『ヒマラヤ 運命の山』『127時間』をキネカ大森1で観て、そこに山があるからそうかなあふじき★★,★★★★共通テーマ「断捨離できそうですか?」

2012年03月10日

『ピナ・バウシュ 夢の教室』をユーロスペース2で観て、振付地獄は甘美かふじき★★★

五つ星評価で【★★★確かに私個人は退屈してしまうのだが、ダンスの魔力は認めざるを得ない。でも、もっと尺を切ってもいいな】


うーん、デ・ジャヴ。

確か、名指揮者が町の楽団とか、子供たちに教えるとか、
同様の音楽ドキュメンタリーがあった筈だ。
しかも、ユーロスペースで観た。
あのダンス版。

同時期に公開している3D映画の予告観ても分かるように、
ピナ・バウシュの踊りはどこか怖い。
踊りの楽しさとか、そういう物を一切排除して、
人が如何に形而上の概念を肉体で表現できるかにがっぷり四つだ。
大駱駝艦などの舞踏から重さや、鈍さ、のろさをなくした状態に近いかもしれない。

そんな得体のしれないダンスを教えられるダンス経験のない40人の若者。
まあ、本人たちが喜んでるなら別にいいか。
若者たちが別々の肉体を一つのダンスに捧げる冒頭の前方向への行進が
一番面白いと思う。
普通の歩きと大きく違わない筈なのに、何か特殊で目を引かれる動き。
一糸乱れぬその動きを見て、北朝鮮のパレードに似てると思った。

存命中にピナに北朝鮮のパレードか、
マス・ゲームの振付をしてもらいたかった。


【銭】
久しぶりにユーロのたまったポイント(有料鑑賞8回分)を使用してロハで鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ピナ・バウシュ 夢の教室@ぴあ映画生活


fjk78dead at 01:46│コメ(0)トラバ(2)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 感情を解き放ち成長する子どもたち 映画“ピナ・バウシュ 夢の教室”  [ 映画とライトノベルな日常自販機 ]   2012年07月22日 07:28
★★★★★10代には10代なりの人生がある。それを真剣に舞台へぶつける子どもたちの姿が眩しいくらいに生き生きしています。ピナ・バウシュの舞台作品「コンタクトホーフ(Kontakuthof)」を上演するために集まった少年少女はダンスの経験はないとはいえ、それぞれ趣味も違えば
1. ピナ・バウシュ 夢の教室/Tanztraume  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年03月15日 00:52
天才舞踏家ピナ・バウシュの下に集まった40人のティーンエイジャーが、彼女の代表作である「コンタクトホーフ」の舞台に立つまでを追いかけたドキュメンタリー。それぞれの家庭環境を抱え、或いはピナとは異なる感性を持った子供たちが目標に向かって必死に努力する。時に

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ヒマラヤ 運命の山』『127時間』をキネカ大森1で観て、そこに山があるからそうかなあふじき★★,★★★★共通テーマ「断捨離できそうですか?」