2013年08月24日

『パシフィック・リム』を109シネマズ木場2で観て、オタクとしてこの映画にはいい所と悪い所があるふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】
IMAX3D吹替で鑑賞。

とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。
そして、単なる「怪獣プロレス」という評判も聞いて、
まあ、俺はオタクだから、それで困る事もないよなあ、とも思った。

結論として、怪獣プロレスは楽しいし、
監督の熱い思いを感じる事も出来た。

にもかかわらず不満もある。
それは怪獣プロレスの本家に生まれ、
怪獣王国で数多くの物を見てきたオタクだから
ちょっとくらいは発言させてくれよお、という甘えだ。

うおおおおおおう、甘えてえから甘えるぜえええええ。

まず、楽しい点。

怪獣でかいよ。
怪獣重そうだよ。
怪獣生きてるっぽいよ。

イェーガーでかいよ。
イェーガー鉄だよ。

両方戦うよ。

以上
以上かよ!


基本、そういう文化で楽しんだ血が俺を自然に楽しませてるから
言葉でなんか明確に説明できやしない(ええい、チキン俺)
「ふんふんふんええやん」みたいな感想なのだ。
だって、うまい味とかだって最終的には言葉で説明できないだろ。
本来、五感の快楽は直接、言葉に変換できないものなのだ。

あ、あとマコ(岩松にあらず)は大小どっちも良かったヨ。
博士ペアもマッドでよかったよ。
ロン・パールマンの立ち位置がモーガン・フリーマンぽかったのもまあまあいんでね。

次、不満点。

怪獣のフォルムがはっきりしない。
何体か出てくるが、どれも似たり寄ったりであり、
大きな特徴を明確にしないでいる。
これは遺伝子上、同質のものであるという設定にもつながるのだが、
そんな物は無視してよい。
犬はチワワとセントバーナードで同じ犬でも形状が全く違うし、
人も白人と黒人で全く色が違う。

明確に違う物として見せる事が怪獣に愛着を湧かせるのである。

又、大きな物として見せる事に拘るがゆえに
全体のフォルムを見せ損なってる事は惜しい。
多角的な視点で色々と見せるべきだ。
全体像をはっきり見せてこそ、そいつが何をしでかしそうかなどの想像力が働く。

戦闘場面が嵐だ、雪だ、夜だ、海だってのも見辛い。
全体にシャドーをかけるのは特撮サポートかもしれないが、
『タオの月』『グエムル』で先人が涙を流しながら日中特撮を作ったのだ。
無理とは言わさない。
ウルトラマンだって、戦いの多くは青空の下だ。
多くは望まん、メリハリを付ける為に一戦だけだっていいんだ。
それで怪獣のフォルムが際立つ。

イェーガーは脚長いなあ。
安定は悪いけど、ジャンボーグA形式で人と同じ動きを模倣するなら
あの人と相似させたフォルムは理に適ってるのだろう。
だが、あの中で一番好きなのはロシアのチェルノ・アルファ。
変じゃん。
明らかに変なデザインじゃん(鋼ちゃんに似てる)。
武骨な間違えたSLみたいなのは子供心をくすぐる。
重いのが好きなんだよ。
明らかに性能悪い筈なのに、
操縦者の根性だけでずっと激戦を生き残ってきたって設定も泣ける。

中国の異形メカ、クリムゾン・タイフーンもよし。
変な形は好きだよ。
頑張れトン吉、チン平、カン太。

メインを張る二体は普通で残念。
ガリアン・ソードは笑った。かっけーじゃん。

操縦者二人ってのはエヴァもどきかと心配してたが理屈を聞いて納得した。
おもろい設定を作ったもんだ。
ただ、足は重すぎる。
ニトロ爆薬みたいな一発勝負でいいから、ジャンプさせたかった。
『装甲騎兵ボトムズ』のモーター走行もかっこいいけど、
あれは平地でしか使えないから転用が効かない、残念。

日本のコヨーテ・タンゴ、防衛力が弱いのはゼロ戦以来の伝統か。

いろいろリアルに作りこもうと思ってるのは分かるけど、
画面の中が『トランスフォーマー』以来のゴチャゴチャさ。
何やってるか、よう分からんのは残念だ。整理しようよ。



【銭】
アイマックス料金2200円払ったのだ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パシフィック・リム@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
パシフィック・リム@映画のブログ
パシフィック・リム@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
パシフィック・リム@流浪の狂人ブログ
パシフィック・リム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

24. ”峰不二子”>美女コレクション(おい)〜「鑑定士と顔のない依頼人」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2014年01月14日 17:31
新手のオレオレ詐欺映画?(わわわわわ) ネタバレを含みます、これから見る方は鑑賞後に。m(_ _)m 欲しい絵画は仲間と組んで安価で競り落としてマイコレクションにしちゃうんだから 決して清廉潔白なおじいちゃんじゃないです。 あれだけクレアに対して怒りMAXだっ...
23. 長いよ。〜「パシフィック・リム」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2013年12月27日 09:34
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11売り上げランキング : 6Amazonで詳しく見るby G-Tools エンドロールにでてくる、ロボのビジュアルは 半端なくかっこよかったんですけどね〜。...
22. 映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語)  [ 翼のインサイト競馬予想 ]   2013年12月19日 19:37
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
21. 怪獣対ロボット  [ 笑う社会人の生活 ]   2013年12月17日 22:12
15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦いを描く これは面白かったの一言!  評判も良く、デル・トロ監督ということで期...
20. パシフィック・リム(2D字幕)  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年12月17日 16:55
評価:★★★【3点】(10) 題材としては文句なく楽しいんだけど
19. パシフィック・リム  [ 銀幕大帝α ]   2013年12月17日 00:00
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...
18. パシフィック・リム  [ 花ごよみ ]   2013年12月14日 09:52
監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いています。 KAIJU(怪獣)との戦いによって、 兄を亡くしてしまった ローリー(チャーリー...
17. 『パシフィック・リム』 2013年7月28日 ユナイテッドシネマ豊洲  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2013年12月13日 23:57
『パシフィック・リム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 菊池凛子、芦田愛奈、ギレルモ・デル・トロ監督が登壇しました。 3Dで見るにはかなり辛いわ 【ストーリー】  2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊
16. パシフィック・リム  [ いやいやえん ]   2013年12月13日 12:32
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。 対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減か
15. 映画:パシフィック・リム  [ よしなしごと ]   2013年11月14日 03:18
(基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし
14. パシフィック・リム  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年09月23日 07:55
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に.
13. 映画「パシフィック・リム」  [ FREE TIME ]   2013年09月04日 00:29
映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。
12. パシフィック・リム  [ 迷宮映画館 ]   2013年09月03日 14:15
夏休み大作、第一弾!!!
11. パシフィック・リム  [ ルナのシネマ缶 ]   2013年08月30日 23:47
朝のワイドショーで、 ギレルモ・デル・トロ監督がお台場の ガンダムを拝んでいるシーンが 放送されていましたが・・・(笑) そんな監督のこだわりが 満載な作品でした。 怪獣やロボット、特撮などが 大好きだった人のために 作られた作品ですよね〜。 未知の巨
10. パシフィック・リム・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2013年08月27日 16:52
鋼鉄のルチャドール。 こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。 未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器! オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り...
9. 『パシフィック・リム』(2013)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年08月26日 21:07
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オマ
8. [映画『パシフィック・リム』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年08月26日 00:17
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...
7. パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり  [ 単館系 ]   2013年08月25日 23:05
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...
6. 『パシフィック・リム』  [ ラムの大通り ]   2013年08月25日 22:52
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤかなと…」 ----で、最初はやはりあれ? 『パシフィック・リム』? 「そう。 延ばし...
5. パシフィック・リム (3D吹替版)  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年08月25日 21:45
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュートン...
4. 「パシフィック・リム」  [ 或る日の出来事 ]   2013年08月25日 10:03
バトル・シーンが暗くて、動きがよくわからない。 そのほかの点では、ものすごく楽しい!
3. [映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2013年08月24日 23:12
 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現。地球滅亡の危機に対抗すべく、人類はその叡智を結集、人型戦闘兵器「イェーガー」を開発、
2. パシフィック・リム  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年08月24日 10:07
Pacific Rim [CD]深海から現れた巨大生命と人型巨大兵器の死闘を描くSFアクション「パシフィック・リム」。ギレルモ・デル・トロ監督のおたく趣味全開ながらクオリティは極めて高い。 ...
1. 『パシフィック・リム』が守った映画のルール  [ 映画のブログ ]   2013年08月24日 09:33
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...

この記事へのコメント

1. Posted by 愛知女子   2013年08月24日 07:36
IMAX3D吹替で鑑賞したですと!!
ふだんダフ屋のふじきさんが大奮発しましたねΣ( □ //)

わ、私はただの3Dですぅ..。


確かに私も怪獣が見辛かったので不満があります(-ω-;)ヽ

しかも日本の怪獣と違い、色がはっきりしない。 愛嬌がない…。

3Dで観るせる為に雨や雪を降らし、海でバトルするのは迫力を出すためでしょうが、でもそうすると観にくいんですよね…


個人的に3本腕のロボの利点がイマイチ分からなかった(笑)

まあ、いいか…。

遊び心ですよね


2. Posted by ナドレック   2013年08月24日 09:43
デザイン画を見るとどの怪獣も結構個性的で、明確に違うんですけどね。
怪獣の全身をさらしたショットが少ないから、画面では違いがよく判らないんですね。

でも、おかげで怪獣は終始不気味で、久しぶりに怪獣を怖く感じました。
3. Posted by    2013年08月24日 23:21
なにぃ
正規料金だと!?
あのふじきさんが正規料金。

最初にIMAX字幕で観て1週間後に普通の3D吹き替えで見たのだけど、3Dで観るべきだ!という
映画はIMAXで観るべきだという自分の中で
新しい認識が出来た作品だった。
4. Posted by ふじき78   2013年08月25日 01:29
こんちは、愛知女子さん。

> 個人的に3本腕のロボの利点がイマイチ分からなかった(笑)

怪獣に向かって揉み手で低姿勢をアピール、と思いきや隠れていた3
本目の腕で攻撃!
5. Posted by ふじき78   2013年08月25日 01:58
こんちは、ナドレックさん。

でかさは感じたけど、怖さは今一。ガイラみたに人を食うとか、金子ゴジラで避難していた篠原ともえをゴジラが躊躇なく死に追いやる場面は怖かったものなあ。
6. Posted by ふじき78   2013年08月25日 02:00
こんちは、谷さん。

実は金はある。ケチなだけなのだ。
割とでかさに慣れちゃうし、3Dは眼鏡が嫌いだから選べるなら2D中心ですね。
7. Posted by ボー   2013年08月25日 10:07
4 きのう2Dで観たのですが、3Dで観たときよりも、よく戦いの様子が見えました。1回観て、どういうふうに動くか分かっているせいもあるとは思いますが。
あ、まじめに書いちゃった。…って、いいのか、それで。
8. Posted by ふじき78   2013年08月25日 10:31
こんちは、ボーさん。

肉、肉、野菜、ごはんみたいにバランスよく真面目とボケが入るのがいいですね。「肉」がボケ、「ごはん」が真面目だとすると「野菜」は・・・荒しコメントか? いやだなあ、それは。
9. Posted by yukarin   2013年08月25日 21:53
おーIMAXですかぁ〜いいな。
しかも正規料金でというのがふじきさんらしくない(笑)
ま、ゴチャゴチャ感はいいんですよこの際(笑)
10. Posted by ふじき78   2013年08月25日 22:40
こんちは、yukarinさん。

5人中3人が金の事に触れよるのは何だか、金の為なら美少女に踏まれてもいいみたいな奴に思われているようで、非情に噴飯ものだ。金なんかもらわなくても美少女にだったらゴホゴホゴホ。

いや、必要な時はちゃんと金を払います。別に映画館で「高いじゃん、ちょっと安くしろよお―」とか値切った事もないし。
11. Posted by ノラネコ   2013年08月29日 23:02
私も真っ先にフィギュアが欲しいのはチェルノ・アルファなんだけど未だ出てないんです。
クリムゾンは出てるけど。
ケレンミたっぷりのマシン二台にはもうちょっと活躍させてあげたかったな。
12. Posted by ふじき78   2013年08月30日 01:17
こんちは、ノラネコさん。

プロレスと同様、実際の試合内容以上に、肩書や選手に眠るストーリーが面白そうというか。そうですね晴れ舞台でもう少し活躍させてあげたかったですね。

だから、サイドストーリーを作るなら、こっちの方が面白そうなんだと思うんです。
13. Posted by sakurai   2013年09月03日 14:15
改めて考えると、日本の怪獣の造形能力ってすごいですよね。
怪獣なんて、それも似たり寄ったりになりそうですが、ウルトラマンだけだって、どんだけの怪獣がいたか!
そこに気づかされました。ありがとうございます。
14. Posted by SGA屋伍一   2013年09月03日 22:36
イェーガーは最初はチェルノ以外見分けがつきづらかったですが、二回目ははっきりと個別に識別できるようになりました。怪獣は二回見ても区別がつきにくかったですねえ。その点は松本人志の『大日本人』を見習ってほしかったです
15. Posted by ふじき78   2013年09月04日 01:29
こんちは、SAKURAIさん。

日本では怪獣が映画ではなくスパンが短く、最も厳しい目を持つ子供の視聴者に耐えず晒されるTVというジャンルで発達したという事が大きいかもしれないですね。「たまに」ならともかく、毎週怪獣が出るようなTV番組って日本くらいしかないんじゃないでしょうか?
16. Posted by ふじき78   2013年09月04日 01:33
こんちは、伍一どん。

> その点は松本人志の『大日本人』を見習ってほしかったです

最後はコントで落とす?
17. Posted by クマネズミ   2013年09月23日 07:57
お早うございます。
遅コメで恐縮です。ただ、遅かったせいで「IMAX3D」という選択肢がなく、大枚を叩かずに済みましたが!
それはともかく、怪獣映画と思っていたところ、おっしゃるように「怪獣のフォルムがはっきりしない」のは残念なことでした。
これは、kaijuが地球で生まれたものではなく、異世界から送り込まれたものであるがためではとも思ったのですが、よく見ればやっぱり手足があって顔があって目があり口があるようですから、基本的には地球生まれの従来の怪獣と変わりがないようで、だったらもう少しわかるように描き出してくれたらなとは思いました。
18. Posted by ふじき78   2013年09月23日 08:33
こんちは、クマネズミさん。

『ウルトラマン』がカラーTV黎明期に作られた事もあり、日本の怪獣はベースに赤・青・黄が使われている物が意外と多かったり、刺し色されてたり、幾何学模様でモアレしてたりと、凄く自由です。自由すぎます。kaijyuは原型を作る前の粘土細工みたいで今一に感じてしまいます。
19. Posted by maki   2013年12月13日 12:31
こんにちは

いやぁ完全にツボ。
大興奮してみちゃいました!

確かに気になる点もいくつかあるんですが
(KAIJUの造形とか)
でもイェーガーの動きのガクガク感とか妙にリアルっぽい感じも良かったし、なにより血が沸騰する楽しさ感じましたね〜
20. Posted by ふじき78   2013年12月13日 22:57
こんちは、makiさん。

日本国民の何割かはKAIJYUのいる環境を当たり前のように享受して生活してきてますからねえ。
21. Posted by ヒロ之   2013年12月17日 00:03
こんばんは。
面白かったんですけど、私も夜の海ででっかいロボと怪獣が戦っているので、なんか分かりづらくても一つテンションが上がらなかったのが残念でした。
ヘリに吊るされて移動するのはダサいなぁ。
22. Posted by ふじき78   2013年12月17日 00:31
こんちは、ヒロ之さん。

> ヘリに吊るされて移動するのはダサいなぁ。

でも、ジェット・スクランダー使ったら更にダサいっすよ。あの移送手段はリアルとのせめぎ合いで割といいかなと思ってます。
23. Posted by Ageha   2013年12月27日 09:32
遅コメでどうも。DVD鑑賞でした〜。(^_^;)

で、声優陣で盛り上がったひと。(え)

正規の料金でIMAX3Dでみたんですかって
えらい突っ込まれてましたね。(爆)

女子でもウルトラマンだの仮面ライダーだの
見ますから
怪獣だの怪人だののバリエーションの豊富さを
子供の頃から知らず知らず慣れ親しんでるんで
どうしてももっとなんかこうビジュアルの違うもんが
出てこなかったのかよってそこはちょっと残念。
ナメクジみたいなやつしか覚えてない。
んでおっしゃるとおり、迫力はあるが
暗いのでわかりにくい・・・。
海上のほうがもりあがったんでそこで終わりだとおもった。(^_^;)

・・そっか、重量感があることがええのなら
トロくてもいいわけだ。(^_^;)
前日に「マン・オブ・スティール」見るから
いけなかったのな。(^_^;)
24. Posted by ふじき78   2013年12月28日 22:19
こんちは、Agehaさん。

ツイッターで3D体験すべきとの忠告を受けて、IMAX3Dです。最近では同じようにそそのかされたのはゼロ・グラフティですね。3Dって割と嫌いな人が多めなので(私も嫌い)、皆して真剣に誉めてる時は「乗っかるに値する」と思ってます。

トランスフォーマーもそうですけど、余計なスピードが付くと、メカメカしいデザインは見辛くってダメですね。
25. Posted by ふじき78   2014年03月17日 22:43
こんちは、Agehaさん。業務連絡です。

うちのこの「パシフィック・リム」の記事にAgehaさんの「アナと雪の女王」へのTBリンクが付いてたので取り消しました(リンク先はアドレスなし)。「パシフィック・リム」のTBを付ける場合は、お手数ですが、もう一回貼ってください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字