『豆富小僧』をユニイテッドシネマス豊洲12で観て、深キョンの声に萌え萌え作品ダメダメふじき☆☆(そこはかとなくネタバレ)『うつから帰って参りました』一色伸幸、文春文庫を読書する男ふじき

2011年04月30日

『鬼神伝』をユナイテッドシネマス豊洲11で観て、真面目が必ずしもいい訳ではないのだなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆一生懸命作ったのは分かるが後半冗長】

萌えない。

いや、それは一番大事な要素ではないけれど、
そこそこ大事な要素なのだ。
つまり、キャラクターに没頭できるかどうかと言う点だから。

なんかキャラがみんなやな感じなの。
なんでだろう。
「キャラがみんなやな奴に感じるガス」でも散布されてたんだろうか。

冒頭、平安京での人と鬼との戦いのシーンなどはかなり見せるんだけど、
主人公が出てからが何となくトーンダウン。リアルに注目をひかないキャラだなあ。
例えば同じウジウジしててもエヴァのシンジはアピール度が高く目を引くキャラだ。

という訳で合戦シーンは面白い。

主人公が二つの勢力の間で揺れ動くのも正しい描写だと思う。
でも「正しい」=「面白い」ではない。
「正しくない」ことを「正しくなるように説得する」より、
「正しくない事を糾弾して泣きながら叩き潰す」方がより娯楽だと思う。
そういう主人公の感情への配慮がところどころ抜け落ちてる。
娯楽を表現しようという嗅覚が最後の一線で鈍い映画だった。



【銭】
ユナイテッドシネマ、メンバー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鬼神伝@ぴあ映画生活

fjk78dead at 09:52│コメ(0)トラバ(2)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 鬼神伝  [ 銀幕大帝α ]   2011年10月01日 14:37
10年/日本/98分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:川崎博嗣 デザイン:大友克洋 音楽:宇崎竜童 主題歌:福原美穂『STARLIGHT』 声の出演:小野賢章、石原さとみ、中村獅童 <ストーリー> ある日突然謎の魔物に追われ、1200年前の平安...
1. 「鬼神伝」感想  [ 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 ]   2011年05月13日 22:41
 「QED」シリーズで知られる高田崇史原作の児童向け小説を、スタジオぴえろ制作、「NARUTO -ナルト-」シリーズの川崎博嗣監督でアニメ映画化。  ふざけんなボケナス。  今のところ、本作を観終えた小生を心境を、諸兄姉にもっとも分かりやすく、且つダイレクト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『豆富小僧』をユニイテッドシネマス豊洲12で観て、深キョンの声に萌え萌え作品ダメダメふじき☆☆(そこはかとなくネタバレ)『うつから帰って参りました』一色伸幸、文春文庫を読書する男ふじき