『デビル・ハザード』を新橋文化で観る男ふじきネタ

2010年03月18日

『千里眼 背徳のシンデレラ 完全版(上・下)』松岡圭祐、角川文庫を読書する男ふじき

クラシックシリーズ最終巻。

厚い。
上巻587ページ
下巻633ページ

普通の文庫は1冊200ページくらいなので6冊分だ。
ごっついのう。

面白いけど、上巻は宿敵、友里佐知子が主役、
下巻はセミ宿敵、鬼芭阿諛子が主役で、
本来のシリーズ主役である岬美由紀は狂言回しみたいな役回りだ。

あと、話の中に角川新シリーズのキネシクス・アイのエピソードが出てくるのは
時間軸が間違えているのではないだろうか?

基本、クラシックシリーズの美由紀は自分の出自を知らず、
暴力的に突き進み、恋に無頓着。新シリーズの美由紀は、
相変わらず行動力は暴力的だけど、とてつもなく犠牲精神が強く、
時に恋もする、もうちょっとお姉さんという感じだ。

キャラの流れからも、交友関係の流れからも、
クラシックが終わった後に、新シリーズという方が
単純明快、且つ、正しいと思う。

研究者じゃないから、矛盾してたら、ごめんなさい、だけど。


fjk78dead at 22:57│コメ(0)トラバ(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『デビル・ハザード』を新橋文化で観る男ふじきネタ