マンガ『エクゾスカル零 第二巻』山口貴由、チャンピオンREDコミックスを読書する男ふじき共通テーマ「遊びに行きたい商業施設はどこ?」

2012年04月18日

『メイド喫茶で会いましょう』アールズ出版を読書する男ふじき

メイド喫茶をグラビアから、社会史、メイドアイドル変遷史、起業レポート、名店案内、メイドへのインタビューや投降などまで集めたムック本。1998年から2008年の10年間を描く(メイド喫茶誕生が書籍が発行された2008年で10年目の節目なのだそうだ)。

面白いのは起業レポート。
萌えビジネスとは関係のない普通の脱サラ社員が雇われ店長としてメイド喫茶を立ち上げ、惜しまれながら閉店するまで。怒られるのを想定であえて書くなら、とっても風俗チックだ。業態の話ではなく、アルバイトの個性を冷徹に見据えて、もっとも原価のかかる人件費をやりくりしながら、商品価値をどう高めていくかの戦略を立てていく構図が、とっても風俗に似ているのだ。「性」を売り物にしていないだけで、店舗が従業員を管理する仕組みは基本、変わらない。裏話はとても面白い。


fjk78dead at 00:52│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マンガ『エクゾスカル零 第二巻』山口貴由、チャンピオンREDコミックスを読書する男ふじき共通テーマ「遊びに行きたい商業施設はどこ?」