ネタネタ

2010年04月17日

共通テーマ「瑛太さん&上野樹里さんのドラマ 素直になれなくて 見ました?」は見てないから想像で補填する男ふじき

見てないんで想像でかきます。

上野樹里、瑛太、ジェジュン、関めぐみ、玉山鉄二が、
あの身体を密着させるゲーム「ツイスター」を
やった事によって恋愛モードに突入。
くっついたり、離れたり。

そんなドラマらしいですよ。
もうちょっと想像してみましょう。

どうせなんだから、ツイスター中にこんなセリフを挟んでほしい。
「でも、私、素直になれなくて」
「そんな事を言って、身体はぷるぷる震えてるじゃないか。
身体のほうがよっぽど正直だな」
「いやあ、やめて」

その後、韓国から来たと偽っている北の特殊工作員
ジェジュンによって、瑛太と玉山鉄二は整形手術を受け、
上野樹里と関めぐみを拉致監禁しない事を条件に
日本と北のダブルスパイ「鈴木素直(モトナオ)」の
替玉役を強要される。

ラスト、瑛太、玉山鉄二の活躍によって、
日本政府の極秘情報流出は防がれた。
鈴木素直は実はジェジュンの別人格で、『超人ハルク』のように、
別人格の時には本当に別人に代わるのだった
(緑のムキムキにまではならなくていい)。

だが、あまりにも完全に替玉にしてしまった事により、
DNA判定でさえ、三人を判別する事は出来ない。

その時、意を決して再びツイスターゲームをやりだす五人。

「でも、私、素直になれなくて」
「そんな事を言って、身体はぷるぷる震えてるじゃないか。
身体のほうがよっぽど正直だな」
「いやあ、やめて」

心と心、身体と身体を確認しあって感動のフィナーレ。

見てないから分からんけど、こっちの方が面白そうでない?



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2010年04月21日 08:59
こんにちは、いつもコメントありがとうございます。
おじゃまするのが遅くなってすみません。
このドラマいろいろ言われてるみたいですね^^;
ドラマは見ましたけど出会いのきっかけがTwitterだっただけでただの恋愛ドラマでつまらなかったです。
この記事、笑いました〜っ。
こっちのほうがおしろいかも?(笑)
2. Posted by fjk78dead   2010年04月21日 21:39
こんちは、私自身のサイトでははじめまして、yukarinさん。

ああ、好き勝手コメつけてた報いが今ここに・・・って、報いじゃないだろ、自分。わざわざこんなとこまですいません。お褒めいただいて光栄です。又、コメ付けにいかせていただきます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ネタネタ