2008年09月07日

『敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生』ユーロスペース1

チラシ、星の部分を白抜きのハーケン・クロイツに変えた星条旗のデザインが秀逸。

ナチスで大量殺人・拷問に手を染めた男が戦後もアメリカ庇護の下、その利用価値が失われるまで、逮捕される事もなく、南米の地でナチス政策の焼き直しを行なっていた、という驚愕のドキュメンタリー。これが滅法、面白い。伝えたい事が伝わる。ちゃんと出来ているのだ。

コンゴ政策、イラン政策、アメリカが他国の政治に介入する時、アメリカという国がいかにろくでもない国であるかが、よく分かる。何でこんな利権と勢力分布しか目がないヤクザみたいな国家が偉そうにしているんだ。違うか。ヤクザみたいな国だから偉そうにしてるのか。まあ、ロシアはロシアで俺の中では約束を守らず、土地を分捕る泥棒国家だし、中国だってろくな国家じゃない。勿論、日本も。

チラシに森達也がコメントを寄せている。商業ドキュメンタリー映画が公開されると、機械的に森達也にコメントが依頼され、お披露目されるようなシステムが出来上がっているが、いつも同じようなコメントだから、わざわざ載せる必要はない(仮に森達也が言ってる事が正解だとしても、正解である事だけに頼って、心を打たないコメントにはコピーとしての価値がない)。


fjk78dead at 22:53| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『東京ディープスロート夫人』シネマヴェーラ渋谷・ネタバレあり


通常、ネタバレなしを考慮しながら本文を書いていますが、今回は旧作であり、あまり目にする事のできない作品であり、ネタバレが分かっていながらでも、楽しむ事が可能な作品、と勝手に思ったので、バリバリ、ネタバレでいきます。なんで、割と近々観る予定のある人、ネタバレなんて親の仇以上に最低と思ってる人、他にもともかく、何かに対して強い憎悪を燃やさずにはいられない人は、ここから先は読まないでおいてください。ああ、前置きが長くなった。ここに力を入れちゃったせいで本文が尻すぼみになりそうな予感がしてならない。

で、『東京ディープスロート夫人』である。
いやあ、グンバツなジンガイモデルのあられもないプレイに俺のマグナムはギンギンだぜ! ってな興奮でもないんだけど、70年代のいいかげんな映画っぷりが堪能できて楽しい。主演の田口久美はつけまつげも長くって70年代モデルっぽい。顔がまんま外人なんで、役柄同様、多分、ハーフなんだろうけど、この田口久美が何だか山本モナに似てる。それだけでもう既にこの映画は買いだ。

で、その偽モナが結婚する相手の親が室田日出男。ダメだよ。舅が室田日出男の家に嫁に行って幸せになれる訳がない。少なくとも映画世界の中では、金子信男に杯を受けるくらいダメだ。で、思った通り、偽モナは手篭めにされかけ、チンチン噛んだら、とち狂った日出男の謀略で、あれよあれよという間にクリ*リスを喉に移植されてしまう。な、何だ。その展開は? 

と思っていると、喉の性感がビンビンになりすぎて、遂に舅と自慰だけで足りなくなった偽モナは家出、自分探しの旅に出ながら何故か躊躇なくソープ嬢になってしまう。だ、だから、どういう展開なの?

そして、あまり深刻な理由もなくソープを追い出された偽モナ、昔の男とよりを戻して幸せになるか、と思いきや、又々、日出男の魔の手が。そして、日出男の魔の手の先頭に立つのはキャプテンウルトラ中田博久だ。

ドラマはいよいよ佳境、日出男に喉をチンチンで弄ばれているさなか、激昂した夫が猟銃片手に乗り込んでくる。うろたえる日出男。
下半身を指して、
「ま、待て。こっちがある!(場内爆笑)」男二人の三輪車を提案。
で、ピンク映画世界において、こういうシチュエーションの場合、どんなに夫が激昂していようが、まるで神が提示した運命に子羊たる人間が逆らえないように、すごすごと三輪車は発車オーライしてしまうのだ。

まあ、大体、こんな感じです。

勝手に五大見せ場。

(1) 成金ガウンの室田日出男。ガウンはおって、ワインをぐるんぐるん回す金持ちを室田日出男が演じるんだけど、目の下、クマクマの悪人顔なんで、脱走囚人が無理やり富豪を演じているようである。で、そのガウン、いざ、事に及ぼうとする時、ぱっと剥ぎ取って全裸になる事、実に2秒。気合が入りすぎているというか、ガウンを羽織ったダンディーな金持ちと言えども油断しちゃいけねえぜ、と言おうか。こんなプログを読んでる筈のない女子高生の皆さんも注意して貰いたいもんである(だって、どんな服だって、なかなか2秒でマッパにはなれないでしょ)。

(2) 無茶苦茶な大芝居の田口久美。東京ディープスロート夫人の田口久美の室田日出男から逃れようとする時の嫌がりっぷりが、ちょっと新鮮なくらいにでっかい芝居。セリフは付いていないけど、「いやん、いやん、ああれい、許してえぇえぃ」みたいな芝居。愛嬌愛嬌。

(3) よく分からない宝石屋の安田、有名な役者だかどうだかも浅学ゆえに分からないが、この安田が着ていたスーツが今までに観たどんな映画のどのスーツよりも悪趣味。非常に分かりづらい例えで恐縮だが、蜂の巣の断面をなすりつけた上で程よく潰したような見かけのスーツだ。

(4) 最初の濡れ場が夫と偽モナの屋敷での初夜シーンで、その実の息子と義理の娘のSEXを隠しカメラで日出男が覗き見をする。隠しカメラは高性能でズームやパンも出来て、録画も可能(1975年という御時世を考えると、この設定だけで本当に金持ちだ)。そんな高性能のマシーンは、世界のSONY製である(って事はベータか、ってより業務用だな)。

(5) 映画のタイトルにもなった無茶苦茶な外科手術を行なう外科医役が渡辺文男。ぬぬぬっ、喉に性感帯を移植するなんて、食いしん坊の風上にも置けない奴!



fjk78dead at 00:08| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

2008年09月06日

うなぎパイ

夏期休暇のお土産に、うなぎパイを貰う。
うわ、本当にパッケージに「夜のお菓子」って書いてある。
うなぎパイその物の説明がパッケージに書いてあるので、ちょっと長いけど引用します。

フレッシュバターを豊富に入れたパイに、うなぎの粉、夜の調味料ガーリックを配合し、日本茶にも、コーヒー、紅茶にも合い、あなたの暮しに微笑みのひとときを与えるお菓子です。

何か怪しい。
「夜の調味料」って・・・。
物事に遭遇すると、ついつい毒付かずにはいられないあなた。これからはニンニク栽培農家を見たら、「けっ、夜の調味料なんか作りやがって」と唾の一つも吐き捨ててやってください。
「うなぎの粉」ってのも怪しさ全開。

2008年09月04日

ロッテZERO マイルドポップジョイ

「糖類ゼロ ノンシュガーチョコレート」というコピーは、まあ、いいとして、「食物繊維レタス1.8個分」というコピーは、レタス味が滲み出てきそうで、ちょっと嫌かもしれない。

そんな包装紙のコピーより、このチョコの見栄えが笑う。
板チョコ型ではなく、1センチ四方の立方体なんだけど、角が少し使った後の消しゴムよろしく丸い。立方体の六面全部、スベスベしていない。材質がチョコだというだけで、固形ブイヨンみたいに「だいたい立方体っぽい形だから許してえ」という大雑把感モロだしなのだ。

一回キッチリした立方体を作っておいて、こう、ネットで話題になる事を見透かして、人肌でわざとぶざまな形にしてるんじゃないだろうか。どうせ、人肌で緩い形に整形しなおすなら、専用工場に1000人の女子高生を集めて、女体盛りの要領で体中チョコを1センチ間隔でロボットアームにセットしてもらいたい。

わああ、なんか、それはとってもプレイっぽくていいぞ。

読書『ないものねだり』中谷美紀、幻冬舎文庫

中谷美紀は物凄く普通。芸能人のエッセイに「普通」を求めたりはしないので、今一歩感がぬぐえない。

何となく見逃してしまった映画 『雨鱒の川』 で中谷美紀の息子役で須賀健太、その恋人役で志田未来が出ていた事を知る。ああ、やっぱり見ときゃよかった。

fjk78dead at 22:35| 個別記事コメ(0)トラバ(0)読書 

『空の境界 第五章 矛盾螺旋』テアトルタイムズスクエア

凄い音響。

画力はちょっと低い。

そして、どう考えても、この複雑な構成や、バックボーンがあまりはっきりしない(させない)語り口から、我ながら、内容を全然、把握してると思えないのに、それでも、ちゃんとブイブイ楽しまされてしまうのは、凄い演出力だ、凄い音響力だ。

fjk78dead at 01:04| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『死にぞこないの青』シアターN渋谷2

原作での主人公の絶望の深さは、やはり小説と言う心理を描くのに適したメディアならではのものだろう。にもかかわらず、映画は果敢に小説に挑む。その姿勢は立派だ。でも、ちょっと考えすぎちゃったんじゃなかろうか。

須賀健太君はうまい。

fjk78dead at 00:55| 個別記事コメ(0)トラバ(1)映画 

『マルコム・マクダウェルの赤ずきんちゃん』バウスシアター2

当然のことながら、マルコム・マクダウェルは赤ずきんちゃん役ではなく、狼役。常識の範囲で分かるとはいえ、紛らわしいタイトルだ。

で、マルコム・マクダウェルは狼役なのだけど、ポテっとした容姿が災いして、狼に見えない。せいぜい「毛むくじゃらの何か」である。比較で言えば、狼よりは狸。『平成狸合戦ぽんぽこ』実写化するなら、マルコムにオファーだ、諸君!

fjk78dead at 00:46| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『ジーナ・ローランズのラップンゼル』バウスシアター2

プロデューサーをやってる爪楊枝に目鼻が付いたみたいな姉ちゃん、シェリー・デュヴァルがタイトル・ロールのラップンゼル(髪長姫)を演じる。プロデューサーをやってるぐらいだから、頭はいいんだろうけど、物語で演じる役柄は超バカ。そのあまりのパカっぷりに分かっていながら、本気でイライラする。演技だったら偉い(いや、演技だろうけど)。

『フェアリーテールズ・シアター』では恨みでもあるかのごとく、王子様や王族をかっこ悪く書いているが、『ラップンゼル』に出てくるジェフ・ブリッジスの王子様は唯一、普通にかっこいい王子様になってる。金でも掴ませたか?

fjk78dead at 00:34| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

2008年09月01日

『エリオット・グールドのジャックと豆の木』バウスシアター2

「ジャックと豆の木」って、ジャックが木登りできなかったら、わりと「猿蟹合戦」みたいな話じゃないだろうか。

fjk78dead at 00:26| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『ライザ・ミネリのえんどうまめとお姫さま』バウスシアター2

人生初のライザ・ミネリ体験が果たしてこれでいいのか、俺。

fjk78dead at 00:23| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『デイ・ウォッチ』『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』新橋文化

『デイ・ウォッチ』ビジュアル力は素晴らしい。前半は快調に観れたんだけど、後半、沼に沈み込むように失速。長いよ。結局、光も闇も「なんか得体が知れないけど強いみたいよ」程度で、各人それぞれに個性が少ないので、見せ場に繋がらないのだ。

『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』Mr.ビーンとウィレム・デフォーが同じスクリーンの中に存在しているのが、とっても不思議。まさか、ウィレム・デフォーが出てるなんて思ってもなかったので、すんごく得した気分。

fjk78dead at 00:19| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『歌え! パパイヤ』ユーロスペース1

シンガポール発コスプレ・ドサ回りムービー。

コスプレ歌謡のカットはどのカットも完全に思考停止してしまう力強さ。日本版に再編集して、曲を全部ピンクレディーに差替えてくれたら、100点満点で500点あげてもいい。

fjk78dead at 00:00| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

2008年08月31日

マンガ『流れ星のジャッカル』島本和彦、電撃コミックスEX

古本屋で100円。
ああ面白かった。

島本和彦の書く主人公は、かっこよく、爽やかで、とても気持ちがいい癖に、うじうじしている。マンガを浴びるほど読んではいないので断言はできないが、こういう雲一つない青空の下で燦燦と陽光照りつける中、カサブタをはがしまくるような、キャラクター(ネガティブな事にとってもポジティブ)は島本和彦以前はいなかったと思う。

今もそんなにいないと思うけど、小野寺浩二なんかがレアなお仲間かな。

fjk78dead at 01:07| 個別記事コメ(0)トラバ(0)マンガ 

『さよなら。いつかわかること』『ダージリン急行』ギンレイホール

『さよなら。いつかわかること』:妻の死を小さな子供に言い出せない夫。掛け値なしに予告編どおり。映画を見ながら、童謡『とおりゃんせ』を思う。

『ダージリン急行』:俺、ウェス・アンダーソンはちょっと合わない。今回は普通に見れたけど、まあ、特に何も思う事なし。

fjk78dead at 00:50| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『実録外伝ゾンビ極道』『ガス人間第1号』シネマヴェーラ渋谷

『実録外伝ゾンビ極道』:地球防衛少女イコちゃんをやってた増田未亜の意外な(と言っては失礼かもしれないけど)芸達者振りが嬉しい。佐々木浩久は映画はともかく、女の子はちゃんと奇麗に撮る監督だ。小沢仁志のゾンビ演技は的を得ているような気もするけど、ビートたけしの物真似の様でもある。ちょっと、コンセプトに映画が負けてるかな。

『ガス人間第1号』:ああ、久々に見たらやっぱりちゃんと泣ける。八千草薫の凛とした美しさには毎度毎度見る度に絶句。


fjk78dead at 00:38| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『女体渦巻島』『青春トルコ日記 処女すべり』シネマヴェーラ渋谷

『女体渦巻島』は石井輝男。うーん、仕事疲れで舟を漕いでしまって、パワフルすぎるダンスシーン以外、乗り損ねる。

『青春トルコ日記 処女すべり』は大傑作。色と欲と愛と笑いがほどよくミックスされてて、いやあ堪能。主役を務めた山川レイカの体当たりどころじゃない熱演も素晴らしいを通り越して怖いぐらいだが、桃子役を演じた誰だかわかんない女の子がオシャレで可愛くてマヌケで最高。そして逆光を背に受けて大地に立つかっこいい佐藤蛾次郎! いやあ、いい物を見せてもらいました。

fjk78dead at 00:23| 個別記事コメ(2)トラバ(0)映画 

2008年08月28日

髪の毛丼

三軒茶屋と池尻大橋の中間にある三宿交差点、そこに美容室兼カフェバー&犬フリーという、今まで聞いた事のない組み合わせのお店「Switch」があります。怖いものみたさでランチに入ってみました。

別に強制的に縛り付けられてカレーやスパゲッティーを口の中にねじ込まれながら、泣く泣く丸刈りにされつつ、犬をぐりぐり押し付けられるでもなく、ステキにオシャレな空間でした(難を言えば、店に入った俺がオシャレじゃなかった)。

ひゃくはち

高校球児の暑い夏を描く青春映画 『ひゃくはち』 公開中のテアトル新宿の特典を見てひっくりかえった。↓

108名で鑑賞の方先着1組全員に特製Tシャツをプレゼント(空席状況要確認) 詳細は直接劇場へお問い合わせ下さい

これ、いたら凄いな。
そして、もしいるんだったら、せっかく煩悩と同じ数なんだから、108人全員で腰を振りながら見てほしいと思う。

fjk78dead at 22:30| 個別記事コメ(0)トラバ(0)拍手してやるぜ 

2008年08月27日

『ジェフ・ゴールドブラムの3匹の子豚』バウスシアター2

ジェフ・ゴールドブラムの狼さんがダンディーでステキ。

fjk78dead at 00:30| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『エリック・アイドルのカエルの王子さま』バウスシアター2

ロビン・ウィリアムスが緑の全身タイツで、今と同じ体型で蛙を熱演。
この蛙のデザインがただの全身タイツであるにもかかわらず、表面にナメクジ1000匹なすりつけましたみたいな、いやーな質感に仕上がっていて、とてもナイス。

呪いが解けて、毛モジャ白ムチのロビン・ウィリアムスになるってのも、想像してもらえば分かるとおり、何か微妙。キスだと毛モジャのままだけど、もうちょっと先に進むと脱毛が進み、更に先に進むと、あっちのアタッチメントとこっちのアタッチメントが組み合わさって・・・

「二段変身超合体だあ!」

すんません。

fjk78dead at 00:26| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

2008年08月26日

『キャロル・キングの3匹の熊』バウスシアター2

主人公(テイタム・オニールだ)のお父さん役がジョン・リスゴー。あと10分、長かったら主人公を襲っていたと思う。

fjk78dead at 01:28| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『クラウス・キンスーとスーザン・サランドンの美女と野獣』バウスシアター2

す、スーザン・皿うどん

失礼しました。
その、スーザンが何だか若くって小娘なんで笑ってしまう。美人なんだけど化粧が濃いせいか、「5分前まで、街頭で客引いてたんとちゃうんけ、我」みたいなぐらいにケバイ。そして、野獣役が怪優クラウス・キンスキー。呪いが解けて人間になってからの方が心配ってのは、まずいんじゃないだろうか?

fjk78dead at 01:23| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

2008年08月24日

パスモの問題点

仕事柄、半年とか一年で使っている定期券の区間が変わったりする。
その時にパスモ(スイカ)定期券の中にお金を入れておくととっても不便。

もしかしたら、発行会社や使用会社によって、多少違ったりするかもしれないけど、次のような目にあいます。

手元にある旧定期券の中に1000円、残額が残っていたとして、
定期券の残額とは別に500円のデポジット(保障料)が付いているので、単純に考えると、窓口に持っていくと1500円貰えそうなもんだけど、そうはいかない。デポジットの500円は不変だけど、1000円を現金にする為には、払い戻し手数料がかかるのだ。理屈がよく分からないが、一回、定期券の中に入れた金額は、使用するしないに関わらず、鉄道会社に払われるべき交通費として扱われ、このお金を現金化する場合、払戻金として200円かそこらの手数料がかかるのである。
なんでい。オートチャージが簡単に出来るとか、そんな事ばかり言ってて、そのお金を自由にひき出す事も出来ないなんて一言も言ってないじゃないか。

この、手数料を払いたくなければ、残額を使い切るしかない。
一番、分かりやすいのが交通費の清算で使用する方法だけど、パスモって二枚を同時に使用できないので、新定期券で乗り越した場合の運賃の精算には使えない。新定期券とくっついていない路線の運賃でしか消費できない。そんなケース、そんなにないよ。

でも、どうにかこうにか使って残額を60円まで減らした。
ブー。一番、賢い使い方は最終使用時、パスモ残額がまだ初乗り料金以下で入場して、パスモ残額以上の代金で出場するのが望ましい。自動改札で「不足です」のメッセージが出るようなら、出場に必要な残額だけ清算機でチャージする(実際、やってないけど多分可能)。これで残額0円。

計算、間違えて、残額が60円とかになると、自動入場が出来なくなる。もしかしたら、自販機に挿し込みゃ切符が買えるのかもしれないけど(やらなかった)。駅の中にあるパスモで買えるジュースの自動販売機、これも使用不可。あの自動販売機は今のところ、現金かパスモ清算のどちらかが選べるという方式でパスモ残額が足りないものを現金で補うという事が出来ないのだ。これは、街中のコンビニでパスモ、スイカ使えます、という所も同じ。買えるのは残額以下のものだけ。

で、小額60円とかになって、コンビニの中、見ると分かるんだけど、100円以下の商品で端数ピッタリ0円ってのはあまりない。「うまい棒」くらいだけど、コンビニにいって「うまい棒」6本をパスモで買うのは何となく、かっこ悪くて嫌だ。ちなみに「うまい棒」は10円で売ってるコンビニと9円で売ってるコンビニがある。

結局、ファミマで50円のコロッケとうまい棒を買って本日、やっとこさ、残額0円にしたけど、面倒だなあ。まあ、200円くらい捨てればいいじゃん、って言われれば、それで終わりの話だけどね。

『クローン・ウォーズ』新宿ミラノ1

すんげー眠かったのは私のせい? 映画のせい?

ジャバ様の親戚に八頭身みたいなタイプがいない事は分かった。


fjk78dead at 21:25| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『アガサ・クリスティー ゼロ時間の謎』新橋文化

キャラも立てずに、あんなに大人数の人間を出して面白い筈がない。クリスティーって、どの映画観ても、誰が犯人でもいい気がしてならない。

fjk78dead at 21:21| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『鳥の巣』ユーロスペース2

北京オリンピックの競技場「鳥の巣」製作に関するドキュメンタリー。

異文化がぶつかり合う面白さも認めるし、偉人伝のような語り口もしょうがないのだけど、結局、「鳥の巣」が出来上がる前に映画が終わってしまうのは、企画物である事を差し引いても、作品として間違えている。映画の中で、「鳥の巣」と並行して進められている、中国の街をデザインする企画も経緯ほったらかしのまま、終わっちゃうし。

『ロッキー』のラスト10分を観せない、みたいな映画。

fjk78dead at 21:17| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『女子高生は改造人間』『ハード・リベンジ・ミリー』Q-AXシネマ2F

『女子高生は改造人間』は趣味が高じて遂に映画まで撮ってしまいました、みたいな。こういうのは、学芸会っぽくって誉めづらいけど、同じようなお仲間が撮った映画としては、とても微笑ましい。敵の女幹部、佐藤藍子のいつもながらのでかい耳がとてもよし。
あややを縮小再生産したような主役の女の子は困り顔が可愛いけど、最初からパンチラを想定して短パン・スパツツみたいなの履かせちゃいかんでしょう。

『ハード・リベンジ・ミリー』は水野美紀のアクションのキレ味には脱帽だけど、あまりに話が何もなさすぎる。50分の中編二本立て入替性は、ほとんどの客が入れ替わらない点から、何だかめんどくさいなあ。『ハム太郎』と『ゴジラ』みたいに全く方向性の違う二本だったら入替性の意味もあるんだろうけど。

予告編で流れた『芸者VS忍者』って映画がタイトルだけ凄いなあ。主役の新人の女の子が死ぬほど芸者の鬘が似合っていないのが、ちょっと気になる。

fjk78dead at 01:11| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『スカイ・クロラ』新宿ミラノ2

バカヤロー!

こんなかったるい映画、仕事で疲れた中年サラリーマンが寝ないで見ていられるものか!

『未来世紀ブラジル』みたいに、世界のありようを描く映画な訳だが、大人がちゃんと大人として描かれていないので、どれが成長を止めた子供「キルドレ」なんだか全く分からない。

菊地凛子は声優としてはちょっと弱い感じ。
加瀬亮はアニメ声じゃないので、声が際立って正解。

fjk78dead at 00:57| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

『俺たちダンクシューター』新宿ミラノ3

小品ではあるけど、予想外にちゃんと面白かった。
バカな事をやってながらも、締める所をちゃんと締めてるので、ドラマとしてとっても見やすくなっているのだ。

ウディ・ハレルソンは儲け役。
ウィル・フェレルの濁りまくったビジュアルに、日本の温水洋一をちょっと思い出す。多分、ウィル・フェレルが『それでも僕はやってない』の主役だったら、警察官、検事は勿論、友達、身内まで、「だって、あいつはやるでしょう」と言って、ドラマが成立しないに違いない(接見に来た瀬戸朝香のお尻をバリバリになでさすりそう)。

fjk78dead at 00:43| 個別記事コメ(0)トラバ(0)映画 

行き当たりばったり、勢いでブログをはじめる事になりました。
ハンドルネーム「ふじき78」
同人誌ペンネーム「藤木ゲロ山ゲロェ門快治」です。

今まで適当に人様のBBSでコソコソ迷惑をかけていたものの、自分主導のページを作るような事になるなんて・・・。何かとってもおそろしかですたい、星くん。のっけから文体も定まらんし。

まあ、全くの素人なんで、やり方も決まり事もよく分からず、見苦しいかと思いますが、こんな所には誰も訪ねてこないというのが前提だ。極力、自分勝手でいきます。

んじゃあ、よろしくね、誰もいない自分のブログ。