共通テーマ「無駄だった買い物を教えてください」に割と血の叫びなふじき共通テーマ「JR3日間乗り放題で、どこまで行きたい?」に「夢の世界さ」とうそぶく男ふじき

2010年09月25日

『ちょんまげぷりん2』荒木源、小学館文庫を読書する男ふじき

やられるなあ。

びっくりさせられるなあ。

今回の舞台は江戸。
TV時代劇で見た様でいながら、
全くの異世界として書かれる野蛮な江戸は
泥臭いヒロイック・ファンタジーの蛮族の国のようであって、
これはこれで正解だっただろうから凄いよなあ。

展開の早さと回転数の多さ、
予想を裏切ってのびっくりさせ方、
そして「かくあるべし、かくありたい」という信念、

お手本のような小説だ。

上條淳士によるイケメンの表紙。
読み終わった後にイケメンの手の上のマスコットに納得する。
単にイケメンなだけでない、いいデザインだと思う。



fjk78dead at 09:38│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
共通テーマ「無駄だった買い物を教えてください」に割と血の叫びなふじき共通テーマ「JR3日間乗り放題で、どこまで行きたい?」に「夢の世界さ」とうそぶく男ふじき