2012年12月17日

選挙

選挙は負けたなあ。

民主党が負ける事は分かっていた。
民主党は負けなければ正しくない。
前回、民主党を選んだことに後悔はない。
超能力者じゃないから、埋蔵金と言う予算がどこからも出て来ない事も、
政策決定能力が不足している事も当時は分からなかった。
それより、失策続きの自民に任せ続ける危惧の方を高いと思ったのだ。
大震災は民主党にとって不運だった。
別に自民党であっても上手くこなせたかどうかは分からない。
しかも、自民党の負の遺産(震災に準備が出来ていない事)の
ケツをふかされたんだから、これは民主だけがダメだった訳ではない。
にも関わらず、民主は負けなければいけなかった。
だって、民主は「ダメでも努力してやっている体」を演出できなかったんだもの。
その癖、外国に行ってはリップサービスで勝手に政策を進めてくる。
そんな奴ら、信用を失って当たり前だ。
やってる事の説明がなかったよ。特に野田以降はひどい。

自民が政権を失った事は今回が初めてではない。
何故、みんな、1回しかないチャンスを上手く使わんのかなあ。
ダメだったら、交代させられる事は前例でも分かってるのに。
分かってないなら、頭が悪い。だから、それもダメだ。
人は直前の印象にもっとも影響を受ける。

だから、前の事を忘れて自民に飛びつく。
みんな政策を何も読んでないんだな。
街頭調査の正反対を言ってる党が圧勝ってイメージ選挙以外の何物でもないよ。
マニフェストあっても守らなかったり、守れなかったりって
直前で悪い例できちゃったってのもあるのかな。

日本人、単純だから二大政党制でAがダメならBってのは
向いてるのかもしれないけど。

ただ、政策そのものがない、野望だけの烏合の第三局が
並ぶくらいの巨大勢力にならなかったのは、まあ、せめてよかったか。

ブレない共産党に票が流れて「大政党」がなくなって、
「中政党」だらけにならないか、と踏んだんだけど、
とりあえず、この国では声がでかい奴が勝つのだな。


都知事はあんなもんか。猪瀬さんは好きよ。
石原暴走老人がいなくなって、
実直にダメを損切りしてくれればいいのに。
まあ、猪瀬さんには入れてないけど。


裁判官はあんなシステムでやってる限り、
未来永劫誰一人として罷免できる訳がない。
あの投票用紙を断裁したり、印刷したりするだけで、
国家予算の無駄使いだ。
儀式の費用って・・・黒ミサかよ!

まずいなあ、この国。
前からか。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字