共通テーマ「ひとりごとよく言いますか?」にどうだろうなふじき『スペル』『ホワイトアウト』を新橋文化で観た男ふじき

2010年05月16日

『イノセント・ゲリラの祝祭(上)(下)』海堂尊、宝島社文庫を読書する男ふじき

海堂尊の田口・白鳥シリーズ第四弾。

第三弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』あたりから、
そういった傾向は見えていたというものの、
とっても不思議な読まされ方をされてしまう小説。

事件は起きない。
ので、ミステリーとは言えない。
でも、別に謎を解く為に、このシリーズを読んでる訳じゃないから、
ミステリー原理主義者(いるのか?)は怒るかもしれないけど、
全くもって問題ない。

で、この小説の中で何が行なわれているか。

「会議」

ただ、それだけ。

会議の議事録なのである。

でも、面白い。

それが凄い。


fjk78dead at 00:23│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
共通テーマ「ひとりごとよく言いますか?」にどうだろうなふじき『スペル』『ホワイトアウト』を新橋文化で観た男ふじき