないかな六角精児。
一挙手一投足がエロに満ちてる岡田将生。
そのエロさをバタバタ嫌がるのが妙に可愛らしい尾野真千子。
そう言えば尾野真千子の携帯メモリに温水洋一の名前があったのは何でだ?
下着メーカーの女子社員と温水洋一の接点が分からん。
変なダンスの竹野内豊はもちっとちゃんと謝る見せ場があっても良かった。
ほんのチョイの記者会見で「別にぃ」と言うあれが川口春奈ちゃんだろうか。
そら贅沢やなあ。観てる時は気づかんかった。
高橋克実と松雪泰子はあんなもんだろ。引出いっぱい持ってるイメージないし。
高橋克実の後妻が美波か。それも気づかんかった。
高級スーツを着せると女代議士にしか見えないのが凄いな濱田マリ。
ちょっとキュートでマヌケな感じも付いてて、これは本当にいいキャスティング。
そして、演技力のある役者の全力を見せられた感がある嶋田久作。
この人も『帝都物語』の加藤保憲が最初と思うと、ついに総理大臣になったんだなあ。

一番笑ったキャスティングがマンタン王国の王様、津嘉山正種。
こないだ『かぞくのくに』で在日朝鮮の偉い人を演じて、
朝鮮人にしか見えなかった人だよ。
衣装は差し置いて、マンタン人と言われればそうにしか見えん
(マンタン人がどんな人たちかは置いておいて)。化けよるなあ。
丹波哲郎が非日本人をいっぱい演じてたのを思い出す。


【銭】
レイトショー料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
謝罪の王様@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
謝罪の王様@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
謝罪の王様@映画的・絵画的・音楽的
謝罪の王様@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
謝罪の王様@ペパーミントの魔術師
謝罪の王様@ここなつ映画レビュー
謝罪の王様@映画のブログ
謝罪の王様@流浪の狂人ブログ
謝罪の王様@迷宮映画館

PS 公開時期が半年違ったら
 「10倍返しの謝罪をするだけさ」って変わってたに違いない。
PS2 製作団体の一つに「大人計画」が入ってる。やりよるなあ。
PS3 外国の方々に日本で暮らす時はちゃんと謝罪しなければいけない事を
 教育啓蒙する為にも、井上真央ちゃんにはちゃんとデリヘル嬢役を
 演じてもらいたかった。えーと、そのパートだけでもいいよ。
PS4 土下座を越える土下座はカイジの焼けた鉄板の上での土下座。
PS5 そう言えば「切腹してお詫びを」と言うのはなかったな。
PS6 いや、「謝罪の女王様」は見たいな。
PS7 「ドカベン」みたいに「プロ野球篇」を作るか。
 世界記録間近の王貞治。
 今日もまた、敬遠。
 「今日もホームランを打てなくて申し訳ありませんでした」
 謝罪の王様
 まんま、思い付いて書いた「迷宮映画館」さんへのコメのコピペだよ、
 創意工夫がないなあ。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

8. 謝罪の王様  [ いやいやえん ]   2014年09月29日 15:59
【概略】 東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。 コメディ 短文です。 えーと途中までは大変面白かったのです。 謝罪のタイミングとかテンポとか、なか
7. 謝罪の王様  [ 銀幕大帝α ]   2014年04月17日 00:55
2013年 日本 128分 コメディ 劇場公開(2013/09/28) 監督: 水田伸生 『なくもんか』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: E-girls『ごめんなさいのKissing You』 出演: 阿部サダヲ:黒島譲 井上真央:倉持典子 竹野内豊:箕輪正臣 岡田将生:沼田卓也 尾野真千子:宇...
6. 謝罪の王様  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年11月08日 12:52
2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [Story]依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収...
5. 謝罪の王様  [ 迷宮映画館 ]   2013年11月06日 15:22
謝れるって、日本人のいいとこだと思うなあ〜。
4. 「謝罪の王様」  [ ここなつ映画レビュー ]   2013年11月05日 12:21
今思い出しても笑っちゃう程面白かった「謝罪の王様」。謝罪の行為そのものだけでなく、謝罪する側、される側、それをはたで見ている側の心理にまで突っ込んだ所が面白い。謝罪が産み出す波状効果もよくできている。 思えば日常で、どれだけ謝罪の言葉を口にする事だ
3. 謝罪の王様  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年11月05日 07:09
 『謝罪の王様』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)宮藤官九郎の監督・脚本作品として5月に『中学生円山』を見たこともあり、映画館に行ってきました。  本作では、謝罪師である東京謝罪センター所長・黒島譲(阿部サダヲ)の奮闘ぶりが、6つのエピソードで綴ら...
2. 謝罪の王様  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年11月04日 19:57
映画「謝罪の王様」オリジナル・サウンドトラック [CD]架空の職業“謝罪師”がさまざまなトラブルを解決するハイテンションなドタバタコメディ「謝罪の王様」。おバカな笑いと感動 ...
1. 『謝罪の王様』 ごめんなさい!  [ 映画のブログ ]   2013年11月04日 12:50
 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源はオ

この記事へのコメント

1. Posted by クマネズミ   2013年11月05日 07:21
お早うございます。
嶋田久作は、先日もNHKBSの『ハードナッツ!』に出演して圧倒的な存在感を示していましたが、本物の総理大臣になってG8サミットにでも出席すれば、首脳の集合写真における日本の存在感もずっと高まるのではないでしょうか?
2. Posted by ふじき78   2013年11月05日 23:50
> 日本の存在感もずっと高まるのではないでしょうか?

よし、出世作の『帝都物語』の初心忘るるべからず精神にバリバリ乗っ取って軍服でサミットに出て来い、島田!
3. Posted by sakurai   2013年11月06日 15:22
いつまでの「帝都物語」のインパクトは消えず。。。
いいんだか悪いんだか。

「252」は、早くみんなに忘れて欲しいと思ってるのではないかと思うので、忘れてあげましょう。
4. Posted by ふじき78   2013年11月07日 01:44
こんちは、sakuraiさん。

嶋田久作さんですが、「謝罪の王様」は勿論、「タイム・スクープハンター」「ATARU」「図書館戦争」とこの人もあちこち、よう出てるなあ。
5. Posted by yukarin   2013年11月08日 12:56
こんにちは♪
豪華キャストでしたねぇ。
そうそう有名人の無駄使い....ほんのちょっとのみの人もいましたもんね。
さすがクドカン!面白かったです。
6. Posted by ふじき78   2013年11月08日 23:22
こんちは、yukarinさん。

今、ほんのちょっと頭がアレでして(いつもって言わないで)、「ほんのちょっとのみの人」を「ほんのちょっとみのの人」と故意に読み間違えました。朝ズバ! あ、でも日テレが噛んでるからみのの息子がどこかに見切れてる可能性はゼロじゃないか。
さすがクドカン(いや何か変だよ俺)
7. Posted by ヒロ之   2014年04月17日 00:51
久しぶりに滅茶苦茶面白い邦画だ!と思いました。
こういうハイテンションなノリのコメディ大好きなんですよ私。
途中まで可愛いなぁこの子、と井上真央ちゃんということに気づかなかった私は鈍感ですかね?
8. Posted by ふじき78   2014年04月17日 01:50
こんちは、ひろ之さん。
まあ確かに井上真央があんな安いレオタード着るとは思わんかもしれん。
9. Posted by maki   2014年09月30日 09:21
>演技力のある役者の全力を見せられた感がある嶋田久作。この人も『帝都物語』の加藤保憲が最初と思うと、ついに総理大臣になったんだなあ。
「帝都物語」が見たくなってきたなあ
この人、やっぱりイメージが加藤で強烈なんですよね
10. Posted by ふじき78   2014年09月30日 23:12
こんちは、makiさん。
嶋田久作さんはやっぱり加藤保憲だなあ。演技とか置いといて、メイクしないであんな顔がいるってのが当時強烈でした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字