『相棒Ⅱ』を丸の内TOEI1で観て、なかなか脱帽と畏敬と大丈夫?と心配ふじき☆☆☆☆共通テーマ「理想の年越しってどんなもの?」に昼から妄想ふじき

2010年12月31日

『クマと闘ったヒト』中島らも、ミスター・ヒト、MF文庫を読書する男ふじき

中島らもと伝説のプロレスラー、ミスター・ヒトの
プロレスの舞台裏対談集。

私はプロレスにドップリという生活はあまり記憶がないのだけど、
それでも読むと確実にやられる。面白い。
男子の中では「プロレスにやられる回路」が体内に常備されていて、
インフルエンザの予防接種を受けるのが当たり前のように、
皆が皆その回路をフル稼働させた時期が必ずあるものなのだ。

猪木が良いにつけ悪いにつけ、とんでもない男であることは有名だが、
馬場だって底抜けの善人ではなく、かなり食えない男であった事が分かった。
意外だ。


fjk78dead at 00:05│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『相棒Ⅱ』を丸の内TOEI1で観て、なかなか脱帽と畏敬と大丈夫?と心配ふじき☆☆☆☆共通テーマ「理想の年越しってどんなもの?」に昼から妄想ふじき