『きらめく映像ビジネス』純丘曜彰、集英社新書を読書する男ふじき共通テーマ「2009年のクリスマス、どう過ごしますか?」にしぶしぶ投稿する男ふじき

2009年12月26日

共通テーマ「最高のプレゼントって何だろう?」に答えてみる男ふじき


全知全能

しかし、雑誌でもHPでもプレゼント企画で「全知全能をプレゼント」とかって記事を見た事がない。やっぱり難しいんだろう。

総合的なレベルを落として、深さだけ掘り下げると「世界中のどんなトイレでも優先的に使用できる権利」。地味だけど出先で切実な時はこれに勝るプレゼントは考えられない。

というか、出先でトイレに入りたくって、入りたくってたまらん時に
「へい、君に『世界中のどんなトイレでも優先的に使用できる権利』をプレゼントするぜい」とか、いきなり言われたら、嬉しいっていうより、こいつヤバイって感想の方が先だ。「ヤバイ」すら感じられないほど切実だったら、天使の福音のようかもしれないけど。

「天使の復員」って、誤変換に横溝正史の小説に出てくるような復員兵をする、やさぐれた天使をイメージして、ちょっとニャっとした。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『きらめく映像ビジネス』純丘曜彰、集英社新書を読書する男ふじき共通テーマ「2009年のクリスマス、どう過ごしますか?」にしぶしぶ投稿する男ふじき