2014年09月22日

『中学生円山』を109シネマズ木場3で観て、こんなボンクラ映画は大好・・・いや中好きだふじき★★★

1年前くらいの書きかけ原稿。そろそろ放出せんとみたいな記事。

五つ星評価で【★★★くだらないシチュエーションや妄想については全部好き】
『あまちゃん』の宮藤官九郎が「団地を舞台にしたアクション映画」と言いながら自己のオナニズムについて言及して見せた一本。

わははははははは。
バカらしくて大いに結構。

バカらしい中に、後ろにちゃんと筋の通ったバックストーリーを準備してる用意周到さも実に結構。

何より良かったのは、こんな激薬を役者として投与するのかと
見る前には全く何一つ期待してなかった遠藤賢司、ことエンケンの大活躍。
『不滅の男』以降、老境に至った遠藤賢司の、
ビンビンに壊れすぎて何を歌ってるかも分からないが、源ソウルだけを兄弟船に乗せてぶつけてくるような、節操のない男ロックっぷり。
もちっと前の時代のちゃんとメロウなギターもひけるフォークっぷり。
これ、どっちも収まってるのはとってもお得だ。
後、役者としてもいい味出してる。
多分、実情、徘徊老人に近いんだろう(いやいやいやいや)。
もう、役者遠藤賢司はこれで引退でいいと思うよ、これ以上はないから。

次に草の変な武器。
あれは男として生まれたからには一回くらい扱ってみたいくらいスタイリッシュだ。

見せ方としては真の意味での「中学生円山」が登場してからの活躍っぷりがカリカチュアされずに、そんなに凄い事のように見えないのが不満。


【銭】
レイトショー割引料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
中学生円山@ぴあ映画生活


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 映画『中学生円山』(13日-13)  [ ほし★とママのめたぼうな日々♪ ]   2014年10月04日 21:30
実は、クドカン監督とはあまり相性がよくありません。 面白いけど、笑いのツボがちょっと違う… でも、朝ドラ「あまちゃん」が
1. 『中学生円山』は中二病か?  [ 映画のブログ ]   2014年09月23日 02:09
 学生時代、先輩が野良犬を眺めながらつぶやいた。  「犬はいいなぁ。自分で舐められて。」  その言葉をきっかけに、私たちは犬がうらやましいという話題でひとしきり盛り上がった。  二十歳前後の青年でも頭の中はこのあり様だから、中学生が自分で舐めるべく柔軟体

コメントする

名前
URL
 
  絵文字