2011年05月15日

『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから)

五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】

ネット、ツイッター、初日興収1億突破、
なんて話題からハードルが上がってしまったのか、
ムチャクチャ打ちのめされたみたいな面白さは感じなかった。

そもそもダーレン・アロノフスキーは苦手なのだ。
観たのは『π』『レクイエム・フォー・ドリーム』『ビロウ(脚本)』で、
直近の『レスラー』は未見。

なんか、主人公狂気でヘロヘロにしてドラッグでも嗅がせりゃ一丁上がり
みたいな安直で悪いイメーシがある。
『ブラック・スワン』もそのイメージを大きく外さなかったし。
ただ、まあ、撮り方が上手いからだろう。退屈はしない。
ネット評の『パーフェクト・ブルー』観ておけ、というのは至言。
似てるよね。

で、不満に思ったのはラスト。
もう一転くらいしないの?
割かし本当に思った通りだよ、なところで
終わってしまったので意外性がなかった。

じゃあ、どう終われば納得できたんだろう。
という事を考えてみた。

そもそも、ドラッグを摂取するまでは
リアルと幻覚の境目ははっきりしている。
ドラッグ摂取以降は何が幻覚で何がリアルか不明瞭で分からない。

唯一現実そうな出来事は

彼女が舞台に上がり鬼気迫るバレエで絶賛を受けるが、
舞台裏で受けた腹部の大怪我により重症である

これくらいだ。
この怪我もライバルから受けたものか、自傷か、はっきりしない。
おそらくライバルの言動から、彼女の自覚がないだけで自傷だろう。

(1)全部夢
ラストが夢オチだ。
ぱっと目が覚める。
これからオーディションだ。
うわあ、ありがちすぎる。
却下。


(2)連続する夢
落下。意識暗転。目が覚める。夢だった。
目の前にライバル、組み合ってる。意識暗転。夢だった。
目の前に母、組み合ってる。意識暗転。夢だった。
疲れる。割とありがち。
却下。

(3)楽屋で殺される人はやはり殺されていた
・楽屋で殺されるのはライバル
・楽屋で殺されるのは実は母
・楽屋で殺されるのは地球侵略に来た宇宙人
宇宙人くらいだと突き抜けて面白そうではあるけど、
アカデミー主演女優賞を取れる映画ではなくなってしまう。
実はやはり死んでいたと匂わす程度だと面白そうだけど、
整合性に無理が生じ、やらなきゃいいのにみたいになりそうでもある。
却下が正しそうだ。

(4)・・・
アミダラの夢だった。
却下。

(5)・・・
ライバルを殺傷した彼女の元に
次から次へとバレエダンサーが殺しにあらわれる。
みんなプリマになりたいのだ。
殺しまくる彼女。
バレエダンサー達は公権力と手を組む。
ゲイリー・オールドマン登場。首コキコキ。
劇場に一人閉じこもる彼女の元に特殊部隊が投入される。
絶体絶命のその時、ジャン・レノが!
映画が違う。
却下。

(6)ちんちん
幕間にキスした彼女に
ヴァンサン・カッセルの巨根はたまらずに怒張、
彼女を貫いて致命傷を与える。
ウィノナ・ライダーはガバガバだったのだ。
破瓜の痛みを乗り越えた彼女はメスとして開花、
全裸の男どもをひれ伏させ、バレエ界に君臨する。
というのは実はこの映画のテーマなんだろうけど、
それをあからさまにしてはきっとダメなんだろう。
一応却下。

(7)生者死者
ドラッグ摂取の為、ライバルの生き死にが分からなくなったように
彼女は生者、死者の境が分からなくなってしまう。
前段で母とウィノナ・ライダーも殺しておき、
舞台成功後、彼女たちにも祝福を受ける。
正気でいれない彼女。
ヴァンサン・カッセルを刺し殺してしまうが、
刺し殺しながらも賞賛は続けられる。
ラストは現実なのか、彼女の幻想なのか分からない状態で大きな緞帳が閉じられる。
もしくは刺し殺した事で映画がいきなり終わる。
割とクールだけど、もうちょっとローバジェットな映画用だな。
抑えで取っておきながら却下。
効果としては今現在と同程度。

(8)黒鳥バランス
彼女の中の黒鳥のバランスが増大していき、
次第に白鳥でいれなくなってしまう。
・・・PART2のテーマっぽい。

(9)カルトディズニー
薬物の効果が都合よく舞台上に現れる事もなく、
彼女は黒鳥を演じる事が出来ない。
舞台で震えて小さな子供のようにうずくまってしまう彼女。
その時、実はブードゥ教の呪術師だったウァンサン・カッセルが
「ぼぼぼんじゃぶらぶらあ」
彼女は黒鳥に変化し、舞台で大成功を治める。
そして王子様と末永く一生幸せに暮らしましたとさ。
ダーレン・アロノフスキーがこれでは撮らんだろう。
却下。

(10)奇跡
黒鳥になれない。
その時、法外な金さえ積めば願い事をかなえてくれる者がいるという噂を聞く。
「お願いします。ブラックジャック先生。私、黒鳥になりたいんです」
「いいだろう。手術台は月賦で300年払いだ」
彼女は成功する。
こんなラストにはしないだろう。
却下。

(11)黒鳥の離反
彼女は踊りきる。
重傷を負いながらも成功する。
そんな彼女を囲む人の群れの中に
彼女自身の黒鳥が微笑んでいるのを見つけて愕然とする。
黒鳥は羽根を広げ禍々しい笑い声を残して飛び立っていく。
あれは・・・
こっちの方がクールかな。
幾つか解釈しようがあるし。


ナタポーは評判通りよかったです。
ああ、ナタポーがオナニーするような年になったんだなあ。

『ザ・ライト』で、アンソニー・ホプキンスの演技が絶賛される中、
実はメイクをもっと褒めてあげてもいいんじゃないかと思ったもんだが、
この映画でも、ナタリー・ポートマンのメイクをした人を誰よりも
誉めてあげたい。

そうそう、別に納得してもらわなくてもいいんだけど、
『キャリー』に似てると思った。
家でも出先でもムチャクチャ抑圧されてる主人公、
豚の血は浴びないが、舞台を下されるという衝撃から
主人公の目は今までにない強さで見開かれる。



【銭】
14日はトーホーシネマズデイで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブラック・スワン@ぴあ映画生活
▼この記事からお世話になっているブログの皆様の次の記事に初期TBのみを付けさせて貰ってます。コメントは今回割愛します。付けてくといつまでもアップできない気がする。うーん、すいません。
ブラック・スワン@映画のプログ
ブラック・スワン@Akira's VOICE
ブラック・スワン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ブラック・スワン@Love Cinemas調布
ブラック・スワン@新・映画鑑賞★日記
ブラック・スワン@ラムの大通り
ブラック・スワン@No Movie,No Life
ブラック・スワン@5125年映画の旅

PS ガンマ線を浴びた主人公は激怒すると巨大な緑色の大女に!
 これで黒鳥を演じ切れると喜ぶ彼女だったが、舞台はパニックに。
 あ、おもろいかもしらん。


fjk78dead at 10:09│コメ(18)トラバ(37)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

37. 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる…「ブラック・スワン」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2014年09月27日 22:47
36. 映画 ブラック・スワン  [ こみち ]   2014年03月21日 20:30
JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。   アルコー
35. 「ブラック・スワン」(BLACK SWAN)  [ シネマ・ワンダーランド ]   2011年10月02日 12:19
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台に、
34. 映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   2011年09月11日 16:03
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)はニュ
33. 2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載)  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2011年09月11日 12:17
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...
32. ブラック・スワン  [ 銀幕大帝α ]   2011年09月09日 23:20
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...
31. ブラック・スワン  [ いやいやえん ]   2011年09月07日 16:31
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演
30. 映画:ブラック・スワン  [ よしなしごと ]   2011年07月09日 10:09
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。
29. 映画「ブラック・スワン」  [ itchy1976の日記 ]   2011年06月29日 21:17
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ア..
28. ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年06月29日 15:23
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...
27. 映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2011年06月28日 21:34
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジョ
26. 『ブラック・スワン』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年06月23日 01:36
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
25. 映画『ブラック・スワン』劇場鑑賞。  [ ほし★とママのめたぼうな日々♪ ]   2011年06月22日 19:55
今作は、公開が水曜日だったんですよね。 早々と多くの方がご覧になって、レビューや記事を上げてらっしゃいます。 早く「観た
24. 「ブラック・スワン」  [ 或る日の出来事 ]   2011年06月11日 22:36
これは、すごいものを観た。
23. [映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2011年06月06日 21:30
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
22. 『ブラック・スワン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年06月05日 22:13
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライ
21. ブラック・スワン  [ ゴリラも寄り道 ]   2011年06月04日 04:23
<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...
20. ブラック・スワン  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2011年06月02日 14:21
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
19. ブラック・スワン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年05月29日 22:28
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
18. カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年05月25日 10:33
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
17. 映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2011年05月25日 02:18
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
16. 映画「ブラック・スワン」  [ FREE TIME ]   2011年05月21日 07:07
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
15. 「ブラックスワン」(2010)  [ INUNEKO ]   2011年05月20日 22:40
振り付け師のオバサマの背中の薄くて強い筋肉の動きとか、ゴツゴツにイジメられる足指とか良かった。ロッドバルトの衣装がごつくてナルホド(マンガでしか見たことが無かったので)。 先にコレを見た女性がヒドく落ち込まれてパーフェクトブルーな気分を変えたいと呼び出さ
14. ブラック・スワン  [ 空想俳人日記 ]   2011年05月20日 08:48
ブログネタ:GW中に見た映画、読んだ小説や漫画 参加中  この映画、まずお断りしておかなければならないのは、GW中に見た映画では正直ない。でも、たまたま、「GW中に見た映画、読んだ小説や漫画」というクチコミネタで、これを語らねばならないのか、それは、後ほ
13. ブラック・スワン  [ 5125年映画の旅 ]   2011年05月19日 07:43
バレリーナのニナは、美しく正確な踊りで『白鳥の湖』の主役を射止める。しかし監督は彼女に、繊細な白鳥と同時に官能的な黒鳥も演じるよう要求してきた。難しい役柄に悩むニナ。 ...
12. 「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2011年05月17日 22:06
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタリーの演
11. ブラックスワン  [ as soon as ]   2011年05月17日 07:12
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
10. ブラック・スワン / Black swan  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年05月16日 21:59
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
9. 『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)  [ ラムの大通り ]   2011年05月15日 22:57
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
8. ブラック・スワン  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年05月15日 19:22
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公
7. 映画レビュー「ブラック・スワン」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2011年05月15日 17:09
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
6. ブラック・スワン  [ Recommend Movies ]   2011年05月15日 12:18
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
5. ブラック・スワン  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年05月15日 12:06
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...
4. 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由  [ 映画のブログ ]   2011年05月15日 11:55
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
3. ブラック・スワン  [ Akira's VOICE ]   2011年05月15日 10:48
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
2. 映画レビュー 「ブラック・スワン」  [ No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) ]   2011年05月15日 10:28
ブラック・スワン  原題:Black Swan 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 バレエの世界を舞台に、白鳥の湖の新プリマの重圧から精神的に追い詰められていく様を描くサイコ・スリラー。...
1. ブラック・スワン  [ あーうぃ だにぇっと ]   2011年05月15日 10:11
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画

この記事へのコメント

1. Posted by ナドレック   2011年05月15日 12:21
笑わせてもらいました。
私は、ダークサイドに堕ちたナタリー・ポートマンがアナキンと夫婦で銀河を支配しました、なんてオチを考えていました。
2. Posted by fjk78dead   2011年05月15日 23:19
こんちは、ナドレックさん。

そうなんですよね。何でもありにできちゃうのが、ドラッグもののメリット兼デメリットなんですよね。
3. Posted by おくやぷ   2011年05月17日 17:55
こんにちは

彼女はつまりイッちゃったということなんだと思ったんですよね
オナニーで得たエクスタシーのためひとりでイッちゃった、と
大真面目に、奈落の底に落ちたときは、腹上死のような満足感のある表情だなと思いました
4. Posted by fjk78dead   2011年05月17日 22:38
こんちは、おくやぶさん。

> 腹上死のような満足感のある表情だなと思いました

腹上死にあった事も、あわせた事もないからなあ。
5. Posted by えめきん   2011年05月19日 07:45
こんにちは。

インパクトでは今年一番ですね。クセの強いダーレン・アロノフスキー作品ですが、これは誰もが驚く名作に仕上がっているのではないでしょうか。
過激な描写も多々あってちょっとハードルの高い作品ですが、是非たくさんの人に観て欲しいですね。
6. Posted by fjk78dead   2011年05月20日 00:54
こんちは、えめきんさん。

んー、でも、せっかくだからニコニコできる映画がいいんだけどな。
7. Posted by inuneko   2011年05月20日 22:48
ナタリー・ポートマンの自慰どころじゃないですよ。世間じゃダコタ・ファニングの役にはセックスシーンがあるらしいですよ。ハヤイだろ〜…!
8. Posted by fjk78dead   2011年05月20日 23:54
こんちは、inunekoさん。


芦田愛菜ちゃんも負けるな(いやいや、そうじゃないだろ)
9. Posted by ほし★ママ   2011年05月22日 21:29
(11) かなり好きです!
駆け付けた仲間の中に〜だんだん大写し。
まさに『ブラックスワン』にふさわしいラストだわぁ。
10. Posted by fjk78dead   2011年05月23日 00:38
こんちは、ほし★ママさん。

細かい内容に触れていただいてありがとうございます。
シリアスでパターンが違うラストはもう少し他にもありそうな気はしたんですが、書いてる途中に一回全部、文章が消えて泣く泣くもう一回書き直したので、その辺のパランスが吹っ飛んでしまいました。
でも(11)は自画自賛だけどいいよなあ、と思います。
11. Posted by クマネズミ   2011年05月31日 06:18
お早うございます。
TB&コメントをありがとうございます。
このところご無沙汰しており、これも2週間
遅れのコメントで、申し訳ありません。

さて、この映画のナタリー・ポートマンを評
価するのは吝かではありませんが、筋立てが
どうもなという感じになりました。
ただ、ブログなどでイロイロ議論されている
ラストについては、あれはアレで構わないの
ではと思ったところです。
他方、4つの☆を付けておられる「ふじき
78」さんは、「不満に思ったのはラスト。も
う一転くらいしないの?割かし本当に思った
通りだよ、なところで終わってしまったので
意外性がなかった」と述べて、「対案」
(!)をご自分で提示されています(さすが
にアイデア豊富な「ふじき78」さんの本領発
揮、11通りもの案を列記されていますが、次
々に自己却下され、結局残ったのは11番目の
もの)。
でも、そんな様々なことを夢想させるオープ
ンなラストだからかえっていいのではないの
か、と思ってしまいます。
逆に、たとえば、「ふじき78」さんご推奨の
ラストだと、「黒鳥は羽根を広げ禍々しい笑
い声を残して飛び立っていく」ということ
で、写実主義的な古臭い演出方法がさらに強
調されてしまい、ちょっとどうもという感じ
になるのではないでしょうか?

まあそんなことはともかく、最近の『ミス
ター・ノーバディ』でも12通りの人生の可能
性が描かれているなど、タイガー・ウッズの
13人以来、選択肢の多さが目立つ今日この頃
です!
12. Posted by fjk78dead   2011年06月02日 01:05
こんちは、クマネズミさん。

いや、もう単純にもう一発『キャリー』のラストみたいなんでいいからダメ押しのオチが欲しかっただけです。

オチと言えば、割と真っ当なオチは二つくらいしか思い浮かばんのですよね。オチを付けるのに適した状態まで導くとしたら、そんなに多肢選択できるような未来の数は多くない感じです。
13. Posted by SUZU   2011年06月08日 00:17
確かにドラッグあたりから大分境が曖昧になってましたね。
序盤で自分の幻を見たりしてたときはまだマシな方だったのかなぁ。

ライバルも怖かったけど、ウィノナ・ライダーも怖かった。女って基本怖いです。
14. Posted by fjk78dead   2011年06月08日 01:12
> ライバルも怖かったけど、ウィノナ・ライダーも怖かった。女って基本怖いです。

キャー、女がコメントしてるぅううううぅ!
15. Posted by ボー   2011年06月12日 06:15
4 物事、気楽にやらなきゃ、やってられんでしょ、ということかと。
16. Posted by fjk78dead   2011年06月12日 08:57
こんちは、ボーさん。

> 物事、気楽にやらなきゃ、やってられんでしょ、ということかと。

そうですね。ニナがところかまわず鼻くそほじるようなタイプだったら、映画が成立しないですよね。
17. Posted by maki   2011年09月08日 15:28
コメントありがとうございました

生真面目なニナの性格が、実際のナタリーのイメージと重なって、彼女も一緒にこの作品でひとかわ剥けたんだなあと感じました
実際この作品のおかげか妊娠結婚と私生活も万全ですしね(笑)

練習の時にはダメだった黒鳥が、本番だと舞えていたというのは、あの異様なメイクにも一因があるんじゃないでしょうか
あのメイクのおかげで3倍くらい迫力満点に見えていた気がします
18. Posted by fjk78dead   2011年09月08日 21:51
こんちは、makiさん。

メイクで一味くわえるのもそうですが、何事でもいい意味で手の抜き方を知ってる人の方が長続きをする気がしますねえ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字