『ちょんまげぷりん』荒木源、小学館文庫を読書する男ふじき(ネタバレあり)仮面ライダー・オーズ

2010年09月12日

『リサとガスパール』をシネマート新宿2で観て、大人には退屈だけど子供が観るなら普通だろうなあな男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通】5歳位じゃないとあかんけど

長編ではなく、既存の短篇を寄り抜いて映画として公開したもの。

ウサギのような犬のような変な生き物がパリに家族単位で住み着いてる。
ムーミン一家が普通に人間の中で暮らしてるような感じ。
白くてフワフワしてるトラブルメーカーの女の子がリサ。
そのリサと「トワトモ(永遠の友達)」してる黒い男の子がガスパール

物語の基本フォーマットは
トラブルメーカーのリサがやっちゃいけない事をやってしまい、
ガスパールと一緒にそのトラブルを収束させるまで。

うーーーん、シンプル。

アンパンマンでさえ、このアニメの前では充分、複雑だ。
アニメって世界的にみたら、こっちの方が主流だろうし、
こういうシンプルなアニメ観てると日本ってやっぱり変な国だと思う。

リサの「やっちゃった!」ってセリフが可愛い。


【銭】
普通に入場料金払って1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
リサとガスパール とびきりキュートなパリの住人@ぴあ映画生活

PS リサの「やっちゃった!」ってセリフを中の人含みで
 広域解釈して興奮するのがダメ大人の心意気ってもんよ。
PS2 ちょっとチカチカする。もともとTVモニターサイズの作品なんだな。
PS3 これ、キャラを頼みに中学生がデートムービーとかに
 選んだらおそらく最悪。デートムービーはジャッキー・チェンがいいぞ。


fjk78dead at 07:52│コメ(0)トラバ(1)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. リサとガスパール −とびきりキュートなパリの住人−  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2010年10月03日 00:16
リサとガスパールオリジナルDVD 「リサ」リサとガスパールオリジナルDVD 「ガスパール」フランス発の人気絵本が初のアニメーション映画になった。ウサギでもイヌでもない不思議な生物リサとガスパールのキャラは、シンプルで可愛らしい。お茶目で元気な女の子リサと心優しい....

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ちょんまげぷりん』荒木源、小学館文庫を読書する男ふじき(ネタバレあり)仮面ライダー・オーズ